FC2ブログ
    このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    民法(債権関係)の改正の不動産登記事務への影響(3)

     こんばんは。

     
     民法(相続関係)の改正に比べて,登記実務への影響が小さい民法(債権関係)の改正ですが,影響がないわけではなく,勉強をしているとふと疑問に思うこともあります。

     その疑問を一緒に共有していきたいと思います。


     民法(債権関係)の改正の不動産登記事務への影響(1)
     民法(債権関係)の改正の不動産登記事務への影響(2)





     
     第3回は,前回と同様,債務引受関係の論点です。

     免責的債務引受又は併存的(重畳的)債務引受があった場合の抵当権の変更の登記の登記原因の日付について整理しておきます。

     問題形式にしたいので,今回は,免責的債務引受を登記原因とする抵当権の変更の登記の登記原因の日付を扱います。

     ちなみに,民法では,併存的債務引受の方が免責的債務引受よりも先に規定が置かれています(併存的債務引受:470条・471条,免責的債務引受:472条~472条の4)。

     なぜだか分かりますか?

     債務引受とは,「同一の内容の債務」を新たに負担することを意味し(470条1項,472条1項),債務の移転するものではありません。
     
     併存的債務引受は,単に引受人が債務者と同一の内容の債務を負担するというまさにそのままが実現されるのに対して,免責的債務引受は,引受人が債務者と同一の内容の債務を負担するとともに,債務者の債務を免除するという特約がされたと構成することになり,その意味で特殊(例外)といえます。

     そのため, 併存的債務引受の方が免責的債務引受よりも先に規定が置かれています。


     と,理論的なことを書いてみましたが,不動産登記手続上は,免責的債務引受を先に検討することが通常であるため,ここでは,免責的債務引受から検討することにします。

     免責的債務引受を登記原因とする抵当権の変更の登記の登記原因の日付は,誰と誰との間でそれがされたかによって異なります。


    1 債権者,債務者及び引受人の三者でされた場合 : [   A   ]

    2 債権者と引受人でされた場合 : [   B   ](民法472条2項)

    3 債務者と引受人でされた場合 : [   C   ]





     『上記[   A   ]から[   C   ]までに入る語句』は,以下のバナーをクリックすると,見ることができます(反映が遅れている場合があります。)。
     にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    2019-08-11.jpeg
    スポンサーサイト



    平成25年度司法書士試験筆記試験(記述式問題)の出題の趣旨
     【無料公開講座】 

     択一式対策講座【理論編】10月生 不動産登記法第1回 10月5日(土) 10:00~13:00 渋谷校

     【ガイダンス】 

     早稲田合格答練を活用した合格への戦略 10月5日(土) 18:00~19:00 渋谷校

     【その他】

     第2回奨学生選抜試験
    shougaku.jpg




     こんばんは@渋谷です。

     今日は,年内重要論点答練第3回の解説講義の事前収録と,択一式対策講座【理論編】不動産登記法第5回の講義でした。

     講義の合間に,とある出版企画について打ち合わせがありましたが,充実の打ち合わせでした。その成果は…もう少しすれば発表できると思います。




     法務省が筆記試験の合格発表と発表した記述式問題の出題の趣旨。

     平成25年度司法書士試験筆記試験(記述式問題)の出題の趣旨

     相変わらず簡素なもので,解答例のダイジェスト版にすぎません。

     でも,今年はちょっと今までになかった語句がありました。

     それは,登記を申請する順序という語句。

    H25-36shusi.png

     平成25年度の不動産登記法の記述式問題は,特に登記を申請する順序が問題とされていたということでしょう。

     今後は,採点前答案と成績通知に基づき,各予備校が採点基準の分析を行うと思いますので,試験委員があえて出題の趣旨に掲げる登記を申請する順序の誤りが点数にどのような影響を与えたのかが明らかになると思います。

     まあ,僕は,今年度も,松本先生と小玉先生にお願いしまくって,採点基準を見せていただこうと思います(笑)

     逆に,僕は,特に登記を申請する順序が問題となる論点を検討し,それを提示していきます。

     さあ,平成26年度司法書士試験に対する対策を加速させていきましょう。




     お知らせです。

     明日は,2個の無料の講座があります。

      択一式対策講座【理論編】10月生 不動産登記法第1回 10月5日(土) 10:00~13:00 渋谷校
     早稲田合格答練を活用した合格への戦略 10月5日(土) 18:00~19:00 渋谷校

     予備校の講座を取るか否かは関係なく,ぜひ姫野司法書士試験研究所の所長に会いにきてください。

     また,合格の報告,残念な報告,何でも遠慮なくお聞かせください。

     では,また。
     
     ↓ 登記を申請する順序という語句に気付かなかった皆さん,クリックお願いします。大丈夫,それは予備校の仕事です。 
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    【最大決平25.9.4が及ぼす影響】
    最大決平25.9.4が及ぼす影響(1)
    最大決平25.9.4が及ぼす影響(2)
    最大決平25.9.4が及ぼす影響(3)
    最大決平25.9.4が及ぼす影響(4)

    【本試験分析セミナーの補足説明】
    2013年度本試験分析&2014年度本試験攻略法
    本試験分析セミナーの補足説明(1)
    本試験分析セミナーの補足説明(2)
    本試験分析セミナーの補足説明(3)
    本試験分析セミナーの補足説明(4)
    本試験分析セミナーの補足説明(5)

    【中上級者のための合格の方法論】
    中上級者のための合格の方法論
    『中上級者のための合格の方法論』の補足解説(1)
    『中上級者のための合格の方法論』の補足解説(2)

     【平成26年度司法書士試験対策の企画】
    平成26年度の記述式問題対策(1)
    平成26年度の記述式問題対策(2)
    平成26年度の記述式問題対策(3)

    社外取締役である旨の登記をすべき場面(1)
    社外取締役である旨の登記をすべき場面(2)
    社外取締役である旨の登記をすべき場面(3)
    社外取締役である旨の登記をすべき場面(4)
    社外取締役である旨の登記をすべき場面(5)

    【平成26年度司法書士試験対策の主要な電子書籍】
    □ 平成24年供託規則の一部改正の解説
    □ 平成26年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】
    □ 司法書士試験の過去問【平成11年度から平成25年度までの択一式問題】
    □ 司法書士試験の過去問【平成25年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成24年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成23年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成22年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成21年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成20年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成19年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成18年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成17年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成16年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成15年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成14年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成13年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成12年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成11年度択一式試験】