FC2ブログ
    このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    【予約制】姫野によるオンライン個別学習相談(音声)

     こんにちは。





     延期された令和2年度司法書士試験の試験日まで何をすべきか?


     例年,合格できるかが流動的といわれる司法書士試験においては,この「試験日の延期」という特殊事情をどのように利用するかが重要と考えられます。

     どのように利用するかは,受験生の方それぞれの事情(成績,実力,択一式・記述式の別,苦手科目・論点等)によりますが,これをご自身で決定することはかなり難易度が高いといえます。
     
     また,試験日が延期されても,たっぷり時間があるというわけではないため,できるだけ速やかにどのように利用するかという問題を片付け,設定した課題をこなしていくべきです。

     そこで,TACでは,オンライン個別学習相談を実施させていただくこととなりました。


     【予約制】姫野によるオンライン個別学習相談


     予約制となりますが,無料ですし,受講生の方に限定されませんので,試験日までをどのように利用するかを一緒に考えていただける皆様,ぜひご予約ください。


     個別相談は,無料であり,音声のみです。


     ところで,僕は,全ての受験生の方に共通する課題があると考えております。


     それは何でしょうか?
     
    スポンサーサイト



    民法(債権関係・相続関係)に関する問題の出題数

     こんばんは。


     今回は,民法(債権関係・相続関係)に関する問題の出題数を考えてみたいと思います。

     司法書士試験における改正法に関する基本的理解としては,1)改正前においては駆け込み的な出題があるということと,2)改正後はすぐに出題されないというものがあります。

     このことから,改正法対策は,改正後よりも,改正前が重要となります。

     例えば,成年被後見人や被保佐人が取締役等の欠格事由でなくなることや,支店の所在地における登記が廃止されることは,改正後よりも,改正前,すなわち,令和2年度司法書士試験における警戒が必要です。


     ところで,司法書士試験は,司法書士試験という生き物だと僕は考えています。

     司法書士試験は,変化します。

     事務処理能力が求められるようになったり,推論問題が出題されなくなったり。

     法務省には,明確な理由があるのかもしれませんが,僕たちにはよく分かりません。

     でも,明らかに司法書士試験は変化しています。

     これを,民法(債権関係・相続関係)の改正に当てはめると,上記に示したような「2)改正後はすぐに出題されない」という理解は当てはまらないと思われます。

     つまり,民法(債権関係・相続関係)の改正は,法律成立からの期間や多岐にわたる改正項目から,令和2年度司法書士試験において出題される可能性が高いということです。

     この点は,出題されることを前提に勉強をされている受験生の方が多いと思いますので,あえていう必要もないかもしれません。

     では,分野ごとに何問の出題が予想されるか?

     問題まるごと改正法の出題を整数で,設問レベルの出題を少数で,それぞれ示します。


     民法(債権関係・相続関係)に関する問題の出題数の予想は,以下をクリックすると見ることができます(反映が遅れている場合があります。期間限定です)。
     にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    2019-08-11.jpeg
    続々・禁断の出題
     
     こんばんは。

     今回は,禁断の出題についての記事のアップデートです。

     「禁断の出題」とは,TACの山本先生の表現であり,正確には,以下の特徴を有する問題をいいます。


     ・ 正しいものの組合せを問う問題であるのに,正しいという結論の設問が3個ある。
     ・ 誤っているものの組合せを問う問題であるのに,誤っているという結論の設問が3個ある。




     参考: 禁断の出題


     この「禁断の出題」は,定期的に行われています。

     その出題実績については,以下の記事をご参照ください。

     参考: 続・禁断の出題


     実は,近年も出題があったのですが,記事にするのを忘れていました。

     近年の「禁断の出題」は,平成30年度午後の部第15問です。

     その内容は,次のとおりです。


    H30-pm15.jpg


     この出題により,禁断の出題の出題実績は,次のとおりになりました。

     H12-am20,H14-am2,H20-am16,H20-am22,H21-pm29,H22-am9,H30-pm15




     禁断の出題の攻略法を知っていますか?


       『禁断の出題の攻略法』は,以下のバナーをクリックすると,見ることができます(反映が遅れている場合があります。期間限定です。)。
     にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    2019-08-11.jpeg
    美しすぎる出題実績(7)検証編

     こんにちは。

     平成31年度(2019年度)度司法書士試験から約7か月も経ちました。

     やらなければならないことがあります。

     決して忘れていたわけではありません。

     美しすぎる出題実績(7)検証編です。


     現在4勝2敗
      

    <企画の趣旨>

     「出題予想」というものは,「出題間隔」に基づいて行うものであるところ,そうだすれば,「美しい出題間隔」を更新中の論点は,出題可能性が高いだろうということで,そのような「美しすぎる出題実績」を紹介します。




    【過去の戦績等】
     美しすぎる出題実績(1)問題編
     美しすぎる出題実績(1)解答編
     美しすぎる出題実績(1)検証編 結果:微妙に的中

     美しすぎる出題実績(2)問題編
     美しすぎる出題実績(2)解答編
     美しすぎる出題実績(2)検証編 結果:的中

     美しすぎる出題実績(3)問題編
     美しすぎる出題実績(3)問題編の補足
     美しすぎる出題実績(3)解答編
     美しすぎる出題実績(3)検証編 結果:外れ

     美しすぎる出題実績(4)問題編
     美しすぎる出題実績(4)解答編
     美しすぎる出題実績(4)検証編 結果:外れ
     
     美しすぎる出題実績(5)問題編
     美しすぎる出題実績(5)解答編 
     美しすぎる出題実績(5)検証編 結果:微妙に的中

     美しすぎる出題実績(6)問題編
     美しすぎる出題実績(6)解答編 
     美しすぎる出題実績(6)検証編 結果:的中

     美しすぎる出題実績(7)問題編
     美しすぎる出題実績(7)解答編





     
     美しすぎる出題実績(7)として紹介した論点は,借地権です。

     それでは,平成31年度(2019年度)司法書士試験における借地権の出題を見てみてください。

    キャプチャ

    キャプチャ2


     これは,借地権が出題されているといって良いでしょう。


     これで,5勝2敗です。

     出題実績の形だけで,出題を予想するという,この感覚的な企画。

     皆さんは,もっと予想論点を知りたいですか?

     次は,あの科目の出題予想です。


       『どの科目の出題予想か』は,以下のバナーをクリックすると,見ることができます(反映が遅れている場合があります。)。
     にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    2019-08-11.jpeg
    司法書士試験と国税徴収法
    【秋から始める2020年度本試験対策】






      

     こんにちは。

     今回は,司法書士試験と国税徴収法について。

     「国税徴収法は,司法書士試験には関係ないのでは?」

     たしかに,国税徴収法は,税理士試験の試験科目であり,司法書士試験の試験科目ではありません。

     しかし,僕の把握するところによると,1件の登記先例1件の最高裁判例を理解するために,国税徴収法の知識が必要となります。


     1件の登記先例とは,次の先例です。


     1番抵当権の2番抵当権への順位の譲渡の登記がされている場合において,1番抵当権の登記を抹消するときは,2番抵当権の抵当権者は,登記上の利害関係を有する第三者に該当する(昭37.8.1民事甲2206号)。




     1番抵当権の登記が抹消されれば,2番抵当権の抵当権者は,順位上昇の原則により,実質的に第1順位の抵当権者となります。

     しかし,1番抵当権が税債権(国税徴収法による国税債権や地方税法による地方税)に優先し,2番抵当権が税債権に劣後する場合,つまり,登記記録には現れていない1番抵当権の設定の登記後に法定納期限が到来する税債権がある場合には,2番抵当権の抵当権者は,税債権に劣後することとなります。


    国税徴収法

    (法定納期限等以前に設定された抵当権の優先)
    第16条 納税者が国税の法定納期限等以前にその財産上に抵当権を設定しているときは,その国税は,その換価代金につき,その抵当権により担保される債権に次いで徴収する。
    = 抵当権を設定する前に法定納期限等が到来したときは,その国税は,その抵当権に優先する。




     そのため,2番抵当権の抵当権者は,1番抵当権の登記の抹消につき登記上の利害関係を有するといえます。
    (順位の譲渡の利益は,実体上の利益である気がしますが,あまり深く考えないようにしましょう。)
     

     この登記先例は,よく出題されています。

     平成28年度午後の部第15問ウ,平成18年度第15問エ,平成10年度二次試験第14問オ,平成7年度二次試験第20問4,平成2年度二次試験第19問1,昭和57年度二次試験第26問3です。

     記述式問題の論点とされたこともあります(昭和61年度)。


     では,令和2年度(2020年度)司法書士試験において,確実に合格したい受験生の皆様が覚えておくべき,国税徴収法が登場する1件の最高裁判例は何でしょうか?

     抵当権に関する論点で最も出題実績が高いもので登場します。
     
     
     『国税徴収法が登場する1件の最高裁判例』は,以下のバナーをクリックすると,見ることができます(反映が遅れている場合があります。)。
     にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    2019-08-11.jpeg
    平成31年度(2019年度)午後の部の難易度の解析(3)



     2019年度本試験後のイベント等については,こちらの記事をご参照ください。





     
     こんにちは。


     解析を続けましょう。

     平成31年度(2019年度)司法書士試験午後の部の難易度は,なぜ高いのか?

     これまで,過去問の知識のみで正解できる問題数登記研究の見解からの出題数からアプローチしてみました。

     平成31年度(2019年度)午後の部の難易度の解析(1)
     平成31年度(2019年度)午後の部の難易度の解析(2)



     今回は,午後の部の問題文の文字数に注目してみます。
     * 記述式問題の文字数を除きます。いずれも,択一式問題の文字数だけです。

     
     文字数が多いということは,問題文が長いということであり,問題文が長いと読むのに時間がかかり,解答を出すのが大変になります。
     
     つまり,文字数が多いことは,難易度を上げる要因の一つです。


     では,近年の午後の部の文字数の推移を見てみましょう。


     Wordで自動的にカウントされる文字数ですので,正確なのか正確でないのかよく分かりませんが,以下のような結果です。


     平成29年度:18342文字
     平成30年度:18366文字
     平成31年度(2019年度):?????文字


      

      『平成31年度(2019年度)の午後の部の文字数』は,以下のバナーをクリックすると,見ることができます(反映が遅れている場合があります。)。
     にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    2019-06-18.jpg
    自己採点



     2019年度本試験後のイベント等については,こちらの記事をご参照ください。






     こんばんは。


     今回は,自己採点について書きたいと思います。
     

     先に結論を申し上げると,僕は,予備校講師であり,どうしても次年度を基準にしてしまうためーすなわち,次年度における合格を考えると,早めに真剣に勉強を再開する方が有利であるため-,自己採点をした方が良いと考えています。

     
     でも,自己採点をするかどうかは,以下のような説明があったとしても,皆さんの自由です。これは忘れないでください。






     僕は,上記のとおり,早めに自己採点をした方が良いと考えています。

     なぜなら,高得点の方は「勉強しない」ということが確定できるし,そうでない方は「勉強する」ということが確定できるし,ボーダーラインの方は「勉強する」ということが確定できるからです。
     

     ボーダーラインの方は,なぜボーダーなのに「勉強する」ということに確定されるのか?


     以下,ボーダーラインの方のために,「勉強する」という結論が導かれる理由を説明します。


     本試験後から合格発表までの過ごし方と試験結果との関係については,

     1 勉強したが,合格だった。
     2 勉強しなかったが,不合格だった。
     3 勉強したが,不合格だった。
     4 勉強しなかったが,合格だった。



     の4パターンが考えられます。

     このうち,『夏の過ごし方についての後悔』が生ずるのは,です。

     すなわち,

     は,結果としての不合格になっても,夏に勉強しているので,夏の過ごし方についての後悔は生じにくい。

     また,は,結果として合格しているわけであり,夏に勉強していないので,夏は楽しんでいるはずであり,後悔は生じない。


     以上に対して,

     は,結果合格したのに夏遊ばず勉強に費やしたという点で後悔が生ずるし,

     は,結果不合格だったのに夏に勉強しなかったという点で後悔が生じます。

     ただ,の後悔との後悔とは,次元が異なります。

     においては,『何で自分は夏に遊ばなかったんだ…』って後悔は,合格の輝きに消されてしまいますから,後悔しているようで,後悔してないでしょう。

     これに対して,における後悔は,何物にも消してもらえません。ただただ後悔し,令和2年度(2020年度)に向けての不安等が大きくなります。


     以上から分かるとおり,ボーダーラインの方は,できるだけ後悔しないように,かつ,仮に不合格であった場合に備えて令和2年度(2020年度)司法書士試験で確実に合格するために,夏の間にしっかり勉強する方が良いということです。


     ただ,ここでいう「夏」は,「夏の終わり」を意味しています。


     各予備校が中上級講座を開講する頃には,それを受講するか否かは別として,勉強は軽めに再開しておく方が良いです。


     「軽めに再開?


     例えば,夏のイベントに参加してみることです。


     以上,久し振りに,自己採点について書いてみましたが,いかがでしょう?

     
     まだ本試験後から数週間しか経っていない中で厳しい話をしました。

     
     僕が,先に,令和2年度(2020年度)司法書士試験での確実な合格への道を切り開いておきます。


     もう少しゆっくりしてから,ここに帰ってきてください。


     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!自己採点する人もしない人も,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村
    平成31年度(2019年度)午後の部の難易度の解析(2)


     2019年度本試験後のイベント等については,こちらの記事をご参照ください。





     
     こんにちは。

     まずは,電話個別相談会について。


    【姫野の電話個別相談会】
    予約状況  7/19(金)21:00現在
    * Web予約受付期間 7/7(日)17:00~各実施日前日の正午(12時)まで
    2019-07-19.jpg


     おかげさまで,8月の予約枠もいっぱいとなりました。


     ご予約いただいた皆様,ありがとうございます。


     お話しできるのを楽しみにしております。


     ご検討いただいた皆様も,ありがとうございます。

     また機会があれば,どうぞよろしくお願いします。






     解析を続けましょう。

     平成31年度(2019年度)司法書士試験午後の部の難易度は,なぜ高いのか?

     前回は,過去問の知識のみで正解できる問題数からアプローチしてみました。

     平成31年度(2019年度)午後の部の難易度の解析(1)


     今回は,午後の部で16問出題される不動産登記法の出題に注目してみます。

     不動産登記法での厄介な出題といえば,細かい知識からの出題です。

     そして,細かい知識といえば,登記研究の見解ではないでしょうか?

     そこで,ここでは,登記研究の見解がどれぐらい出題されているかを示します。

     ちなみに,この登記研究からの出題については,何年か前に記事を書いたのですが,アップデートしてませんでした…。

     登記研究の見解からの出題

     
     平成31年度(2019年度)司法書士試験のデータも加えると,次のようになります。


     平成31年度: 4個
     平成30年度: 2個
     平成29年度: 7個
     平成28年度: 2個
     平成27年度: 1個
     平成26年度: 20個
     平成25年度: 21個
     平成24年度: 13個
     平成23年度: 17個
     平成22年度: 14個
     平成21年度: 17個
     平成20年度: 17個
     平成19年度: 21個
     平成18年度: 27個
     平成17年度: 9個
     平成16年度: 21個
     平成15年度: 22個
     平成14年度: 16個
     平成13年度: 20個
     平成12年度: 17個
     平成11年度: 6個




     少ないままの傾向が続いています。

     ということは,登記研究からの出題は,平成31年度(2019年度)司法書士試験の難易度に対して,そこまで寄与していないことが分かります。

     ここで,もう少し,知識的な面からの寄与を解析してみます。

     僕としては,

     例えば,第17問(農地に対する判決の登記)のように,登記記録+対話の複雑な問題や,

     第19問(賃借権の登記)のように,民法や借地借家法といった実体法重視の問題や,

     第24問(共同担保の追加設定の登記における前登記事項)第26問(法定相続情報一覧図)第27問(工場抵当)といった,新しいあるいはマイナーな論点の問題が,

     難易度を高めていると考えます。


     皆さんは,こういった問題で正解できましたか?

     受験生の方の不動産登記法の問題の正解の内訳のデータ,調べてみたいです。

     
     まだまだ解析は続きます。


     では,また。


     もっと午後の部の解析が知りたい皆さん,クリックお願いします!!!
     にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村
    平成31年度(2019年度)午後の部の難易度の解析(1)


     2019年度本試験後のイベント等については,こちらの記事をご参照ください。






     こんにちは。


     昨日の個別電話相談会でお話しする機会をいただいた皆さん,ありがとうございました!

     
     お話しした内容が,今後の皆様のお役に立つよう願っております。






     今回から,平成31年度(2019年度)司法書士試験午後の部の難易度を解析していきたいと思います。

     僕は,本試験後で,23問と予想しました。

     そして,その後の情報によると,22問あるいは21問との予想もあるようです。


     では,解析を始めましょう。

     今回の解析方法は,過去問の知識のみで正解できる問題数からのアプローチです。

     過去問の知識のみで正解できる問題数は,客観的な難易度の把握として適切であり,それは結局,受験生の方の出来に影響を与えるものであることから,基準点の予想に使えると考えられます。
      

     平成31年度(2019年度)司法書士試験午後の部の問題のうち,過去問の知識のみで正解できる問題数は,17問です。
    * その内訳については,近日公開予定の「本試験分析セミナー」の資料でご確認ください。


     ここ2年が過去問の知識のみで正解できる問題数が20問で基準点が24問であったのに比べると,3問も減少していますから,過去問の知識のみで正解できる問題数からのアプローチによると,平成31年度(2019年度)司法書士試験午後の部の基準点は下がると予想されます。

     なお,過去問の知識のみで正解できる問題数がかなり多いのが平成27年度22問ですが,この年度の基準点は,24問です。

     したがって,過去問の知識のみで正解できる問題数が必ずしも基準点に影響を与えることにはならないことに注意が必要です。

     あと,基準点の予想において考慮すべき要素として,記述式問題の被採点者の確保があります。

     これは,基準点を下げる要素でしょう。


     では,また。


     もっと午後の部の解析が知りたい皆さん,クリックお願いします!!!
     にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村
    過去問の知識のみで正解できる不動産登記法の択一式問題【本試験分析セミナーの補足】


     2019年度本試験後のイベント等については,こちらの記事をご参照ください。






     こんばんは。

     今日は,本試験分析セミナー@渋谷校でした。


     ご参加いただいた皆さん,ありがとうございました!!!

     
     今日の分析が,平成31年度(2019年度)司法書士試験の分析の全てだとお考えください。

     まだまだ皆様の合否は分かりませんが,分析は,対策のためにあります。

     今日は,そのための講義をさせていただきました。


     って言いながら…


     本試験問題忘れたやつ出てこい!!!


     ここにいます。

     僕です。


     …。


     それはさておき。

     今日の本試験分析セミナーの資料で抜けていた重要な情報。


     過去問の知識のみで正解できる不動産登記法の択一式問題


     をご提示します。


     ・ 第12問
     ・ 第14問
     ・ 第15問
     ・ 第17問
     ・ 第20問
     ・ 第21問
     ・ 第22問
     ・ 第23問
     ・ 第25問




     本試験分析セミナーの資料のP39に書き込んでいただけますと幸いです。

     その上で,必ず,皆様が正解した不動産登記法の択一式問題との照合作業を行い,過去問の習熟度をご確認ください。


     次の本試験分析セミナーは,TAC梅田校で実施させていただきます。


    【本試験分析セミナー 2019年度本試験分析&2020年度本試験攻略法】
    7/14(日) TAC渋谷校 14:00~16:00 
    7/18(木) TAC梅田校 18:30~20:30 
    ※ご出席の際は,平成31年度(2019年度)司法書士試験問題冊子を各自ご用意ください。
    本試験分析セミナー 2019年度本試験分析&2020年度本試験攻略法








     今日は,電話個別相談会も実施させていただきました。

     お話の機会をいただいた皆様,ご報告等ありがとうございました。

     本日お話しした内容が,今後の皆様のお役に立ちますように。


     明日ご予約いただいた皆様,どうぞ宜しくお願いします。


     では,また。


     

     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!本試験分析にご参加いただいた皆さん,ご視聴いただく予定の皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村