FC2ブログ
    このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    定款全文問題の攻略

     完全攻略 機関設計シリーズ完結!






     
     こんばんは。

     木曜日からの出張を終え,やっと自宅で資料作成です。
     
     




     今回も,商業登記法の記述式問題対策です。


     過去の商業登記法の記述式問題においては,申請会社の定款の定めが「司法書士の聴取記録」に示されていました。以下,このような問題を「定款抜粋問題」といいます。

     そして,「司法書士の聴取記録」の示された申請会社の定款の定めは,ほぼ使用します。

     凝った記述式問題では,第1申請時に定款の定めを示し,第2申請時に使用するという出題手法がありますが,結局,定款の定めは,ほぼ使用します。

     つまり,「定款抜粋問題」は,簡単です。


     ところが,「ほぼ使用する解法」に対抗する出題手法が登場しました。

     それが,「定款全文問題」です。

     「定款全文問題」とは,申請会社の定款の全部が示される記述式問題であり,平成25年度以降に出題されています。

     上記の「定款抜粋問題」と異なり,申請会社の定款の定めのうち,どの定めを使用するかが分からないため,「ほぼ使用する解法」が使えません。

     また,そもそも,定款の全部を読まされるわけですから,それだけでも大変です。


     ただ,「定款全文問題」も,どの定款の定めを確認するかをあらかじめ知っておくことにより,攻略できます。

     確認すべき定款の定めは,何でしょうか?


     では,また。


      「確認すべき定款の定め」が知りたい皆さん,クリックお願いします(解答等がある場合,反映が遅れている場合があります。期間限定)。
     にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村
     スマホをお使いの方は,上記「司法書士試験」をタップし,「姫野寛之」をタップすると,「サイト紹介文」という項目があり,そこが解答等になります。
    2019-08-11.jpeg
    スポンサーサイト



    鬼のいぬ間に非公開会社化

     完全攻略 機関設計シリーズ完結!






        

     こんばんは。

     現在,記述式対策講座が商業登記法に突入しているため,商業登記法の記述式問題の論点を考えることも多いです。

     ところで,平成29年度司法書士試験においては,「鬼のいぬ間に公開会社化」の論点が出題されていました。

     つまり,気付かないうちに公開会社となっている株式会社が登場したわけです。


    2018-08-23_17h43_58.png


     少し厳しい言い方になりますが,発行する全ての種類株式が譲渡制限株式であるにもかかわらず,株式の譲渡制限に関する規定の定め方として,個別に株式を掲げているため,別紙1を見た時点で,公開会社化は予想できます

     平成29年度司法書士試験後に,複数の予備校において「公開会社化には気付かなくても仕方がない」といった趣旨の解説がされていたようですが,この程度の論点に気付けないような講座しか提供できないのでは,予備校として終わっています

     ところで,皆さんは知っていますか?


     「鬼のいぬ間に公開会社化」,つまり,気付かないうちに公開会社となっている株式会社が登場するパターンがあるということは,

     「鬼のいぬ間に非公開会社化」,つまり,気付かないうちに非公開会社となっている株式会社が登場するパターンもあるということを。


     このようなパターンをしっかりストックすることこそ,記述式問題対策です。


     記述式問題を得点源に@姫野司法書士試験研究所


      「鬼のいぬ間に非公開会社化」の論点が知りたい皆さん,クリックお願いします(解答等がある場合,反映が遅れている場合があります。期間限定)。
     にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村
     スマホをお使いの方は,上記「司法書士試験」をタップし,「姫野寛之」をタップすると,「サイト紹介文」という項目があり,そこが解答等になります。
    2019-08-11.jpeg
    株式の分割により増加する株式の数の計算
     
     こんにちは。


     今回は,「株式の分割により増加する株式の数の計算」を扱います。


     株式の分割は,平成18年度と平成31年度(2019年度)に出題されています。






     皆さんは,答練や模試で株式の分割を題材とする記述式問題を解いたことがあると思います。
     
     その際,「株式の分割により増加する株式の数の計算」で迷ったことはありませんか?

     株式の分割を記述式問題の題材とする場合,問題作成者としては,

     ・ 決議機関(取締役会設置会社でない株式会社においては,必ず株主総会の普通決議となる等)
     ・ 基準日(他の場面と異なり,歴史的観点から,基準日の設定が必要的であること,定款に基準日等が定められていない場合における必要的公告等)
     ・ 発行可能株式総数や発行可能種類株式総数との関係(発行可能株式総数を超えないが,発行可能種類株式総数を超える株式の分割等)

     を論点とすることが多いです。

     しかし,問題作成者によっては,「株式の分割により増加する株式の数の計算」を複雑にすることもあります。

     よく講義で説明するように,「1:3の割合で株式の分割をした場合に~」という表現で出題されれば分かりやすいのですが,そんな問題は,ほとんどありません。

     では,どのような表現になっているか?






    1 掛け算方式


     まずは,掛け算方式を確認します。


      平成年月日最終の株主名簿に記録された株主の所有普通株式1株につき,2株の割合をもって分割する。




     具体的には,

         1:2=現在の普通株式の発行済株式の数:X(エックス)

     で計算します。






    2 足し算方式


     次に,足し算方式です。


     

     分割により増加する株式の種類は普通株式とし,分割により増加する株式の数は平成 年月日の最終の発行済株式総数に 2を乗じた株式数とする。




     具体的には,

         現在の普通株式の発行済株式の数+(現在の普通株式の発行済株式の数×2)

     で計算します。

     
     もっと具体的には,現在の普通株式の発行済株式の数が1,000株とすると,

         1,000株+(1,000株×2)=3,000となり,

     1:3の割合で株式の分割をしたのと同じ結果となります。


     



    3 平成18年度


     次に,平成18年度の問題を確認しましょう。以下のとおり,掛け算方式でした。


     平成年月日最終の株主名簿に記載された株主の所有株式数を,株式10株につき12株の割合をもって分割する。








    4 平成31年度(2019年度)


     次に,平成31年度(2019年度)の問題を確認しましょう。以下のとおり,掛け算方式でした。


     平成年月日最終の株主名簿に記載された株主の所有株式を,株式1株につき2株の割合をもって分割する。








    5 まとめ


     掛け算方式と足し算方式を押さえた上で,大切なこと。


     それは,現場で示された計算方式に素直に従うということです。


     会社法183条2項1号前段は,株式の分割をする会社に,「株式の分割により増加する株式の総数の株式の分割前の発行済株式(種類株式発行会社にあっては,分割する株式の種類の発行済株式)の総数に対する割合」(以下単に「割合」といいます。)を定めることを求めています。


     おそらく掛け算方式で出題されると思いますが,割合を定めていれば,特に問題ありません。


     柔軟な思考で落ち着いて,株式の分割と戦いましょう。






     ところで,株式を増減させる制度で,出題可能性が高いとされる論点がありますが,それは何でしょうか?



     出題可能性が高い株式を増減させる制度が知りたい皆様,クリックお願いします(反映が遅れている場合があります。期間限定)。
     にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村
     スマホをお使いの方は,上記「司法書士試験」をタップし,「姫野寛之」をタップすると,「サイト紹介文」という項目があり,そこが解答等になります。
    2019-08-11.jpeg
    募集株式の発行と新株予約権の行使の攻防
     <ガイダンスの動画>

    【「択一式対策講座【実践編】」&「記述式対策講座」体験講義】

    * 資料は,TAC動画チャンネルでご確認ください。


    【担当講座】
    1 上級総合本科生 / 上級総合パック

    2 択一式対策講座【理論編】

    3 パーフェクト講座 憲法・刑法

    4 記述式対策講座

    5 重要先例 総Check講座

    6 択一式対策講座【実践編】


    7 択一予想論点マスター講座

    8 予想論点ファイナルチェック



     








    【直前期の遠征講義】

    最後まで貪欲に得点アップ~予想論点と即効性のある解法を伝授~

     金沢校 5月5日(日) 13:00~14:30 ご案内
     高松校 6月2日(日) 16:30~18:00 ご案内
     大分校 6月16日(日) 16:30~18:00 ご案内
     熊本校 6月22日(土) 16:00~17:30 ご案内
     福山校 6月23日(日) 11:30~13:00







     
     こんばんは。

     今回は,商業登記法の記述式問題の出題内容について。

     商業登記法の記述式問題のオーソドックスなパターンとしては,増資系の論点+機関・役員等に関する登記といえるでしょう。

     これに株式に関する登記が加わることがありますが,本試験では出題はほとんどありません。


     掲題の募集株式の発行と新株予約権の行使の攻防は,司法書士試験における出題実績の話です。

     現在の会社法に基づく商業登記法の記述式問題の出題が始まったのが平成18年度からですので,平成18年度以降の増資系の論点の出題実績をまとめてみます。


     平成18年度 新株予約権の行使
     平成19年度 募集株式の発行
     平成20年度 募集株式の発行


     平成21年度 新株予約権の行使
     平成25年度 募集株式の発行
     平成27年度 募集株式の発行


     平成28年度 新株予約権の行使




     最初に出題された平成18年度を基準にすると,新株予約権の行使募集株式の発行募集株式の発行という流れで出題されています。

     したがって,この流れでいけば出題される論点は自動的に判明するといって良いでしょう。


     では,また。
     

      『募集株式の発行と新株予約権の行使,どっちが出題されるが高いか』は,以下のバナーをクリックすると,見ることができます(反映が遅れている場合があります。)。
     にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    2019-06-18.jpg

    タイムチャートを作成する上での悩み
    <ガイダンスの動画>

    【「択一式対策講座【実践編】」&「記述式対策講座」体験講義】

    * 資料は,TAC動画チャンネルでご確認ください。


    【担当講座】
    1 上級総合本科生 / 上級総合パック

    2 択一式対策講座【理論編】

    3 パーフェクト講座 憲法・刑法

    4 記述式対策講座

    5 重要先例 総Check講座

    6 択一式対策講座【実践編】


    7 択一予想論点マスター講座

    8 予想論点ファイナルチェック



     







     
     先日の記事を修正しました。ご確認ください。

     【訂正あり】【2019年合格目標】記述式対策講座【実践編】で出題する論点別問題の出題数
     



      

     こんばんは。

     僕は,商業登記法の記述式問題における役員変更の論点を検討する際,タイムチャートを作成します。

     記述式対策講座のほか,答練の解説講義において,タイムチャートを作成する上での注意点をしっかり解説しています。

     取締役と代表取締役の間には,新任の取締役の分のスペースを空けておこうなどというかなり細かい点まで笑

     僕が役員変更の論点の検討の際にタイムチャートを作成するのは,任期の計算を行うためではありません。
     (任期の計算は,「4個の日付」という手法で行います。詳しくは,記述式対策講座にて解説させていただきます。)

     タイムチャートを作成するのは,正確な答案の作成各種証明書の通数の計算を正確に行うためです。

     ところで,タイムチャートを作成する上で,いつも悩んでいることがあります。

     それは何でしょうか?

     

      『タイムチャートを作成する上での悩み』は,以下のバナーをクリックすると,見ることができます(反映が遅れている場合があります。)。
     にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    2019-01-16_17h55_39.png

    登記することができない事項のバリエーション
    <ガイダンスの動画>

    【「択一式対策講座【実践編】」&「記述式対策講座」体験講義】

    * 資料は,TAC動画チャンネルでご確認ください。


    【担当講座】
    1 上級総合本科生 / 上級総合パック

    2 択一式対策講座【理論編】

    3 パーフェクト講座 憲法・刑法

    4 記述式対策講座

    5 重要先例 総Check講座

    6 択一式対策講座【実践編】


    7 択一予想論点マスター講座

    8 予想論点ファイナルチェック



     







     
     先日の記事を修正しました。ご確認ください。

     【訂正あり】【2019年合格目標】記述式対策講座【実践編】で出題する論点別問題の出題数
     



     
     
     こんにちは。

     今回は,商業登記法の記述式問題における「特殊な問い」である「登記することができない事項」を問う問題について考察してみます。
     
     基本的に,会社法に基づく出題である平成18年度以降を見ていくこととします。






     まずは,平成18年度から平成20年度までの問いです。

     第□欄には,司法書士として登記の申請を代理すべきでない事項(会社法上登記すべき事項とされていない事項を除く。)があるときはその事項及びその理由を簡潔に記載しなさい。



     「会社法上登記すべき事項とされていない事項を除く。」が特殊ですね。

     典型的なのは,株主ごとに異なる取扱いを行う旨の定款の定めです。






     次に,平成23年度から平成25年度まで平成28年度の問いです。

     * 平成21年度,平成22年度,平成26年度,平成27年度がどのようなものであったかは,また別の機会があればお話します。

     株式会社の代表者から受領した書面及び聴取した内容のうち,登記することができない事項がある場合には,当該事項及びその理由を第37問答案用紙の第□欄に記載しなさい。



     「司法書士として登記の申請を代理すべきでない事項(会社法上登記すべき事項とされていない事項を除く。)」と「登記することができない事項」の違いが問題となりますが,僕は,あまり気にしないで良いと考えます。





     
     最後に,平成29年度平成30年度の問いです。

     株式会社の代表者から受領した書類及び聴取した内容のうち,登記することができない事項がある場合には,当該事項及びその理由を第37問答案用紙の第□欄に記載しなさい。登記することができない事項がない場合には,第37問答案用紙の第□欄に「なし」と記載しなさい。



     登記することができない事項があるかもしれないという怖さがあります。

     答案用紙に,「なし」と書くには,正確な知識のほかに,勇気がいりますね笑

     




     番外編も見ておきましょう。

     以下は,平成14年度の問いです。

     登記することができないものがある場合には,第37問答案用紙の第2欄にその事項及び登記することができない理由(複数ある場合には,そのすべて)を簡潔に記載しなさい。



     理由を複数書かせる点が特徴的です。






     この傾向が続くとすると,答案用紙の登記することができない事項欄に「なし」と書く年度が到来しそうです。

     事前に登記することができない事項を網羅的・体系的に押さえておくことが重要ですが,それとともに,現場で行うべき作業があります。


     2019年度対策 商業登記法の記述式問題対策 登記不可事項集
     

      『商業登記法の記述式問題の解答時の現場において行うべき作業』は,以下のバナーをクリックすると,見ることができます(反映が遅れている場合もあります。)。
     にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    2019-01-16_17h55_39.png

    株主総会の決議の成否を問う問題の攻略法
    <ガイダンスの動画>

    【「択一式対策講座【実践編】」&「記述式対策講座」体験講義】

    * 資料は,TAC動画チャンネルでご確認ください。


    【担当講座】
    1 上級総合本科生 / 上級総合パック

    2 択一式対策講座【理論編】

    3 パーフェクト講座 憲法・刑法

    4 記述式対策講座

    5 重要先例 総Check講座

    6 択一式対策講座【実践編】


    7 択一予想論点マスター講座

    8 予想論点ファイナルチェック



     








     
     先日の記事を修正しました。ご確認ください。

     【訂正あり】【2019年合格目標】記述式対策講座【実践編】で出題する論点別問題の出題数
     

     おはようございます。

     今日も寒いですね。

     最近,記述式対策講座・不動産登記法が開講したばかりですが,今回は,なぜか商業登記法の記述式問題について...。

     記述式問題の解法というものは,出題手法に対する対抗策ですから,解法は,出題手法なくしては成り立ちません

     すなわち,記述式問題の解法を確立するためには,前提として,出題手法を知る必要があり,それは,結局,大量の記述式問題に触れる必要があります。

     「大量」ですから,過去問だけでは足りず,当然,答練・模試の記述式問題を含むことになります。

     試験委員と予備校の作問者は,「記述式問題を作り,受験生の実力を試す」 という観点においては共通しているため,予備校の記述式問題も,出題手法の分析,ひいては解法の確立のためには非常に有益です。

     特に,予備校が本試験の問題の出題手法を踏襲するのではなく,独自の出題手法を採用したとき,その価値は高いです。

     ところで,近年の商業登記法の記述式問題で出題されていない論点として,株主総会の決議の成否を問う問題があります。

     これに対して,予備校の答練・模試の問題では,比較的取り上げられている論点です。

     では,考えてみてください。

     株主総会の決議の成否を問う問題を出題する場合,取り上げられやすい論点は何でしょうか?

     わざわざ株主総会の決議の成否を問う問題を出題するわけですから,何か取り上げたい論点があるはずです。

     それを,大量の問題を解いて統計的な結果を知り,先回りして押さえておく。

     これも解法です。


     では,また。


      『株主総会の決議の成否を問う問題で取り上げられやすい論点』は,以下のバナーをクリックすると,見ることができます(反映が遅れている場合もあります。)。
     にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    2019-01-16_17h55_39.png
    商業登記法の記述式問題で出題される論点の展望
    <ガイダンスの動画>

    【「択一式対策講座【実践編】」&「記述式対策講座」体験講義】

    * 資料は,TAC動画チャンネルでご確認ください。


    【担当講座】
    1 上級総合本科生 / 上級総合パック

    2 択一式対策講座【理論編】

    3 パーフェクト講座 憲法・刑法

    4 記述式対策講座

    5 重要先例 総Check講座

    6 択一式対策講座【実践編】


    7 択一予想論点マスター講座

    8 予想論点ファイナルチェック



     









     こんばんは。

     皆さん,年末年始いかがお過ごしでしょうか?

     僕は,来年の準備に追われています。

     民法(相続関係)改正が試験範囲になるのかについての法務省のお知らせはありませんでした。

     2018年中のお知らせがなかったことにより,「出題範囲ではない」との見方が強いです。

     法務省の担当者の方に言いたいのは,「出題範囲ではない」という結論であれば,2018年中に「出題範囲ではない」とのお知らせをしていただきたかったです。

     仮に,民法(相続関係)改正が平成31年度(2019年度)司法書士試験の出題範囲ではなかったとすると,それは平成32年度(2020年度)司法書士試験の出題範囲ということになり,これは民法(債権関係)改正が出題範囲となる年度と重なるため,大変な年度になりそうです。

     ということで,平成31年度(2019年度)司法書士試験における合格を目指す受験生の皆さんは,改めての絶対合格を決意いただく年末年始としていただければと思います。

     姫野司法書士試験研究所でも,更新頻度を上げ(笑),出題可能性が高い論点をどんどん紹介していきますので,どうぞ宜しくお願いします。

     ところで,最近僕が終わらせた仕事に,記述式対策講座・商業登記法【実践編】の改訂作業があります。

     * 記述式対策講座の不動産登記法・商業登記法で出題する問題数については,また年明けの記事でご紹介します。


     その中で,商業登記法の記述式問題で出題される論点のある傾向が明らかになりました。

     地味な論点ですが,出題頻度が高すぎるため,論点全体をチェックしておくことが望ましいです。


     では,また。

     皆さん,良い年をお迎えください。
     
     来年,絶対合格しましょうね。


      『商業登記法の記述式問題で出題される論点のある傾向』は,以下のバナーをクリックすると,見ることができます(反映が遅れている場合もあります。)。
     にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村
       290327kaitou.jpg

    添付書面の援用
    <ガイダンスの動画>

    【本試験分析セミナー】
    動画公開: 平成30年度 本試験解答解説会

    【本試験分析セミナー 2018年度本試験分析&2019年度本試験攻略法】
    動画公開: 2018年度本試験分析&2019年度本試験攻略法

    【近時の改正法の概要】
    動画公開: 近時の改正法の概要

    【中上級者のための合格の方法論】
    動画公開: 中上級者のための合格の方法論

    【憲法・刑法の攻略法】
    動画公開: 憲法・刑法の攻略法
      * 音声にご注意ください。

    【無料公開講座・体験講義の動画】
    択一式対策講座【理論編】民法第1回 体験講義
      動画: 択一式対策講座【理論編】民法 第1回 体験講義
      * 音声にご注意ください。

    【担当講座】
    1 上級総合本科生 / 上級総合パック

    2 択一式対策講座【理論編】

    3 パーフェクト講座 憲法・刑法

    4 記述式対策講座

    5 重要先例 総Check講座

    6 択一式対策講座【実践編】


    7 択一予想論点マスター講座

    8 予想論点ファイナルチェック




     
     おはようございます。


     現在,平成30年度の商業登記法の記述式問題を分析しています。

     今回は,添付書面の援用について書きます。

     まず,どういった添付書面が援用の対象となるかについては,役員等の就任承諾書(各種の議事録を援用)や登記事項証明書(会社法人等番号を記載)等が挙げられます。

     次に,添付書面を援用する問題か援用しない問題のどちらが良いのかについては,以下の記事を書きました。

          試験委員の先生の愛

     これを受けて,というわけではないですが,平成30年度司法書士試験ではどうだったか?

     いつものように,以下の注意事項がありました。


     被選任者及び被選定者の就任承諾は,選任され,又は選定された日に適法に得られているものとする。




     しかし,平成30年度司法書士試験においては,上記の注意事項が機能しない場面があったのです。

     それは.なぜでしょうか?


     では,また。


      『平成30年度司法書士試験における就任承諾に関する情報』は,以下のバナーをクリックすると,見ることができます(反映が遅れている場合もあります。)。
     にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村
       290327kaitou.jpg

    2回申請問題の攻略(商業登記法の記述式問題)
    <夏のイベント等>

    【本試験分析セミナー】
    動画公開: 平成30年度 本試験解答解説会

    【本試験分析セミナー 2018年度本試験分析&2019年度本試験攻略法】
    動画公開: 2018年度本試験分析&2019年度本試験攻略法

    【近時の改正法の概要】
    動画公開: 近時の改正法の概要

    【中上級者のための合格の方法論】
    動画公開: 中上級者のための合格の方法論

    【憲法・刑法の攻略法】
    動画公開: 憲法・刑法の攻略法
      * 音声にご注意ください。

    【無料公開講座・体験講義の動画】
    択一式対策講座【理論編】民法第1回 体験講義
      動画: 択一式対策講座【理論編】民法 第1回 体験講義
      * 音声にご注意ください。

     
    【担当講座】
    1 上級総合本科生 / 上級総合パック

    2 択一式対策講座【理論編】

    3 パーフェクト講座 憲法・刑法

    4 記述式対策講座

    5 重要先例 総Check講座

    6 択一式対策講座【実践編】


    7 択一予想論点マスター講座

    8 予想論点ファイナルチェック


    【次のイベント】
    2018-11-12_09h13_55.png




     

     こんにちは。


     まずは,最近リリースした電子書籍のご紹介です。

     現在,DLMarket様において障害が発生しているため,電子書籍をご購入いただけない状況が続いております。
     ご購入をご検討の皆様にはご迷惑をおかけしますが,復旧までしばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。


    <年度別過去問集(択一式問題)>
    □ 2019年度対策 司法書士試験の過去問【択一式試験】

    <科目別過去問集(択一式問題)>
    □ 平成31年度(2019年度)対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降) 
    □ 平成31年度(2019年度)対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降) 
    □ 平成31年度(2019年度)対策 司法書士試験の過去問【憲法】

    <記述式問題対策>
    □ 2019年度対策 商業登記法の記述式問題対策 登記不可事項集 

    <商業登記法対策>
    □ 商業登記ハンドブック 完全対応問題集Ⅰ
    □ 商業登記法の記述式問題1パック
    □ 商業登記法の記述式問題2パック


    <平成26年会社法改正関係対策>

     セットでご購入いただくと,特典として,商業登記法の記述式問題対策【平成26年会社法改正と登記不可事項】が付いています。

    [セット]
    □ 平成26年会社法改正対策完全パック
           
    [単品]
    平成26年会社法等一部改正の解説
    □ 平成26年会社法等一部改正一問一答問題集
    □ 平成26年会社法改正基本通達完全対応問題集






     こんにちは。

     この前の日曜日は,TAC司法書士講座の合格祝賀会でした。

     多くの合格者とお話させていただきました。


     合格おめでとうございます。

     受験勉強お疲れ様でした!!







     今回は,商業登記法の記述式問題についてです。

     商業登記法の記述式問題においては,平成16年度以降,2回申請問題が出題されるようになりました。

     2回申請問題とは,登記の申請日を2回とした記述式問題です。

     この出題手法には,事務処理能力を試すほか,論点的に次のような意図があると考えられます。


    1 第1申請時には効力が未発生であるが,第2申請時に効力が発生する。
    2 第1申請時に役員を選任し,第2申請時に社外役員の登記をする。
    3 第1申請時に権利義務役員となり,第2申請時にその権利義務が解消する。
    4 第1申請時に示された情報(別紙や定款の定め等)を,第2回申請時に使用する。




     1について少し触れておきますと,

     1については,第1申請時に決議をし,第2申請時に決議以外の手続をする場合も含まれます。

     2については,例えば,第2申請時に特別取締役による議決の定めをした場合です。


     いずれのパターンにおいても,注意すべきことは1つです。


     では,また。


      『2回申請問題の解法』は,以下のバナーをクリックすると,見ることができます(反映が遅れている場合もあります。)。
     にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村
       290327kaitou.jpg