このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    『特例有限会社法 Ⅰ』の補足

     現在配信している,

     『特例有限会社 Ⅰ』(http://www.geocities.jp/shihou_doc/

     の内容の補足です。

     P12に特例有限会社の特別決議に関する話がありますが,ちょっと誤解される可能性があるため,

     ここに,特例有限会社の特別決議の要件を掲げておきます。


    (株主総会の決議)
    第309条  (1項省略)
    2 前項の規定にかかわらず,次に掲げる株主総会の決議は、総株主の半数以上(これを上回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合以上)であって,当該株主の議決権の4分の3(これを上回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合)以上に当たる多数をもって行わなければならない。この場合においては,当該決議の要件に加えて,一定の数以上の株主の賛成を要する旨その他の要件を定款で定めることを妨げない。
     (3項~5項省略)
     
    ※ 赤い字の部分が,整備法14条3項による読替え部分を示しています。


    <参考>
    会社法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律
    (株主総会に関する特則)
    第14条  (1・2項省略)
    3  特例有限会社の株主総会の決議については、会社法第309条第2項中 「当該株主総会において議決権を行使することができる株主の議決権の過半数(3分の1以上の割合を定款で定めた場合にあっては、その割合以上)を有する株主が出席し、出席した当該株主の議決権の3分の2」とあるのは、「総株主の半数以上(これを上回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合以上)であって、当該株主の議決権の4分の3」とする。
     (4・5項省略)

    スポンサーサイト
    『抵当権の効力の及ぶ範囲に関する過去問の完全分析』レジュメの訂正
    【会社法avant-garde】第5回のレジュメ訂正
     P140ページの社外取締役の兼任禁止の図の中の,子会社のラインの,「なっていないなったことがない・監査役・人形」を削除して下さい。

     申し訳ありませんでしたm(__)m
    【会社法avant-garde】第4回配信レジュメ
     配信中のレジュメ『【会社法avant-garde】第4回』の訂正です。

     以下のとおり,レジュメの内容を訂正します。申し訳ありませんでしたm(__)m


    1 訂正を要するレジュメのタイトル

     『【会社法avant-garde】第4回配信レジュメ』

    2 訂正内容

    ① P70・「2 2項」の下の行の「公開会社である取締役会設置会社・非取締役会設置会社」を,『公開会社である取締役会設置会社・非公開会社である取締役会設置会社』に変えて下さい。
    ② P71・1行目の「【2項による1項の読替え(公開会社である非取締役会設置会社)】」を,「【2項による1項の読替え(非公開会社である取締役会設置会社)】」に変えて下さい。
    ③ P71・6行目・7行目から8行目にかけての「公開会社である取締役会設置会社・非取締役会設置会社」を,ともに『公開会社である取締役会設置会社・非公開会社である取締役会設置会社』に変えて下さい。
    ④ P72の「○ 308条(議決権の数)」の中の四角の囲みの中の「創立総会に関する73条」を,「創立総会に関する72条」に変えて下さい。

    【会社法avant-garde】第3回配信レジュメ
     配信中のレジュメ『【会社法avant-garde】第3回』の訂正です。

     以下のとおり,レジュメの内容を訂正します。申し訳ありませんでしたm(__)m


    1 訂正を要するレジュメのタイトル

     『【会社法avant-garde】第3回配信レジュメ』

    2 訂正内容

     ページ数が,P28から始まっていますが,P35~51の誤りです。
    『過去問分析の方法論【相続法条文問題集・肢別過去問集】』
     配信中のレジュメ『過去問分析の方法論【相続法条文問題集・肢別過去問集】』の訂正です。

     以下のとおり,レジュメの内容を訂正します。申し訳ありませんでしたm(__)m


    1 訂正を要するレジュメのタイトル

     『過去問分析の方法論【相続法条文問題集・肢別過去問集】』

    2 訂正を要するページ数

     ① P23・平12-18-ウ
     ② P38・941条
     ③ P43・平元-19-ウ

    3 訂正内容
     ① 「解答等」として,「第1説・第2説」と書かれていますが,これを,「第1説・第3説」に直しておいて下さい。

     ② 941条には,会社法関係の改正に伴い,3項が追加されています。この点は,最後に書いておきます。

     ③ 「解答等」として,「× 961」と書かれていますが,これを,「 961」に直しておいて下さい。

     なお,このレジュメは,当然,市販されている過去問集を参考にして作られています(参考にしている過去問集は,僕が講義している予備校の関連会社が刊行しているものです。)。よって,過去問番号等が他の出版社から出ているものと一部異なる場合があります。


    【平成17年民法改正】

       会社法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律

    第116条 民法(明治31年法律第9号)の一部を次のように改正する。

     目次中「第8章 遺留分(第1028条―第1044条) 附則」を「第8章 遺留分(第1028条―第1044条)」に改める。

    第927条第2項中「及び第3項」を「から第4項まで」に改める。

    第941条の次に次の1項を加える。
     3 前項の規定による公告は、官報に掲載してする。

    第957条第2項中「及び第3項並びに」を「から第4項まで及び」に改める。

    附則 (平成17年7月26日法律第87号) 抄

     この法律は、会社法の施行の日から施行する。