このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    【過去問分析入門】平成27年度午前の部第12問から過去問分析を学ぶ。
    【新規講座】

     重要先例総Check講座

     詳しくは,この記事をお読みください。



    【販売中の電子書籍】

    NEW!!! マイナンバー法関連の改正対策
    □ 【セット】マイナンバー法関連の登記法令の解説
    (個別) マイナンバー法関連の不登令及び不登規の改正の解説
         マイナンバー法関連の商登法及び商登規の解説(別紙付)


    □ 平成28年度司法書士試験対策 答案作成に当たっての注意事項集
             DLmarketで購入
     参考: 紹介記事である「続・ほんまに分かって作ってるん?」をお読みください。


    □ 平成27年商業登記規則改正通達完全対応問題集
              DLmarketで購入
     参考: 紹介記事である「平成27年商業登記規則改正通達完全対応問題集」をお読みください。


    □ 平成28年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】
              DLmarketで購入

    □ 平成28年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降)
              DLmarketで購入

    □ 平成28年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降)
              DLmarketで購入




    【公開中の動画】

     2015年本試験分析セミナー
       動画: TAC動画チャンネル

     中上級者のための合格の方法論
       動画: TAC動画チャンネル

     択一式対策講座【理論編】民法第1回
       動画: TAC動画チャンネル

     弱点克服講座ガイダンス「よく深く知る!会社法学習のコツ&苦手意識を克服しよう!」
       動画: TAC動画チャンネル

     秋から始める2016年度本試験対策
       動画: TAC動画チャンネル

     答練を活用した合格の戦略
       動画: TAC動画チャンネル



     
     
     
     
     こんばんは@渋谷です。

     今日も無事に講義を終えることができ,大満足です。

     株券喪失登録もちゃんと説明しています。




     予告どおり,平成27年度午前の部第12問から過去問分析を学びましょう。 


    H27-am12.png


     まずは,過去問分析図を示しましょう。

     なお,この過去問分析図は,ブログのためにだけに作りました。普段の過去問分析の過程でこのような資料を作ることはありません。


     H27am12andH22am12.png


     平成27年度午前の部第12問(上記の過去問分析図の左)には,その作成の過程で,明らかに参考にされた過去問があります。

     それが,平成22年度午前の部第12問(上記の過去問分析図の右)です。

     まずは,問題番号。

     …。

     これは,偶然ですね。

     次に,「民法上の留置権」というテーマ。

     ここは,個人的に参考にされたと考えています。

     設問イからエまでは,明らかに参考とされているでしょう。

     同じ判例であることに加え,それが同じ順序で並んでいます。


     

     過去問の知識と同一の知識がどれぐらい出題されているのか?
     繰り返し出題される知識は何か?
     過去問の知識からして,今後出題される知識はどれか?




     これらの問いを探すのが,過去問分析です。

     だから,上記のほうに,同じ順序ってとこまでは気付く必要はないと思うのですが,僕ほど長く過去問と向き合えば,こういうことにも気付いてしまいます。

     でも,気付くことにより,試験委員の過去問への依存度が分かって,より「過去問を演習しよう!」って気になっていただくので,良いことだと思います。


     ちなみに,設問オは,平成14年度に出題された最判平9.7.3を題材とする以下の推論問題の知識問題化です。


     民法では,過去に推論問題として出題された判例がその後知識問題として出題されたり,逆に,過去に知識問題として出題された判例がその後推論問題として出題されることがあります。

     その実績は,次のとおりです。









     …。


     今,パソコン内のデータを探してみましたが,実績が見つからない(泣)

     最近,推論問題がそれ程出題されないで,全然使ってなかったデータですが,作成したものが消失しています。



     めっちゃ悲しい…。



     いや,これは一晩かかっても見つけなければ!!!


     ということで,今は,ぱっと思いつく範囲で。


     例えば,割賦払債務について,債務者が割賦金の支払を怠ったときは債権者の請求により直ちに残債務全額を弁済すべき旨の約定がある場合における残債務に関する最判昭42.6.23は,平成16年度午前の部第7問エで知識問題として出題された後,平成21年度午前の部第6問で推論問題化されました。

     また,債務不履行によって生ずる損害賠償請求権に関する最判平10.4.24は,平成13年度一次試験第4問で推論問題として出題された後,平成22年度午前の部第19問イと平成16年度午前の部第7問イで知識問題化されました。


     以上が,過去問分析入門です。


     もっともっと深い分析をすることもありますが,僕も,始めは「似た過去問あったかな~。」という軽い感じでは始めるので,皆さんも,ぜひ過去問分析を行ってみてください。


     では,また。
     

      ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!! 資格ブログ人気ランキング第1位に返り咲かせてください!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト
    過去問論(2)
     【新しい電子書籍(会社法及び商業登記法等)】
    □ 商業登記規則等の一部改正(案)の解説 
    □ 商業登記規則61条2項~4項の解説
    □ 平成27年度対策 法人法基本通達完全対応問題集 NEW!!!

    【科目別過去問集(択一式問題)】 
    □ 平成27年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】 

     以下は,平成26年の会社法及び商業登記法等の改正に対応しています。
    □ 平成27年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降)
    □ 平成27年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降)

    【年度別過去問集(択一式問題)】 

     平成26年の会社法及び商業登記法等の改正に対応しています。

    □ 司法書士試験の過去問【平成11年度から平成26年度までの択一式問題】

    □ 司法書士試験の過去問【平成26年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成25年度択一式試験】           
    □ 司法書士試験の過去問【平成24年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成23年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成22年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成21年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成20年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成19年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成18年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成17年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成16年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成15年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成14年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成13年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成12年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成11年度択一式試験】




     僕が,過去問についての考えを好き勝手に書き散らす企画の第2回です。

     過去問論(1)

     平成27年度司法書士試験における合格を考える上で,平成26年度司法書士試験の問題の演習は意味がないという話をしました。

     これは,平成26年度司法書士試験において出題された論点は,平成27年度司法書士試験においては出題されないからです。

     ただ,このことを逆にいえば,平成26年度司法書士試験で出題された論点は,平成27年度司法書士試験においては出題されないという逆指標というか,裏の出題予想として使えるわけです。

     僕は,実は,この裏の出題予想というものを重視しています。

     というのも,「○○という論点が出題される可能性がある。」という表の出題予想も役立ちますが,「●●という論点が出題されない。」という裏の予想も特に時間がない受験生の方にとっては役立つからです


     じゃあ,平成25年度司法書士試験以前の過去問はどうか?


     僕は,基本的に,平成25年度司法書士試験以前の過去問は,すべて同格に重要だと思います。

     一般的な論点の出題間隔である本試験3回又は4回を考慮すれば,平成23年度・平成22年度司法書士試験の重要度は他の年度よりも少し高いかもしれませんが,基本的に,すべて同格に重要です。

     だから,以下の質問は,厳しい言い方をしますが,愚問です。いずれも, 良いわけがないからです。

     ・ 過去問は,10年分で良いですか?
     ・ 過去問は,平成以降で良いですか?


     過去問からの出題を正確に調査すれば,昭和の過去問からも,平成の過去問からも,出題されています。
     

     まあ,昭和の過去問が必要な理由は他にもあるのですが,ここでは書けません…。


     では,また。


     ↓ まだまだ過去問論が読みたい皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    過去問論(1)
     【新しい電子書籍(会社法及び商業登記法等)】
    □ 商業登記規則等の一部改正(案)の解説 
    □ 商業登記規則61条2項~4項の解説
    □ 平成27年度対策 法人法基本通達完全対応問題集 NEW!!!

    【科目別過去問集(択一式問題)】 
    □ 平成27年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】 

     以下は,平成26年の会社法及び商業登記法等の改正に対応しています。
    □ 平成27年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降)
    □ 平成27年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降)

    【年度別過去問集(択一式問題)】 

     平成26年の会社法及び商業登記法等の改正に対応しています。

    □ 司法書士試験の過去問【平成11年度から平成26年度までの択一式問題】

    □ 司法書士試験の過去問【平成26年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成25年度択一式試験】           
    □ 司法書士試験の過去問【平成24年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成23年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成22年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成21年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成20年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成19年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成18年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成17年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成16年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成15年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成14年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成13年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成12年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成11年度択一式試験】




     * 最新判例の無料配信,再開しました!

     こんばんは。

     今回は,過去問論

     僕は,色々な講義で過去問の話をし,また,過去問分析の方法論という書籍を刊行させていただいており,過去問分析に関しては誰にも負けない自信があります。

     そこで,そんな僕の過去問論を,色々と書いていこうと思います。

     といっても,とても1回では書き切れないので,何回かに分けて,期間は特に定めずに,書いていきます。


     


     
     いざ書くとなると,何から書けば良いか迷いますね〜。

     

     (考え中)



     今回は,平成27年度司法書士試験における合格を目指す上での平成26年度司法書士試験の問題について書きましょうか。
     
     受験生の方の中には,直前期における客観的な実力を図るために,前年度の過去問を模試代わりに使用する方がいらっしゃいます。


     僕は,絶対やめた方が良いと思います。


     なぜなら,平成26年度司法書士試験で出題された論点は,平成27年度司法書士試験の問題を作成する段階で,真っ先に排除されるからです。

     せっかくの実力が急成長する直前期の貴重な時間が,出題されない論点を解く時間として消費されることになります。


     過去問と模試の問題を比べた場合,前者が重要であることは明らかですが,でも,平成26年度司法書士試験の問題は,予備校が出題予想を尽くして作成した模試の問題に劣ると,僕は思います。

     したがって,直前期における客観的な実力を図りたいのであれば,大手予備校の模試をご受講ください。


     では,また。


     ↓ まだまだ姫野の過去問論が知りたい皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村