このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    含むのか,含まないのか。
     こんばんは。

     夕方,東京から帰ってきました。

     今週ようやく,アンカーシリーズの最後のアンカーⅣ(マイナー科目編)の三校の校正が終わり,昨年の夏から続いた執筆地獄に終止符が打たれました。
     
     アンカーシリーズについては,また今度まとめて書こうと思いますが,アンカーシリーズは,世にある唯一の過去問分析本となっているため,基礎講座を受講している方でも,中上級講座を受講している方でも利用できる内容となっています。

     『過去問分析が重要だとは聞くが,どうやってやるのか分からない!』という方は,是非ご利用下さい。そこに書いていることを理解・暗記すれば,それ自体が過去問分析です。

     以下に,現在刊行されているⅠ(民法),Ⅱ(不動産登記法)及びⅢ(会社法・商業登記法)を掲げておきます。












     今週の講義は,次のとおりです。

     水曜日 
      記述式対策講座[理論編] 不動産登記法 第1回
      記述式対策講座[実践編] 不動産登記法 第2回
     木曜日
      択一式対策講座[実践編] 民事訴訟法等 第1回
      択一式対策講座[実践編] 民事訴訟法等 第2回
      ステップコース第5回 解説講義 事前収録
      記述強化コース第6回 解説講義 事前収録
     金曜日
      ステップコース第6回 解説講義 事前収録

     先週休みだったので,休み明けでの6コマは結構きつかったです。
     
     でも,(僕がいうのもなんですが),ライブの受講生の方の中には,事前収録以外の全部を受講されている方もいらっしゃって,その方々は,僕の講義を2日で12時間も聴くことになり,講義をする僕よりもはるかに疲れると思いますので,弱音を吐くのは失礼ですね。

     いつも受講していただきありがとうございます。来週も,一緒に頑張りましょう。

     


     今晩の仕事は,ためこんだQAの仕事です。

     お待たせして申し訳ありません。今晩に全部終わらせます。

     
     では,また。




    とブログ書きを終わろうと思ったら,タイトルの『含むのか,含まないのか。』について何も書いていないことに気がつきました。

     手短に終わらせますと,

     問題文導入部で示されるその問題のテーマがある制度等を含むのか,それとも含まないのかってことに注意しようという話です。

     具体的にいうと,『株式会社に関する次のアからオまでの記述のうち,正しいものは後記1から5までのうちどれか。』という問題において,『株式会社』には,『特例有限会社』が含まれるのか,含まれないのかに注意して問題を解く必要があります。

     各科目で,このようなことを考えなければならないテーマがありますので,以下,それを掲げておきます。

    <不動産登記法>
     
     ・ 電子申請 ⇒ 特例方式を含むのか,含まないのか?

    <会社法・商業登記法>

     ・ 株式会社 ⇒ 特例有限会社を含むのか,含まないのか?
     ・ 取締役会設置会社 ⇒ 委員会設置会社を含むのか,含まないのか?

    <民事訴訟法>

     ・ 第一審裁判所 ⇒ 簡易裁判所を含むのか,含まないのか?
     ・ 専属管轄 ⇒ 特許権等に関する訴えにおける専属管轄を含むのか,含まないのか?

    <民事執行法>

     ・ 債権執行 ⇒ 少額訴訟債権執行を含むのか,含まないのか?




     今度こそ,本当に,では,また。


    スポンサーサイト