このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    司法書士試験における途中退出について

     こんばんは。

     今週収録予定のジャンプコース第3回及び第4回の解説レジュメ作り中です。

     また法務省からお知らせ出てました。

     司法書士試験における途中退出について

     途中退出は,できなくなりました。

     この取扱いの変更は,少しだけ影響があります。予備校にとっても,皆さんにとっても。

     そう,予備校の本試験当日に行われる解答速報会に影響があります。

     予備校では,何人かが受けて,そのうちの何人かが午後の部を途中退出して,問題の内容を予備校にいる講師等に伝えて解答例を作成しますが,この途中退出ができなくなると,解答例の作成が少し遅れます。

     ただでさえ時間がない中で,試験終了後でないと予備校にいる講師等に問題の内容を伝えることができないとなると,解答速報会の実施自体が困難になります。

     まあ,そもそも解答速報会なんているのかって思う人もいるでしょうし,解答速報会がいらないってなれば,合格者が本試験を受験することの是非って問題もなくなるのかもしれませんが,

     僕は,いつも不安な受験生の方が少しでも将来を見据えることができるようにするためにも,本試験当日に解答速報会を実施して,本試験の正確な情報を伝えることは,とても大切だと思っています。

     だから,色々な意見はあるでしょうが,僕は,今年も解答速報会が実施されるのであれば,本試験を受験します。ただし,本名で,かつ,答案用紙は全部白紙です。


     では,また。


    スポンサーサイト