このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    戦闘体制

     お久しぶりです@渋谷です。

     今日は、択一式対策講座【実践編】民法の開講日でした。

     第1回においては、民法総則と物権の設問を80問出題し、30分で演習していただき、残りの2時間半で解説をしたのですが、そもそも、民法総則と物権とを2時間半で説明するのは無理なので、そこは、僕の意思をレジュメに託しました。結構分厚いレジュメですが、絶対覚えておくべき事項とそれに対応する設問を、既出事項については過去問から、未出事項については新作問題を出題しています。

     僕としては、やはり、図表よりも文章が好きなので、どちらかというと、【理論編】のレジュメを使用していただきたい気持ちはありますが(【実践編】レジュメは設問部分のみ利用)、社会人の方など時間がない方にとっては、最高の情報集約ツールになっているはずです。

     締め切りがやばい状況ですが、睡眠時間を削りまくって、妥協せずに作り込んでいます。戦闘体制です。

     という理由で、ブログの更新がされない状況となっています…。

     【実践編】レジュメ、是非手にとって見てみてください。これから直前期の救世主となるはずです。

     では、レジュメ作成に戻ります。

     強い気持ちで勉強を続けられる人は、もともと強い人間です。

     弱いことは悪いことではありません。人間ですから。合格できないかもって思ってもまったく問題ありません。

     大切なのは、目の前にある勉強事項を集中してやることです。そのため、常に自分がやるべき勉強事項を用意し、それをこなすことだけに集中してください。

     本試験当日の自分をイメージすることも、無理してする必要はありません。結局、現場における雰囲気、緊張は現場にしかないからです。

     目の前にある勉強事項をきっちりこなすことこそが、現場における皆さん自身を助けてくれるはずです。

     そして、目の前に置くべき勉強事項は、過去問です。答練真っ只中でも、やっぱり過去問です、

     平成24年度司法書士試験、合格する人も合格しない人も、絶対思うはずです。結局、過去問だと。



    スポンサーサイト