このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    試験委員は…

     こんばんは@新幹線です。

     今週は、所要で土曜日の講義を日曜日に振り替えさせていただきました。

     いったん大阪に戻り、現在また東京に向かっています(※)。

     ※ こういったことを許していただける、受講生の皆さん、僕が講義している予備校の皆さんには、本当に感謝しております。ありがとうございます。

     いきなりですが、先に記事にいっぱい拍手をしていただき、ありがとう。

     顔が見えない関係であるからこそ、コメントができないブログだからこそ、直前期だからこそ、いっぱい記事を書くべきところ全然書けていないのに、チェックしていただいているんだなと思い、本当に嬉しかったです。

     いつも以上に、今日はレジュメ作成頑張れそうです。




     今日もブログを更新したのは、頑張っている皆さんに伝えたいことがあるからです。

     試験委員は、僕たちと同じぐらい、過去問を分析をして出題する論点を決定しています。

     これは、予想ではなく、断言です。

     だからこそ、それに負けないように、僕らは過去問を分析しなければならない(※)。

    ※ 僕が講義している予備校の事務局の皆さん、直接言うべきかもしれませんが(直接言いますが)、僕、過去問集使った講座やりたいです。一緒に解いたり(ただし、ゼミではない。)、分析したりするので、『過去問分析講座』ではなく、『過去問解析講座』がいいなー。

     昨年度の本試験後からまさに今このブログを読んだ瞬間まで、さぼっていて、それを今更になって悔いている皆さん、諦めるのは、早すぎます。

     この世の中、後悔なんて要らないんです、反省すれば。

     反省する気があるなら、過去問をやりましょう。

     1設問(肢)1設問(肢)ずつ丁寧に。今解いて正解したものは、もう二度見ないというぐらい精度を上げて。

     あれだけやったはずの、あれだけ使い古した過去問集が、もっと使って、まだ使えるよって、皆さんのこと待ってますよ。

     もはやこのブログを観ている時間が無駄かもしれませんね。

     さあ、過去問の世界へいってらっしゃい。

     では、また。

    スポンサーサイト