このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    択一式対策講座【理論編】民法第5回・第6回

     こんばんは。

     ちょっと日が空きました。体調を崩したわけでもなく,真面目に仕事していました笑

     講義の方は,土曜日に,択一式対策講座【理論編】民法第5回・第6回が終了しました。内容としては,抵当権に突入。留置権も先取特権も質権もやった上での抵当権突入です。渋谷校以外の皆さん,お楽しみに。渋谷校の皆さん,楽しい民法の講義の後は,しっかり復習しましょう。ただし,毎日毎日常にテキストを読んだり,過去問を演習しまくるってのは,絶対禁止です。復習とは忘れかけた頃にするのが効果的であり,特に,過去問の演習については,年内は1回ぐらいで問題ありません。テキストに過去問書いているので,それ読めば過去問演習と知識確認的には同程度の効果が生じます。

     今から勉強始めれば,確実な合格がより確実なものとなるはずです。今はまだ平成25年度司法書士試験がかなり先に実施されるような感覚があるかもしれませんが,筆記試験の合格発表後にこの感覚は急速に加速し,あっという間に答練・模試が終わり,平成25年度司法書士試験です。直前期になって,『もっと勉強しておけば良かった。』って思って,かつ,実力がない状態は,もう絶対やめましょう。意味分かりますか?今から頑張っても,真面目な受験生の方であればあるほど,過去の自分を責める。どれだけ勉強していても,『もっと勉強しておけば良かった。』ってなります。でも,そう思うのは仕方ないとしても,実力があれば,まったく問題ありません。後悔+実力なしは,本当にまた不合格になりかねません。後悔+実力あり,で行きませんか?後悔するって決めつけるのは失礼ですが…。でも,直前期になれば,上記の意味も分かると思います。

     長々と改行もせずに書きましたが(改行しないときは,一息で書いています。僕は,ブログ書きながら息切れしています。),要は,早め早めで行きましょうってことです。

     僕も,皆さんに役立つ記事を書きます。ということで,以下に整理してみました。
     
     では,また。

    【過去問解析講座】
     過去問解析講座【ガイダンス】
     過去問解析講座(1)

    【平成25年度の記述式問題対策】
     平成25年度の記述式問題対策(1)
     平成25年度の記述式問題対策(2)
     平成25年度の記述式問題対策(3)

     
    スポンサーサイト