このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
     通行地役権者が承役地の担保不動産競売による買受人に対し地役権設定登記のされていない通行地役権を主張することができる場合
     こんにちは。

     今日2本目です。

     掲題に関して,最判平25.2.26があります。

     通行地役権の承役地が担保不動産競売により売却された場合において,最先順位の抵当権の設定時に,既に設定されている通行地役権に係る承役地が要役地の所有者によって継続的に通路として使用されていることがその位置,形状,構造等の物理的状況から客観的に明らかであり,かつ,上記抵当権の抵当権者がそのことを認識していたか又は認識することが可能であったときは,特段の事情がない限り,登記がなくとも,通行地役権は上記の売却によっては消滅せず,通行地役権者は,買受人に対し,当該通行地役権を主張することができると解するのが相当である。

     

     この判例は,従前から重要判例とされる,最判平10.2.13の派生論点です。

     先に,最判平10.2.13から検討します。

     この判例は,『地役権者 VS 承役地の譲受人』の戦いであり,優劣の判断基準として,次のように述べています。

     通行地役権(通行を目的とする地役権)の承役地が譲渡された場合において、譲渡の時に、右承役地が要役地の所有者によって継続的に通路として使用されていることがその位置、形状、構造等の物理的状況から客観的に明らかであり、かつ、譲受人がそのことを認識していたか又は認識することが可能であったときは、譲受人は、通行地役権が設定されていることを知らなかったとしても、特段の事情がない限り、地役権設定登記の欠映を主張するについて正当な利益を有する第三者に当たらないと解するのが相当である。



     ポイントは,要件に客観的要件と主観的要件がある点,従来の背信的悪意者排除論等を使わないで民法177条の第三者に当たらない場合を創設している点にあります。

     では,最判平25.2.26のポイントは?

     こちらの判例は,『地役権者 VS 承役地の買受人』です。ただ,この構図だと,最判平10.2.13が立てた客観的要件と主観的要件は,承役地の買受人について判断されそうなもんですが,そうではありません。

     最判平25.2.26は,上記の要旨に続けて,以下のように述べています。

     担保不動産競売による土地の売却時において,同土地を承役地とする通行地役権が設定されており,かつ,同土地が要役地の所有者によって継続的に通路として使用され,そのことを買受人が認識していたとしても,通行地役権者が承役地の買受人に対して通行地役権を主張することができるか否かは,最先順位の抵当権の設定時の事情によって判断されるべきものであるから,担保不動産競売による土地の売却時における上記の事情から,当然に,通行地役権者が,上記の買受人に対し,通行地役権を主張することができると解することは相当ではない。


     
     要は,承役地の買受人について要件を充足していても,通行地役権者は当然に通行権を主張することはできず,要件は,あくまで抵当権者について判断するということです。

     そうなると,承役地の買受人の受動的な地位とか,問題になりそうです。そもそも,抵当権者と買受人は同じ側の人間ではあるものの,直接的な関係はないため,抵当権者につき客観的要件と主観的要件が充足されていれば,承役地の買受人はそれに従わざるを得なくなる。どうなんでしょう?

     詳しくは,これからの学者さんや最高裁判所調査官の解説で確認したいと思います。

     最後に,平成25年度司法書士試験と最判平25.2.26ですが,試験問題の作成(少なくとも出題する論点の決定)がおそらく終了していると思うので,出題される可能性は低いと思います。

     ただし,最判平10.2.13の方は,近年出題されたものの(H23-12-イ),その重要度に照らすと,平成25年度にも出題される可能性がありますので,最判平最判平10.12.18の方と併せて(こちらについては,H23-12-ウ参照),しっかり覚えておいてください。

     では,また。

    ↓ クリックお願いします! 
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村
     
    【電子書籍】
    □ 平成25年度対策 憲法の出題実績と重要論点の項目の列挙
    □ 平成25年度対策 法人法基本通達完全対応問題集
    □ 平成25年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】
    □ 平成25年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降)
    □ 平成25年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降)

    【過去問解析講座】
     過去問解析講座【ガイダンス】
     過去問解析講座(1)
     過去問解析講座(2)
     過去問解析講座(3)

    【平成25年度の記述式問題対策】
     平成25年度の記述式問題対策(1)
     平成25年度の記述式問題対策(2)
     平成25年度の記述式問題対策(3)
     平成25年度の記述式問題対策(4)
     平成25年度の記述式問題対策(5)
     平成25年度の記述式問題対策(6)
     平成25年度の記述式問題対策(7)
     平成25年度の記述式問題対策(8)

    【持分会社の社員】
     持分会社の社員(1)
     持分会社の社員(2)
     持分会社の社員(3) 

    スポンサーサイト