このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    2回申請問題の怖さ(2)
    【ガイダンス動画】

    本試験の的中率が実証する「択一式対策講座【実践編】&記述式対策講座

     ※ クリックすると,動画チャンネルに移動します。
      tacdouga.png




    【解法テクニックの教科書】





     こんにちは。

     早速やりましょう。2回申請問題の怖さ

     2回申請問題の怖さ(1)

     前回分かったこと(今更ですが。)は,2回申請問題の怖さの第一は,事務処理能力が問われる書く量が多いということにあります。

     今回は,もっと実質的な怖さについて検討しましょう。




     僕は,記述式問題の解説をする講座(記述式対策講座や答練の解説講義における記述式問題解説部分)において,必ず2回申請問題の怖さを提示しています。

     ただし,提示する観点は,怖さではなく,出題パターン



     出題パターン?



     そうなんです。2回申請問題には,いくつかの出題パターンが存在します。

     これから何回かに分けてこの出題パターンを紹介していきます。

     今回は,会社法一部改正でも話題の社外役員に関するもの。





     第1申請時に社外性情報を示し,第2申請時に使用




     本試験における出題としては,

     平成20年:第1申請時に示された社外監査役に関する情報を踏まえ,監査役会を設置するための社外監査役の員数を満たさないことを読み取る問題

     平成21年:第1申請時に示された社外取締役に関する情報を踏まえ,特別取締役による議決の定めを設定するための社外取締役の員数を満たすことを読み取る問題

     というものがあります。

     ところで,記述式問題の過去問を分析する意義は,当該記述式問題を極限まで一般化・抽象化し,多くの記述式問題で実践できる解法を導き出すことにあります。

     僕は,上記の過去の出題から,第1申請時に社外性情報を示し,第2申請時に使用という出題パターンを導きましたが,皆さんは,これをもっと具体的に,いかに読み取るとの観点から押さえておく必要があります。



     意味が分からない?



     簡単なことです。



     第1申請時に示された社外性情報は,第2申請時使用することが多い



     ということです。


     ここまで書いて思ったこと。いえ,思い出したこと。

     試験委員の一部もこのブログを見ているため,あまり出題パターンを読み切った!的なことを書いて,それを外されるのは嫌だな〜。

     でも,2回申請問題の怖さシリーズは,全部やり切ります。

     これで,2回申請問題が出題されなくなれば,本望です。


     ?


     そう,やはり,2回申請問題は,1回申請問題より大変ですよね。

     


     今年も,多くの受験生の皆さん支えられ,このブログを継続することができました。

     来年も,毎日更新を原則的なルールとして頑張りますので,毎日このブログに遊びに,そして勉強しに来てください。

     皆さんがご利用の予備校は問いませんし,僕に批判的な皆さんでも問題ありません。

     ただ,時間をとって観ていただくわけですから,何かを得てください。

     得るのは,『新しい論点』でも良いですし,逆に,『この方法を使わない。』というものでも良いです。

     では,また。良いお年をお迎えください。

     ↓ 来年は絶対合格の年,という皆さんクリックお願いします!!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    【最大決平25.9.4が及ぼす影響】
    最大決平25.9.4が及ぼす影響(1)
    最大決平25.9.4が及ぼす影響(2)
    最大決平25.9.4が及ぼす影響(3)
    最大決平25.9.4が及ぼす影響(4)

    【本試験分析セミナーの補足説明】
    2013年度本試験分析&2014年度本試験攻略法
    本試験分析セミナーの補足説明(1)
    本試験分析セミナーの補足説明(2)
    本試験分析セミナーの補足説明(3)
    本試験分析セミナーの補足説明(4)
    本試験分析セミナーの補足説明(5)

    【中上級者のための合格の方法論】
    中上級者のための合格の方法論
    『中上級者のための合格の方法論』の補足解説(1)
    『中上級者のための合格の方法論』の補足解説(2)

     【平成26年度司法書士試験対策の企画】
    平成26年度の記述式問題対策(1)
    平成26年度の記述式問題対策(2)
    平成26年度の記述式問題対策(3)
    平成26年度の記述式問題対策(4)
    平成26年度の記述式問題対策(5)
    平成26年度の記述式問題対策(6)
    平成26年度の記述式問題対策(7)

    社外取締役である旨の登記をすべき場面(1)
    社外取締役である旨の登記をすべき場面(2)
    社外取締役である旨の登記をすべき場面(3)
    社外取締役である旨の登記をすべき場面(4)
    社外取締役である旨の登記をすべき場面(5)

    【平成26年度司法書士試験対策の主要な電子書籍】
    □ 平成24年供託規則の一部改正の解説
    □ 平成26年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】
    □ 司法書士試験の過去問【平成11年度から平成25年度までの択一式問題】
    □ 司法書士試験の過去問【平成25年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成24年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成23年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成22年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成21年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成20年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成19年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成18年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成17年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成16年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成15年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成14年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成13年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成12年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成11年度択一式試験】

    スポンサーサイト