このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    終結だけだと思うな
    【記述式対策講座・商業登記法の無料公開講座】

    梅田校 第1回 3月25日(火) 18:30~21:30
    第2回 3月30日(日) 18:00~21:00
    ※ 今期最後の無料公開講座です。お時間ある方は,ぜひ梅田校にお越しください。




     現在,役員変更の検討順序に関するアンケートを実施中。
     
     参考記事:役員変更の検討順序

     役員変更の検討順序に関する投票へ。

     現時点で,僕と同じく順次検討派が圧倒的に多いようであり,現代の受験生の方のレベルの高さに驚かされます。

     調子に乗って,これから退任時期把握法としてアピールしようと思っている,奥義4個の日付を説明したいところですが,これは,記述式対策講座の受講生の皆さん限定としておきます。




     こんばんは@自宅です。

     出張から無事帰ってきまして,細かい仕事こなしていたら,いつのまにか30日になり,めでたく34歳になりました。

     これからも講義,レジュメ作成,執筆と頑張っていきますので,どうぞ宜しくお願いします!




     さて,掲題の終結だけだと思うな

     定時株主総会の話です。

     定時株主総会といえば,終結の時です。

     例えば,

     委員会設置会社を除く取締役の任期は,選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までです(会社法332条1項本文)。 

     でも,皆さんが押さえておくべき定時株主総会って,終結の時だけじゃない。

     開始の時も重要です。

     すなわち,

     補欠の役員の選任に係る決議が効力を有する期間は,原則として,当該決議後最初に開催する定時株主総会の開始の時までです(会社法施行規則96条3項本文)。


     更に,終結の時でもなく,開始の時でもなく,こういうのもあります。


     株式会社が大会社になったり,大会社でなくなったりする時期。


     最終事業年度の末日時点で大会社の要件に該当していれば,当該最終事業年度に係る定時株主総会において貸借対照表が承認又は報告された時から大会社となり,その逆の場合には,その時から大会社ではなくなる(葉玉等「会社法マスター115講座」P14)。


     
     通常,いわゆる決算承認は定時株主総会の第1号議案でされますから,

     大会社になったり,大会社でなくなったりするのは,

     定時株主総会における第1号議案の承認時

     となります。

      
     ということで,今日の記述式対策講座の商業登記法でも説明した,


     定時株主総会は,終結だけだと思うな,開始も,第1号議案も大切だ


     という話でした。

     では,また。

     ↓ 誕生祝いのクリックお願いします!!!そして,願わくばiPad Airの最大容量のものを…。
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村
     
    【合理的な解法解説講座】
    合理的解法の解説講座(1)
    合理的解法の解説講座(2)
    合理的解法の解説講座(3)
    合理的解法の解説講座(4)

    【平成26年度司法書士試験対策の企画】
    平成26年度の記述式問題対策(1)
    平成26年度の記述式問題対策(2)
    平成26年度の記述式問題対策(3)
    平成26年度の記述式問題対策(4)
    平成26年度の記述式問題対策(5)
    平成26年度の記述式問題対策(6)
    平成26年度の記述式問題対策(7)

    社外取締役である旨の登記をすべき場面(1)
    社外取締役である旨の登記をすべき場面(2)
    社外取締役である旨の登記をすべき場面(3)
    社外取締役である旨の登記をすべき場面(4)
    社外取締役である旨の登記をすべき場面(5)

    2回申請問題の怖さ(1)
    2回申請問題の怖さ(2)
    2回申請問題の怖さ(3)
    2回申請問題の怖さ(4)


    申請順序情報に関する一考察(1)
    申請順序情報に関する一考察(2)
    申請順序情報に関する一考察(3)
    申請順序情報に関する一考察(4)
    申請順序情報に関する一考察(5)・完

    【平成26年度司法書士試験対策の主要な電子書籍】
    □ 平成26年度対策 記述式問題【答案作成上の注意事項集】
    □ 平成24年供託規則の一部改正の解説
    □ 平成26年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】
    □ 平成26年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降) 
    □ 平成26年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降) 
    □ 司法書士試験の過去問【平成11年度から平成25年度までの択一式問題】
    □ 司法書士試験の過去問【平成25年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成24年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成23年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成22年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成21年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成20年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成19年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成18年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成17年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成16年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成15年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成14年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成13年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成12年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成11年度択一式試験】

    スポンサーサイト