FC2ブログ
    このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    裏を意識する
    【新しい電子書籍】


    NEW!!! 平成10年~平成26年までの民法の重要判例をすべて示しています。すべての問題について一問一答形式の設問付きです。
       民法の重要判例[平成10年-平成26年]


    * この電子書籍の紹介については,この記事をご参照ください。


    □ 平成26年会社法改正基本通達完全対応問題集
    □ 商業登記規則等の一部改正の解説  
    □ 商業登記規則61条2項~4項の解説
    □ 平成26年会社法等一部改正の解説
    □ 平成26年会社法等一部改正一問一答問題集




    【直近の企画】

     商業登記における前提名変登記!?(1)
     商業登記における前提名変登記!?(2・完)

     本試験に棲む魔物(1)
     本試験に棲む魔物(2・完)

     補欠役員の論点(1)
     補欠役員の論点(2)

     区分建物の罠(1)
     区分建物の罠(2)
     区分建物の罠(3・完)

     昭和VS平成(1)
     昭和VS平成(2)
     昭和VS平成(3)
     昭和VS平成(4・完)

     定款の自動変更(1)
     定款の自動変更(2)
     定款の自動変更(3・完)





     こんばんは。

     ちょっと遅めの更新になりました。

     最近は講義がないので,勉強→資料作成の連続の毎日です。

     講義がしたくてたまりませんが,今のこういう日々がより良い講義につながると思うので,頑張ります。




     もう時間も遅いので,今日は簡単に。

     この時期になると,出題予想に基づく勉強をすることになると思います。

     ただ,出題予想は,基本的に,出題間隔からしか導くことができず(例外は改正絡み),出題間隔は客観的な事実ですので,結局,ちゃんと分析された予想は,各予備校でほぼ違いがないということになります。

     例えば,『平成27年度においては,譲渡担保の出題可能性が高い。』という予想を知ったところで,そこには驚きも喜びもないと思います。

     「いやいや,誰から見てもそれは明らかやし。」って感じですよね。

     このことから,僕が重視しているのは,裏の出題予想です。

     すなわち,出題間隔からして,何が出題されない事項かを明らかにすることです。 

     参考: 過去問論(2)

     これから本試験まで,

     何が出題されるのだろうか?
     ちゃんと点数が取れるだろうか?


     などという不安が付き纏うと思いますが,

     何が出題されるのかについては,一般的な出題予想事項を押さえつつ,非出題予想事項を除外し,

     ちゃんと点数が取れるのかについては,直前期に効く言葉を意識していただければと思います。

     
     では,また。

     そうそう,次の特別配信レジュメは,過去の商業登記法の記述式問題の登記不可事項のリストにしようかなど,色々考え中です。
     

     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!! 
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村


    スポンサーサイト