FC2ブログ
    このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    【予告】登記不可事項の発見の作法
    【新しい電子書籍】


    NEW!!! 平成10年~平成26年までの民法の重要判例をすべて示しています。すべての問題について一問一答形式の設問付きです。
       民法の重要判例[平成10年-平成26年]


    * この電子書籍の紹介については,この記事をご参照ください。


    □ 平成26年会社法改正基本通達完全対応問題集
    □ 商業登記規則等の一部改正の解説  
    □ 商業登記規則61条2項~4項の解説
    □ 平成26年会社法等一部改正の解説
    □ 平成26年会社法等一部改正一問一答問題集




    【直近の企画】

     本試験における民法
     本試験における不動産登記法(択一式問題)
     本試験における会社法及び商法
     本試験における商業登記法(択一式問題)
     
     自分裁判(1)
     自分裁判(2・完)

     商業登記における前提名変登記!?(1)
     商業登記における前提名変登記!?(2・完)

     本試験に棲む魔物(1)
     本試験に棲む魔物(2・完)

     補欠役員の論点(1)
     補欠役員の論点(2)

     区分建物の罠(1)
     区分建物の罠(2)
     区分建物の罠(3・完)

     昭和VS平成(1)
     昭和VS平成(2)
     昭和VS平成(3)
     昭和VS平成(4・完)

     定款の自動変更(1)
     定款の自動変更(2)
     定款の自動変更(3・完)




     こんばんは。

     今日は,ずっと基礎講座用の民法のテキストを作ってみました。

     いや,実際に講義で使う予定はないのですが,漫然と(というほど油断していませんが。)民法の基本書を読み漁ってももったいない気がしたので,テキスト作成を同時に行うことにしました。

     と書いていて,思い出しましたが,民法改正に関する資料作りの仕事があるんでした…。

     
     基礎講座用の民法のテキストの作成中止!!!


     


     そんなことをしていたら,こんなに遅くなってしまいました。

     そのため,今回は明日書くことの【予告】をさせてください。


     明日は,登記不可事項の発見の作法について書こうと思います。


     登記不可事項については,以下の記事のような問題がありますが,やはり出題可能性は高いと思います。


     参考: 商業登記法の記述式問題における登記不可事項の出題パターン


     そして,出題された場合,どうやって処理するのか?

     そのエッセンスをお伝えしたいと思います。

     
     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!  明日の記事が楽しみな皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト