FC2ブログ
    このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    【開講予告】疑義問(0)
    【新しい電子書籍】


    NEW!!! 平成10年~平成26年までの民法の重要判例をすべて示しています。すべての問題について一問一答形式の設問付きです。
       民法の重要判例[平成10年-平成26年]


    * この電子書籍の紹介については,この記事をご参照ください。


    □ 平成26年会社法改正基本通達完全対応問題集
    □ 商業登記規則等の一部改正の解説  
    □ 商業登記規則61条2項~4項の解説
    □ 平成26年会社法等一部改正の解説
    □ 平成26年会社法等一部改正一問一答問題集




    【直近の企画】

     本試験における民法
     本試験における不動産登記法(択一式問題)
     本試験における会社法及び商法
     本試験における商業登記法(択一式問題)
     
     自分裁判(1)
     自分裁判(2・完)

     商業登記における前提名変登記!?(1)
     商業登記における前提名変登記!?(2・完)

     本試験に棲む魔物(1)
     本試験に棲む魔物(2・完)

     補欠役員の論点(1)
     補欠役員の論点(2)

     区分建物の罠(1)
     区分建物の罠(2)
     区分建物の罠(3・完)

     昭和VS平成(1)
     昭和VS平成(2)
     昭和VS平成(3)
     昭和VS平成(4・完)

     定款の自動変更(1)
     定款の自動変更(2)
     定款の自動変更(3・完)





     おはようございます。

     昨日は更新できずごめんなさい。




     過去問の知識のみで合格することは絶対に無理ですが,過去問の知識がなければ絶対合格できなことも事実です。

     そして,この超直前期は,答練や模試で広がりすぎた知識を修正するため,過去問の演習が必要です。

     ここでの過去問の演習は,できるだけ高速で行い,時間をかけないことが重要です。

     もう何度も正解した問題は省略し,解いた問題も解説なんて読まなくても良いし,解いて間違った問題もその問題の問題文でそのまま出題されるわけではありませんので,例えば根拠となる条文や判例をテキストで確認すれば足ります。

     ところで,重要度が高い教材である過去問でも,よく意味の分からない過去問だったり,一般的な予備校の解説が誤っている過去問など,疑義がある過去問(以下「疑義問」といいます。)が散見されます。

     この企画では,疑義問を紹介して,より過去問の知識を正確にしていただきたいと思います。

     ただ,皆さんにならお分かりいただけると思いますが,「この問題は,疑義問です。以上」で終わる記事ではありません。

     出題可能性の高い周辺の知識もきっちり確認していきますので,お楽しみに。


     早ければ,今晩にでも開講します。

     あと,【過去の記述式問題で出題された登記不可事項】の配信(無料)も,近々始めます。


     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!  
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村


    スポンサーサイト