FC2ブログ
    このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    踏ん張る
    【新しい電子書籍】


    NEW!!! 平成10年~平成26年までの民法の重要判例をすべて示しています。すべての問題について一問一答形式の設問付きです。
       民法の重要判例[平成10年-平成26年]


    * この電子書籍の紹介については,この記事をご参照ください。


    □ 平成26年会社法改正基本通達完全対応問題集
    □ 商業登記規則等の一部改正の解説  
    □ 商業登記規則61条2項~4項の解説
    □ 平成26年会社法等一部改正の解説
    □ 平成26年会社法等一部改正一問一答問題集




    【お知らせ】

     平成27年度司法書士筆記試験 解答速報会

       sokuhoukai.png
       * クリックするとリンク先に飛びます。





      こんにちは。

     今日も暑いですね。

     いよいよ本試験が近付いてきました。

     平成27年度司法書士試験の出願状況が発表されています。

     今こそ頑張り時なのに,焦ったり,お仕事や家事等で勉強ができず,「明日本試験でも良い」という諦めの境地に達してはいませんか?

     また,「もう今更頑張っても…。」などと考え,諦めながら勉強していませんか?

     そういう気持ちになること自体は仕方がないことです。「弱い人間」なんて思わないでください。

     平成13年度本試験で不合格となり,平成14年度本試験で合格した僕は,平成13年度本試験の翌日からフルスロットルで勉強を再開したため,平成14年の4月初旬の時点で,模試以外に刺激が感じられず,まったく勉強する気が起きませんでした。それでも何とか答練の問題の解き直しを午前中にやって,午後からは,楽しい喫煙所における青空授業(ソクラテスメソッド)でした。

     大切なのは,こういう時に踏ん張ることです。

     踏ん張っているところをイメージして,「踏ん張ろう」とちゃんと思って目の前の課題に集中することです。

     目の前の課題は,テキストの出題可能性が高い部分の読込みだったり,過去問をスピーディに回すことだったり,皆さんそれぞれの課題です。課題がないという受験生の方は,ほとんどいないはずです。

     まずは,自分に不安や緊張を感じる時間を与えないようにすること。
     
     次に,不安や緊張を感じたら,上記のように踏ん張る

     そして,目の前の課題に戻りましょう。

     もうこのループを繰り返すことしかないです。

     今やっている課題は,絶対本試験で役に立ちます。

     踏ん張ることさえ,本試験で負けない気持ちをキープするためのトレーニングですからね。

     気持ちで負けると,全部終わってしまいます。


     
     明日から,また論点解説に戻ります。


     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!  
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト