このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    すんまへん
    【新規講座】

     重要先例総Check講座

     詳しくは,この記事をお読みください。



    【販売中の電子書籍】

    NEW!!! マイナンバー法関連の改正対策
    □ 【セット】マイナンバー法関連の登記法令の解説
    (個別) マイナンバー法関連の不登令及び不登規の改正の解説
         マイナンバー法関連の商登法及び商登規の解説(別紙付)


    □ 平成28年度司法書士試験対策 答案作成に当たっての注意事項集
             DLmarketで購入
     参考: 紹介記事である「続・ほんまに分かって作ってるん?」をお読みください。


    □ 平成27年商業登記規則改正通達完全対応問題集
              DLmarketで購入
     参考: 紹介記事である「平成27年商業登記規則改正通達完全対応問題集」をお読みください。


    □ 平成28年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】
              DLmarketで購入

    □ 平成28年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降)
              DLmarketで購入

    □ 平成28年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降)
              DLmarketで購入




    【公開中の動画】

     2015年本試験分析セミナー
       動画: TAC動画チャンネル

     中上級者のための合格の方法論
       動画: TAC動画チャンネル

     択一式対策講座【理論編】民法第1回
       動画: TAC動画チャンネル

     弱点克服講座ガイダンス「よく深く知る!会社法学習のコツ&苦手意識を克服しよう!」
       動画: TAC動画チャンネル

     秋から始める2016年度本試験対策
       動画: TAC動画チャンネル

     答練を活用した合格の戦略
       動画: TAC動画チャンネル





     
     こんばんは。

     この記事で書いた「すんまへん」が,何の論点の攻略なのかを解説しましょう。

     ちなみに,誰か「俺(私)は,もう分かっている」という方,いらっしゃいますか?

     …。

     多分,いないでしょう。

     以下,解説します。

     
     「すんまへん」をひらがなにして,縦に並べます。


     す
     (ん)
     ま
     へ
     (ん)




     これらのひらがなは,ある場面で申請すべき登記です。それを書いていきます。

     す:少なく登記した場合
     (ん)
     ま:抹消の登記
     へ:変更の登記
     (ん)



     
     ある場面とは,どのような場面か?

     
     それは,資本金の額を誤って少なく登記した場合です。


     資本金の額を誤って少なく登記した場合は,抹消の登記+変更の登記によらなければならず,更正の登記によることができません(平19.12.3民商2584号)。


    【参考】

     募集株式の発行による変更登記によって資本金の額を誤って少なく登記した場合の抹消及び変更の登記について(通知)(平19.12.3民商2584号)
    資本金の額が募集事項である資本金及び資本準備金に関する事項によって計算した額と異なる場合の抹消登記及び資本金の額の変更登記の申請書には,申請書(登記すべき事項中資本金の額)又は添付書面(資本金の額の計上に関する証明書)が錯誤により作成されたことを証する会社代表者(印鑑届出人に限る。)の上申書(添付書面の作成者と相違する場合には,作成者全員の上申書及び市区町村長の印鑑証明書を含む。)及び錯誤により作成された書面に代え新たに作成された添付書面が添付されていれば,当該錯誤による登記後に更に資本金の額の変更の登記がされている場合を除き,受理して差し支えなく,またこの場合の登録免許税は,抹消の登記分につき2万円(登録免許税法別表第一第24号(一)ヲ),資本金の額の増加の登記分につき変更後の資本金の額から抹消前の資本金の額を控除した額の1000分の7(これによって計算した税額が3万円に満たないときは3万円)で足りる(同法別表第一第24号(一)ニ)。
      なお,当該抹消登記及び変更登記申請があった場合には,公正証書原本不実記載罪(刑法第157条第1項)に該当する可能性があり,事案により司法官憲へ告発すべきである。




     これだけなら何とか覚えられそうですが,ややこしいのが,以下の取扱い。


     資本金の額を誤って多く登記した場合は,更正の登記によらなければなりません(平19.12.3民商2586号)。


    【参考】

     募集株式の発行による変更登記によって資本金の額を誤って多く登記した場合の更正の登記について(通知)(平19.12.3民商2586号)
     資本金の額が募集事項である資本金及び資本準備金に関する事項によって計算した額と異なる場合の更正登記の申請書には,申請書(登記すべき事項中資本金の額)及び添付書面(資本金の額の計上に関する証明書)が錯誤により作成されたことを証する会社代表者(印鑑届出人に限る。)の上申書(添付書面の作成者と相違する場合には作成者全員の上申書及び市区町村長の印鑑証明書を含む。)及び錯誤により作成された添付書面に代え新たに作成された添付書面が添付されていれば,会社法第447条の規定による資本金の額の減少が行われたわけではなく,同法第449条の規定に基づく債権者保護手続を要しないため,当該債権者保護関係書面が添付されずとも,当該錯誤による登記後に更に資本金の額の変更の登記がされている場合を除き,受理して差し支えない。
     なお,当該更正登記申請があった場合には,公正証書原本不実記載罪(刑法第157条第1項)に該当する可能性があり,事案により司法官憲へ告発すべきである。


      

     でも,皆さんはもう大丈夫ですよね?


     「すんまへん


     を覚えておけば,すぐに,少なく登記した場合は抹消の登記+変更の登記という記憶が喚起されるはずです。


     なお,以上の内容は,既に平成22年度午後の部第31問で出題されています。

     改めて解いていただくと良いと思います。


    H22-pm31.png






     今後も,秘蔵の語呂合わせをどんどん出したいと思います。

     なんせ講義では,恥ずかしくて言えないので。←嘘です。言ってます。


     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!! 資格ブログ人気ランキング第1位に返り咲かせてください!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト