このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    超直前期の記述式問題対策(2・完)
    【販売中の電子書籍】

    [セット]
    NEW!!! 
    □ 司法書士試験の過去問【平成11年度から平成27年度までの択一式問題】

    NEW!!! 
    □ 司法書士試験の過去問【平成27年度択一式試験】

    NEW!!! マイナンバー法関連の改正対策
    □ 【セット】マイナンバー法関連の登記法令の解説
    (個別) マイナンバー法関連の不登令及び不登規の改正の解説
         マイナンバー法関連の商登法及び商登規の解説(別紙付)


    □ 平成28年度司法書士試験対策 答案作成に当たっての注意事項集
             DLmarketで購入
     参考: 紹介記事である「続・ほんまに分かって作ってるん?」をお読みください。


    □ 平成27年商業登記規則改正通達完全対応問題集
              DLmarketで購入
     参考: 紹介記事である「平成27年商業登記規則改正通達完全対応問題集」をお読みください。


    □ 平成28年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】
              DLmarketで購入

    □ 平成28年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降)
              DLmarketで購入

    □ 平成28年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降)
              DLmarketで購入



    【お知らせ】

    平成28年度司法書士筆記試験 解答速報会  

     kaitousokuhou.jpg
    * クリックするとリンク先に飛びます。




     
     こんばんは。


     続きをやりましょう。

     超直前期の記述式問題対策(1)


     今回は,超直前期における論点対策です。

     
     論点対策として,今までに解いた記述式問題を見直したいとか.テキストで不動産登記法の論点を確認したいとか,色々あると思いますが,現実的にはこれらの方法を採ることは難しいです。


     ところで,近年の記述式問題においては,過去に出題された論点が問われています。


     この特徴について,色々と理由は考えられますが,「試験委員はほどほどに点数が取れる問題を作成しなければならない。」こと等を考慮すると,法務省は,過去に出題された論点を再度出題することにより,ある程度点数を取らせているのだと思います。


     以下は,近年の記述式問題に取り上げられた過去に出題された論点です。


    【不動産登記法】
    kinnenhutou.jpg


    【商業登記法】
    kinnenshoutou.jpg


     見辛くてすいません。

     ここに掲げられている論点をさっとチェックすることができれば(テキストに帰るのではなく,「こういう論点が出題されていたのか~」と思う程度),この時期にすべき論点対策はちゃんとしたといえると思います。


     厳しい言葉になりますが,この時期の勉強は,理想と現実の折り合いをつけていくことといえます。


     できる範囲でできることを精一杯やりましょう。


     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!超直前期,記述式問題対策も頑張りたい皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト