FC2ブログ
    このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    会社法と商業登記法の出題予想
    【新しい電子書籍】

    □ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

    □ 平成29年度司法書士試験対策 事実関係に関する補足・答案作成に当たっての注意事項集
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

    □ 株主リスト関係改正の解説 Ver.2.0
              DLmarketで購入
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正を完全解説。法務省発表の書式例・記載例も収録。Ver.2.0においては,平28.6.23民商99号にも対応させ,更に,申請書への記載方法を示しています。
     Ver.1.0をご購入いただいた皆さん,株主リスト関係改正の解説【補足】をダウンロードしていただき,併せてお使いください。

    □ 株主リスト関係通達完全対応問題集
              DLmarketで購入 
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正についての登記先例をベースに一問一答問題集化。
     








     こんばんは。

     更新が遅くなってごめんなさい。

     今回は,会社法と商業登記法の出題予想について。


     会社法と商業登記法の出題予想は,他の科目にない難しさがあります。

     あくまで,姫野にとって(他の講師や予備校のことは知らん。)。

     
     その難しさとは,

     会社法(当然,択一式問題),商業登記法(択一式問題),商業登記法(記述式問題)との出題のバランスを見るからです。

      以下の画像は,ある日の板書から


    kaishashoutou.jpg


     たしか,「会社法,商業登記法の択一式問題,商業登記法の記述式問題のフルコンボは難しいんです。」という趣旨の話をしたと思います。

     
     なお,今は,まだ年内です。

     多くの受験生の皆さんが平成29年度における合格を勝ち取ることができる勉強の再開時期です。

     こんな年内から,出題予想なんて気にする必要はありません。

     もっとも,僕は,出題可能性が高い論点と低い論点をリストアップして,その中間論点出題可能性が高いともいえないし,低いともいえない論点)の説明に全力を挙げているところです。

     
     僕は,この中間論点をどれぐらい習得できるかが,合否を左右すると確信しています。


     中間論点の話は,また今度することにしましょう。


     では,また。
      
     
     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!「中間論点」の概念を初めて知った皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村 

    スポンサーサイト