このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    第三者の差押えによる元本の確定
    【新しい電子書籍】


    □ 民法の重要判例(平成10年-平成28年)  NEW!!!
              DLmarketで購入


    □ 司法書士試験の過去問【平成28年度択一式試験】  NEW!!!
              DLmarketで購入


    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降) NEW!!!
    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降) NEW!!!
    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】 NEW!!!


    □ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度) 
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。


     平成28年(2016年)11月6日17時45分までに,
     記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)をご購入いただいた皆さんへ


     記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)のPDFファイルの一部に文字消えがあることが発覚しました。
     つきましては,文字化けのないファイルをお送りさせていただきますので,ブログのコメント欄にて,メールアドレスをお教えください。
     コメントをいただく際には,注文番号も併せてお教えください。
     また,「管理者にだけ表示を許可する」にチェックをしてください。
     コメントをいただく記事は,どの記事でも良いです。
     【追記】 おそらくですが,再度ダウンロード作業をしていただき,ファイル名が「NkijutsukakomonS57-H9」であれば,文字消えのないファイルです。一度お試しいただければと思います。
     お手数ですが,よろしくお願いします。
     なお,現在は,文字消えのないファイルをダウンロードしていただけます。

    □ 平成29年度司法書士試験対策 事実関係に関する補足・答案作成に当たっての注意事項集
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

    □ 株主リスト関係改正の解説 Ver.2.0
              DLmarketで購入
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正を完全解説。法務省発表の書式例・記載例も収録。Ver.2.0においては,平28.6.23民商99号にも対応させ,更に,申請書への記載方法を示しています。
     Ver.1.0をご購入いただいた皆さん,株主リスト関係改正の解説【補足】をダウンロードしていただき,併せてお使いください。

    □ 株主リスト関係通達完全対応問題集
              DLmarketで購入 
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正についての登記先例をベースに一問一答問題集化。
     








     
     こんばんは@渋谷です。

     今回は,「第三者の差押えによる元本の確定」について。

     僕は,平成26年度の不動産登記法の記述式問題は,素晴らしい問題だと考えています。

     それは,登記名義人が同一の住所地に戻った場合には名変登記が不要という論点が出題されているからではなく,【事実関係】に2つのストーリーが用意されているからです。

     すなわち,平成26年度の不動産登記法の記述式問題においては,根抵当権者自身が物上代位による差押えをするとともに,第三者が抵当不動産に対して強制競売による差押えをしています。

     正解のストーリーは,根抵当権者による物上代位による差押えの効力が先に発生するため,これにより当該根抵当権の元本が確定し,第三者の抵当不動産に対する強制競売による差押えによる元本の確定は,フェイクです。

     でも,根抵当権者による「物上代位」による差押えが元本の確定事由だとは思わなかった受験生の方は,不正解のストーリーである,第三者の抵当不動産に対する強制競売による差押えにより当該根抵当権の元本が確定すると考えてしまうことになります。

     この不正解のストーリーは,極めて「現実的」であり,一度その道に進むと,二度と戻って来ることができません。


     根抵当権者が物上代位による差押えをした場合,当該根抵当権の元本は確定する(民法398条の20第1項1号)。




     たったこれだけの知識が知らないことが,致命的なミスとなります。

     ちなみに,物上代位は,債権執行の手続で行われるため(民事執行法193条1項後段),抵当不動産に対して差押えの登記が嘱託されることはなく,登記記録上元本の確定が明らかにならないため,必ず,元本の確定の登記を要します。

     このように,平成26年度においては不正解のストーリーとなってしまった,第三者の抵当不動産に対する強制競売による差押えによる元本の確定ですが,平成29年度での合格を考える上では,根抵当権者の物上代位による差押えによる元本の確定より重要です。

     そこで,平成26年度の問題を加工してみました。


    H26-36-1.jpg
    H26-36-2.jpg


     平成26年度の不動産登記法の記述式問題の問題文から,根抵当権者である株式会社ABC銀行がした物上代位による差押えに関する事実関係を削除してみました。

     この加工後の記述式問題を解いて,第三者の差押えによる元本の確定の論点をご確認いただければと思います。


     …。


     上記が抜粋であり,解きにくいでしょうから,以下から記述式問題をダウンロードしてください。

     平成26年度司法書士試験問題


     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!応援クリックもありがとうございます!!不動産登記法の記述式問題で出題可能性が高い論点を知ることができた皆さん,クリックお願いします!!!問題文加工遊び,ほんまに楽しいわ~!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村 

    スポンサーサイト