このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    出題可能性が高い名変論点4選
    【新しい電子書籍】


    □ 民法の重要判例(平成10年-平成28年)  NEW!!!
              DLmarketで購入

    □ 司法書士試験の過去問【平成28年度択一式試験】  NEW!!!
              DLmarketで購入

    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降) NEW!!!
    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降) NEW!!!
    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】 NEW!!!

    □ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度) 
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。
     
    □ 平成29年度司法書士試験対策 事実関係に関する補足・答案作成に当たっての注意事項集
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

    □ 株主リスト関係改正の解説 Ver.2.0
              DLmarketで購入
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正を完全解説。法務省発表の書式例・記載例も収録。Ver.2.0においては,平28.6.23民商99号にも対応させ,更に,申請書への記載方法を示しています。
     Ver.1.0をご購入いただいた皆さん,株主リスト関係改正の解説【補足】をダウンロードしていただき,併せてお使いください。

    □ 株主リスト関係通達完全対応問題集
              DLmarketで購入 
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正についての登記先例をベースに一問一答問題集化。
     







     
     こんばんは@渋谷です。

     今週から朝の講義がなく,ホテルで資料作成をしまくってからの講義2コマでした。

     夜の択一式対策講座【実践編】会社法・商業登記法第4回の講義では,外国会社特例有限会社更正の登記や登記の抹消を説明しました。

     僕は,こういう論点が大好きです。


     



     では,予告どおり,出題可能性が高い論点4選をやりましょう。
     

    1 数次に住所移転があった場合の取扱い

     択一式問題では,平成21年度午後の部第27問オで出題されたことがある論点です。

    H21-pm27.jpg

     具体的には…

     …

     こんな重要な論点を,この記事で初めて説明するなんてあり得ません。
     
     この論点については,以下のシリーズをご参照ください。

    【数次に住所移転した場合の取扱い】

     数次に住所移転した場合の取扱い(1)
     数次に住所移転した場合の取扱い(2)
     数次に住所移転した場合の取扱い(3) 
     [補論]数次に住所移転した場合の取扱い








    2 登記名義人の表示の「更正」の登記

     「名変」ではなく,「名更」は,一度だけ出題されたことがあります。
     
     この論点については,以下の記事をご参照ください。

      名変登記の論点に一番近いあの論点(2・完) 






    3 行政区画の変更が合った場合の取扱い

     超重要先例である平22.11.1民二2759号を題材とする択一式問題は,その根抵当権部分が平成26年度午後の部第23問ウに,名変登記部分が平成28年度午後の部第27問ウに,それぞれ出題されています。

    【平成26年度午後の部第23問ウ】
    H26-pm23.jpg


    【平成28年度午後の部第27問ウ】
    H28-pm27.jpg


     この論点については,以下の記事をご参照ください。

      行政区画の変更に伴う登記名義人等の住所の変更に係る登記事務の取扱いについて(平22.11.1民二2759号)

     ちなみに,僕が思う本試験って,記述式問題では,平成22年先例を出題せず,地番変更を「伴う」行政区画の変更があった場合の取扱いである気がします。

     地番変更を伴う行政区画の変更があった場合の登記手続については,また今度説明します。 






    4 *****

     最後の論点については…

     実は,まだがっつり説明したことがありません。

     その論点は,以下のバナーをクリックするとご覧いただけます。
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    290327kaitou.jpg


     



     直前期の記述式問題対策は,なかなか難しいです。

     多くの受験生の方は,「1日1問演習」という対策をしているのではないでしょうか?

     その理由は,「記述式感覚に鈍る」からだと思いますが,多くの知識をできるだけ詰め込んでいかなければならない,とにかく時間が足りないこの時期に,「1日1問演習」という対策は,効率的ではありません。

     もう少し演習量や演習時間を減らし,補足事項や注意事項のうち定型的なものを確認したり,不動産登記法,会社法及び商業登記法のテキストで記述式問題で出題され得る論点につき記述式問題での出題をイメージしたりすることが大切です。

     あとは,この時期の皆さんだからこそできる,解答時の「無駄の排除」。


     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!応援クリックよろしくお願いします!!「出題可能性が高い名変論点4選」が分かった皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト