このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    不動産登記法の記述式問題の答案用紙の解答欄の数に関するルール(2)
    【新しい電子書籍】

    □ 法定相続情報証明制度の解説  
              DLmarketで購入
    □ 性犯罪規定に係る改正の解説
              DLmarketで購入 




    【夏のイベント】

    0 電話個別相談会

     初めての試みでしたが,無事終了しました。
     第2回の実施も検討させていただきます!


    1 2017年度本試験分析&2018年度本試験攻略法
     動画:  2017年度本試験分析会&2018年度本試験攻略法
     ※ 音声にご注意ください。

    2 平成29年度本試験分析と記述式問題の解法

     今年も無事終了しました。
     ご参加いただいた全ての皆さんに感謝申し上げます。


    3 中上級者のための合格の方法論
      動画: 中上級者のための合格の方法論
     * 音声にご注意ください。

    4 憲法・刑法の攻略法
      動画: 憲法・刑法の攻略法 
     * 音声にご注意ください。

    5 択一式対策講座【理論編】民法第1回 無料公開講座
      動画: 択一式対策講座【理論編】民法第1回
      * 音声にご注意ください。

    6 秋から始める2018年本試験対策
      動画: 秋から始める2018年本試験対策
      * 音声にご注意ください。
     

    【担当講座】

    1 上級総合本科生 / 上級総合パック

    2 択一式対策講座【理論編】

    3 パーフェクト講座 憲法・刑法

    4 記述式対策講座

    5 重要先例 総Check講座

    6 択一式対策講座【実践編】


     リンク先をお読みいただくほか,コメント欄にて,何でもご質問ください。




      
     
     こんばんは@自宅です。


     今日は,「早稲田合格答練を活用した合格への戦略!」という無料公開セミナーでした。

     冒頭では,この記事で示した平成30年度司法書士試験の怖さを,より詳細なデータとともにご紹介しました。

     また動画が公開されましたら,お知らせします。






     最近,合格者の方や受験生の方から,記述式問題の答案用紙の開示請求の方法についてお問い合わせをいただきます。

     そこで,その方法について書かれた2本の記事を紹介させていただくことをもって,回答とさせていただきます。

     『採点前書式答案の開示請求の手順と法務省データ』:守屋裕介さん
     司法書士試験筆記試験の記述答案の開示請求の仕方(参考)







     続きをやりましょう。

     不動産登記法の記述式問題の答案用紙の解答欄の数に関するルールの確認です。

     不動産登記法の記述式問題の答案用紙の解答欄の数に関するルール(1)


    1 申請すると考えた登記の数が,答案用紙の解答欄の数よりも多い場合

    2 申請すると考えた登記の数が,答案用紙の解答欄の数よりも少ない場合




     1つずつ確認しましょう。


    1 申請すると考えた登記の数が,答案用紙の解答欄の数よりも多い場合




     この場合を簡単にいえば,解答欄が足りないという状態,例えば,自分は3件申請すると考えたが,答案用紙には2件分の解答欄しかないという場合です。

     実は,このような場合は,ほとんどありません

     もちろん,平成29年度司法書士試験もこのような場合ではありません。

     したがって,平成29年度においては,名変登記の後に申請すべき登記は,所有権の更正の登記だけであり,「解答は求められていないが,実は,問われていないところで,遺産分割を原因とする持分の移転の登記を申請する。」という考え方は,成り立ちません。

     では,不動産登記法の記述式問題の答案用紙の解答欄の数に関するルールの発表です。

     申請すると考えた登記の数が,答案用紙の解答欄の数よりも多い場合,問題文には,以下の指示があります。


    1 申請した登記が2件以上となる場合は,1番目に申請した登記を記載しなさい【H28】。
    2 登記の申請が2件以上の連件であった場合には,1件目と2件目の申請情報を,その順番に従って記載しなさい【H20】。




     このルールを知っていれば,事実関係に関する補足や答案作成に当たっての注意事項において,解答欄が足りなくなり得る問題であるかをあらかじめ知ることができます。

     次回は,「2 申請すると考えた登記の数が,答案用紙の解答欄の数よりも少ない場合」です。


     では,また。 


    ↓ ルールの重要性が確認できた皆さん,クリックお願いします!!!頑張りましょう!!! 
     にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト