FC2ブログ
    このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    2018目標択一式対策講座【理論編】ズバリ的中
    <夏のイベント等>

    【本試験分析セミナー】
    7/1(日) 本試験当日
    TAC水道橋校 17:30~19:00 

    動画公開: 平成30年度 本試験解答解説会

    【本試験分析セミナー 2018年度本試験分析&2019年度本試験攻略法】
    7/8(日) TAC渋谷校 10:30~12:30 
    7/19(木) TAC梅田校 18:30~20:30 
    動画公開: お待ちください。


    【姫野の電話個別相談会】
    枠の残りについては,後記リンク先をご確認ください。
    7/16(月・祝) 16:30~,16:50~,17:10~,17:30~,17:50~,18:10~,18:30~,18:50~,19:10~
    【追加】 7/17(火) 10:00~,10:20~,10:40~,11:00~,11:20~,11:40~,12:00~,12:20~,12:40~,14:00~,14:20~,14:40~,15:00~,15:20~,15:40~
    8/17(金) 15:00~,15:20~,15:40~,16:00~,16:20~,16:40~
    8/18(土) 17:30~,17:50~,18:10~,18:30~,18:50~,19:10~
    8/24(金) 15:00~,15:20~,15:40~,16:00~,16:20~,16:40~
    8/31(金) 15:00~,15:20~,15:40~,16:00~,16:20~,16:40~
    * Web予約受付期間 7/1(日)17:00~各実施日前日の正午(12時)まで
     → Web予約システム

    【姫野寛之 全国出張セミナー 「平成30年度本試験分析と記述式問題の解法」】
    7/28(土) TAC福岡校 11:00~12:30
    7/28(土) TAC熊本校 16:00~17:30
    7/29(日) TAC福山校 13:00~14:30
    8/5(日) TAC大分校 13:00~14:30
    8/19(日) TAC高松校 13:00~14:30
    9/2(日) TAC金沢校 13:00~14:30

    【近未来の改正法の概要等】
    7/16(月・祝) TAC渋谷校 14:00~15:30

    【中上級者のための合格の方法論】
    TAC渋谷校 8/4(土)14:00~15:30 (姫野寛之講師)

    【憲法・刑法の攻略法】
    8/25(土) TAC渋谷校 17:30~18:30


    【新しい電子書籍】

    □ 異なる方法で代表取締役が選定された場合における代表取締役の地位の変動
              DLmarketで購入

    □ 答案作成上のポイント
              DLmarketで購入

    □ 名変登記の処理手順【セット】
              DLmarketで購入

    □ 司法書士試験の過去問【平成29年度択一式試験】
              DLmarketで購入

    □ 司法書士試験の過去問【平成11年度から平成28年度までの択一式試験】
             DLmarketで購入
     この電子書籍については,「【電子書籍】司法書士試験の過去問【平成11年度から平成28年度までの択一式試験】」をご参照ください。

    □ 民法の重要判例(平成10年-平成29年)
              DLmarketで購入
    □ 法定相続情報証明制度の解説  
              DLmarketで購入
    □ 性犯罪規定に係る改正の解説
              DLmarketで購入 




    【無料公開セミナーの動画】
    1 憲法・刑法の攻略法
      動画: 憲法・刑法の攻略法 
     * 音声にご注意ください。

    2 択一式対策講座【理論編】民法第1回 無料公開講座
      動画: 択一式対策講座【理論編】民法第1回
      * 音声にご注意ください。

    3 秋から始める2018年本試験対策
      動画: 秋から始める2018年本試験対策
      * 音声にご注意ください。

    4 早稲田合格答練を活用した合格の戦略!
      動画: 早稲田合格答練を活用した合格の戦略!
      * 音声にご注意ください。

     
    【担当講座】
    1 上級総合本科生 / 上級総合パック

    2 択一式対策講座【理論編】

    3 パーフェクト講座 憲法・刑法

    4 記述式対策講座

    5 重要先例 総Check講座

    6 択一式対策講座【実践編】


    7 択一予想論点マスター講座

    8 予想論点ファイナルチェック



    【本試験分析セミナー 2018年度本試験分析&2019年度本試験攻略法】
    honshikenbunsekiseminar.jpg
    * クリックすると,TAC/WセミナーのHPに移動します。






     こんにちは。

     まずは,昨日の記事を紹介させてください。


     電話個別相談会の追加日程とコメント欄の開放
     

     次に,本題です。


     毎年恒例のご報告です。

     TACで僕が担当する中上級講座・択一式対策講座【理論編】の受講をご検討いただいている皆さんからのコメントも多くなってきたので,択一式対策講座【理論編】ズバリ的中をここで提示させていただきます。


     提示するのは,平成26年度から平成30年度までの5年度分です。

     いつも熱心に読んでいただいている皆さんなので言いますが,「講座の教材で何問正解できたか?」という情報について,別の教材を加えたものを示したり,嘘をつく講師もいますので,こういう情報を聞いたり見たりする際には,ご注意ください。

     例えば,平成30年度午前の部第20問エは,以下のような問題です。


     夫婦の一方は,夫婦の日常の家事に関する法律行為について,配偶者による代理権の授与がなくても,配偶者を代理してその法律行為をする権限を有する。



     
     正誤は,「○」であり,根拠となるのは次のような要旨の判例です。

     

     夫婦の一方が同条所定の日常の家事に関する代理権の範囲を超えて第三者と法律行為をした場合においては,その代理権を基礎として一般的に110条所定の表見代理の成立を肯定すべきではなく,その行為の相手方である第三者においてその行為がその夫婦の日常の家事に関する法律行為に属すると信ずるにつき正当の理由のあるときに限り,同条の趣旨を類推して第三者の保護をはかるべきである(最判昭44.12.18)。




     この判例は,平成18年度午前の部第4問エや,平成6年度一次試験第4問ウでも出題されていますが,いずれも,この要旨を問うものであり,平成30年度午前の部第20問エの正誤を判断することはできないと思います。

     つまり,上記の要旨がテキストに掲載されているだけでは,平成30年度午前の部第20問エを的中させたことにはなりません

     なお,択一式対策講座【理論編】のテキストには,次のように掲載されています。


    takuitsuriron4748.jpg


     
     では,択一式対策講座【理論編】ズバリ的中をご覧ください。


    【択一式対策講座【理論編】ズバリ的中】

     2014年合格目標 択一式対策講座【理論編】 ズバリ的中表
     2015年合格目標 択一式対策講座【理論編】 ズバリ的中表
     2016年合格目標 択一式対策講座【理論編】 ズバリ的中表
     2017年合格目標 択一式対策講座【理論編】 ズバリ的中表
     2018年合格目標 択一式対策講座【理論編】 ズバリ的中表←平成30年度司法書士試験です。 




     択一式対策講座【理論編】のテキストは,出題される可能性がある範囲を徹底的に分析して作成したテキストです。 

     必要な条文の知識や過去問の知識,押さえておくべき未出の知識は,全てあらかじめ挿入していますので,あとは,繰り返すだけです。

     足りないなんてことはあり得ませんし,特に講義で追加するものを除き,新たな知識(例えば,答練・模試で出題された知識等)を挿入することは,禁止させていただいております。

     受験生の方の迷いは,「足りるか足りないか?」ではなく,「覚えられるか覚えられないか?」にあるべきで,「足りるか足りないか?」を迷わせた時点で,テキストとして終わりです。

     きっちり必要な知識が何かを示した上で,理解と暗記に集中していただきます。

     受験生の方によっては,「分量が多い」と思われる方もいると思いますが,六法分や過去問分も含んでいますし,本試験まで毎回全部を読むわけではなく,出題可能性や読んだ回数により分量は減少します。


     「基本的な知識を繰り返す。」という受験生の方を納得させる魔法の言葉があります。

     
     でも,何が「基本的な知識」か自体難しいです(既出の発展的知識もあるし,未出の基礎的知識もある。)。

     例えば,平成29年度午後の部第13問オでは,「不動産質権者である株式会社の清算結了を証する閉鎖事項証明書」が「不動産登記法第70条第3項後段の規定に基づく質権の登記の抹消」の申請情報と併せて提供すべき登記原因証明情報になるか否かを問う問題が出題されました。

     「不動産質権者である株式会社の清算結了を証する閉鎖事項証明書」では所在が不明でないことが明らかであるとして,これを「基礎的な知識」と扱う予備校が多いと思いますが,そもそも,所在不明情報は,登記原因証明情報ではないし,登記原因証明情報の一部にもなりません(河合芳光「逐条 不動産登記令」P212)。
     
     これを知ると,「発展的な知識」と思うかもしれません。

     でも,この知識って,平成24年度の不動産登記法の記述式問題で出題されているところ,過去に出題されていると考えたら,やはり「基本的な知識」ということになりますか?


     仮に,「基本的な知識」を「過去問の知識」だと定義しても「一般的なテキストに掲載のある知識」だと定義しても,基本的な知識だけを繰り返して合格できる試験なら,あんなに難しい試験にならないし,合格率はもっと高くなるはずです。

     また,応用的な知識(ここでは,過去問の知識以外の知識と定義しておきます。)がないと合格できないことは,ずっと前から明らかです。


     皆さん,予備校に騙されないでください。


     …。


     おっと,僕も予備校の人間だ。


     でも,僕は,合格に必要な知識量を誤信させませんし,司法書士試験を必要以上に簡単に思わせるようなことはしません。

     司法書士試験は,博打ではありません

     確実に合格するための対策を示すことが,何より大切だと考えています。


     では,また。
     

     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!業界ナンバー1の的中率・網羅率に,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト