FC2ブログ
    このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    抵当権の効力の及ぶ範囲(付加一体物)の攻略(4)
    <夏のイベント等>

    【本試験分析セミナー】
    動画公開: 平成30年度 本試験解答解説会

    【本試験分析セミナー 2018年度本試験分析&2019年度本試験攻略法】
    動画公開: 2018年度本試験分析&2019年度本試験攻略法

    【近時の改正法の概要】
    動画公開: 近時の改正法の概要

    【中上級者のための合格の方法論】
    動画公開: 中上級者のための合格の方法論

    【憲法・刑法の攻略法】
    動画公開: 憲法・刑法の攻略法
      * 音声にご注意ください。

    【無料公開講座・体験講義の動画】
    択一式対策講座【理論編】民法第1回 体験講義
      動画: 択一式対策講座【理論編】民法 第1回 体験講義
      * 音声にご注意ください。


    【新しい電子書籍】

    □ 民法(相続関係)改正一問一答問題集
              DLmarketで購入

    □ 異なる方法で代表取締役が選定された場合における代表取締役の地位の変動
              DLmarketで購入

    □ 名変登記の処理手順【セット】
              DLmarketで購入

    □ 司法書士試験の過去問【平成29年度択一式試験】
              DLmarketで購入

    □ 司法書士試験の過去問【平成11年度から平成28年度までの択一式試験】
             DLmarketで購入
     この電子書籍については,「【電子書籍】司法書士試験の過去問【平成11年度から平成28年度までの択一式試験】」をご参照ください。

    □ 司法書士試験の過去問【民法(相続関係)改正の影響がある年度パック(平成11年度以降)】
              DLmarketで購入



    □ 民法の重要判例(平成10年-平成29年)
              DLmarketで購入
    □ 法定相続情報証明制度の解説  
              DLmarketで購入
    □ 性犯罪規定に係る改正の解説
              DLmarketで購入 



     
    【担当講座】
    1 上級総合本科生 / 上級総合パック

    2 択一式対策講座【理論編】

    3 パーフェクト講座 憲法・刑法

    4 記述式対策講座

    5 重要先例 総Check講座

    6 択一式対策講座【実践編】


    7 択一予想論点マスター講座

    8 予想論点ファイナルチェック





     
     おはようございます。

     続きをやりましょう。


     抵当権の効力の及ぶ範囲(付加一体物)の攻略(1)
     抵当権の効力の及ぶ範囲(付加一体物)の攻略(2)
     抵当権の効力の及ぶ範囲(付加一体物)の攻略(3)


     まずは,前回出題した問題の解説です。 

     以下の1から5までの目的物のうち,付合物はどれでしょう?


    【平成21年度午前の部第13問】

    1 抵当不動産が建物である場合に,その抵当権設定者が抵当権の設定後に取り替えた畳
    2 抵当不動産が土地である場合に,その抵当権設定者が抵当権の設定前に植栽した樹木
    3 抵当不動産がガソリンスタンドの店舗用建物である場合に,同建物内の設備と管によって連通し,同建物に近接して設置され,同建物でのガソリンスタンドの営業のために使用していた地下タンク
    4 抵当不動産が土地である場合に,抵当権の設定後に,債務不履行があった後に生じた当該土地上の稲立毛
    5 抵当不動産が土地である場合に,その土地の地上権者が植栽した樹木




     解答と解説は,次のとおりです。


    1 付合物ではなく,従物である(87条,大判大8.3.15)。
    2 付合物である(242条本文)。
    3 従物である(87条,最判平2.4.19)。
    4 付合物ではない。従物でもない。果実である(371条)。
    5 付合物である(242条ただし書)。




     



     皆さん,ちゃんと付合物を判断することができるようになりましたか?

     では,この論点の解法を提示しましょう。

     最初に扱った過去問である平成9年度一次試験第14問に示された学説(「命題」として示されています。)は,次のとおりです。

     

    (命題)
    X 民法第370条にいう「不動産に付加して一体となっている物」とは,民法第242条にいう「不動産に従として付合した物」と同じ範囲の物をいう。
    Y 民法第370条にいう「不動産に付加して一体となっている物」とは,民法第242条にいう「不動産に従として付合した物」と民法第87条にいう「従物」を併せた範囲の物をいう。




     次に扱った過去問である平成14年度一次試験第5問に示された学説は,次のとおりです。


    甲説: 民法第370条本文の「付加して一体となっている物」(付加一体物)は,同法第242条の「従として付合した物」(付合物)と同義であり,同法第87条の従物を含まない。ただし,抵当権設定当時の目的不動産の従物には,抵当権の効力が及ぶ。
    乙説: 民法第370条本文の付加一体物には,同法第242条の付合物のみならず,同法第87条の従物も合まれる。




     前回扱った過去問である平成21年度午前の部第13問に示された学説は,次のとおりです。


    甲説:民法第370条本文の「付加して一体となっている物」とは,同法第242条の「従として付合した物」のみならず,同法第87条の「従物」も含む。
    乙説:民法第370条本文の「付加して一体となっている物」とは,同法第242条の「従として付合した物」のみを指し,同法第87条の「従物」を含まないが,主物に対する抵当権の設定は,同条第2項の「主物の処分」に当たる。



     
     いかがでしょう?

     学説の一部を太字にしてみましたが,解法に気付けましたか?


      「抵当権の効力の及ぶ範囲を題材とする問題に対する解法」は,以下のバナーをクリックすると,見ることができます(反映が遅れている場合もあります。)。
     にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村
       290327kaitou.jpg


    スポンサーサイト