このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    クリスマス
     こんばんは@渋谷です。

     今日は講義はなかったのですが、明日の講義が朝・昼なので、前日である今日に渋谷に来ました。

     東海道新幹線、めちゃ遅れていたので、ずっとデッキで立っていたのですが、結構な苦行ですね。

     明後日はクリスマスイブで、明々後日はクリスマスですが、皆さん、何か予定はありますか?

     受験生にクリスマスなどないと言い切って、勉強しないと合格できないとまで言う講師もいますが、僕は全然違う考え方です。

     クリスマスに勉強しないと合格できないなどということは、あり得ない。その他の正月とかゴールデンウィークとかも同じ。常識的に考えれば分かることです。受験生にとっては大切な1日かもしれませんが、たかが1日です(ゴールデンウィークは違いますが。)。他の日でカバーすることは十分可能です。

     受験生の方によっては、クリスマスとかに勉強しないというその姿勢が不合格を呼び込むと考えてしまうかもしれませんが、それも僕からすればあり得ません。自分で確保した時間にしっかり集中して勉強すれば良いわけで、遊ぶ=司法書士試験に対する姿勢が悪い、ということにはなりません。宗教的な話になるのかもしれませんが、僕は神などいないと思っています。神がいたら、戦争起きないし、地震もないし、津波もないはずです。そもそも、人間など創造しないでしょう。ちなみに、奇跡はあると思ってますし、幽霊はいると思っています。だから、ホラーが大好きです。

     話を戻そうと思ったのですが、それほど話が広がらないので最後にまとめておきますと、今日言いたかったことは、僕は、択一式対策講座【理論編】民事訴訟法等のライブ受講生の方が明後日休んだ場合には、めっちゃ怒るということです。とか本音では言ってみたりしたいのですが、とにかく皆さんが良いクリスマスを過ごされることを願っております。

     では、また。

    【現在進行中の企画】
    <絶対会社法>
     絶対会社法 第1回
     絶対会社法 第2回
     
    【真正面から平成24年度対策の電子書籍】
    □ 過去問分析の方法論 会社法・商業登記法 Ⅲ [平成18年度分] 
    □ 過去問分析の方法論 会社法・商業登記法 Ⅲ [平成19年度分] 
    □ 過去問分析の方法論 会社法・商業登記法 Ⅲ [平成20年度分] 
    □ 平成24年供託規則の一部改正の解説
    □ 平成23年民訴法及び民保法の一部改正の解説
    □ 平成24年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降)
    □ 平成24年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降)
    □ 会社法施行後の判例集(平成23年9月12日版)
    □ 平成24年度対策 商業登記法の記述式問題における申請代理不可事項
    □ 民法等の一部を改正する法律(児童虐待防止のための親権に係る制度等)の解説
    □ 平成24年度対策 法人法基本通達完全対応問題集
    □ 動産・債権譲渡特例法のポイント
    □ 平成24年度対策 記述式問題【答案作成上の注意事項集】

    スポンサーサイト