このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    明けましておめでとうございます。

     明けましておめでとうございます。

     本年も宜しくお願いします。

     僕は、今普通に刑法の過去問分析中です。事例問題が多く、しかも、それらの事例問題が判例の趣旨だけ引っ張ってきていて実際の事案とは異なる事例であるため、大変です。司法書士試験の科目の中では最も浮いている科目であり、かつ、近年少しずつ難易度が上がっている刑法をどう制するかは、時間との兼ね合いもあり、難しいところです。

     年賀状とともに、新しい登記情報がやってきました。

     中を見ると、山本先生の『平成23年度司法書士試験より』という記事がありまして、年賀状よりも早く読ませていただきました。山本先生は、平成23年度の商業登記法の記述式問題を『推理小説型の出題』と表現され、出題されている論点も『基本の範囲で好感がもてる』と評価されています。おそらく試験委員も見ているであろう登記情報にこのような褒め言葉をもらった試験委員は、平成24年度においても『推理小説型の出題』をしてくる可能性がありますね(ただ、僕個人としては、『同じ出題形式では出題されない。』というのを基本方針としています。)。

     受験生の皆さん、平成24年度司法書士試験において最高の結果を得られるよう、できる範囲で最大限の努力をしてください。自分を信じることは難しいことだと思いますが、自分を軽視しないことはまだできると思います。自分を軽視せず、ちゃんと褒めてあげつつ、前に進めていきましょう。

     では、また。

    【現在進行中の企画】
    <絶対会社法>
     絶対会社法 第1回
     絶対会社法 第2回
     
    【真正面から平成24年度対策の電子書籍】
    □ 平成24年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】
    □ 憲法の出題実績と重要論点の列挙
    □ 過去問分析の方法論 会社法・商業登記法 Ⅲ [平成18年度分] 
    □ 過去問分析の方法論 会社法・商業登記法 Ⅲ [平成19年度分] 
    □ 過去問分析の方法論 会社法・商業登記法 Ⅲ [平成20年度分] 
    □ 平成24年供託規則の一部改正の解説
    □ 平成23年民訴法及び民保法の一部改正の解説
    □ 平成24年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降)
    □ 平成24年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降)
    □ 会社法施行後の判例集(平成23年9月12日版)
    □ 平成24年度対策 商業登記法の記述式問題における申請代理不可事項
    □ 民法等の一部を改正する法律(児童虐待防止のための親権に係る制度等)の解説
    □ 平成24年度対策 法人法基本通達完全対応問題集
    □ 動産・債権譲渡特例法のポイント
    □ 平成24年度対策 記述式問題【答案作成上の注意事項集】

    スポンサーサイト