このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    記述式問題解答中の【無駄】
     こんばんは。

     さっき自宅に帰ってきました。

     ゴールデンウィーク後半,新幹線はめちゃ混んでいて,更にパソコンがない苦痛から,ずっと寝ていました。来週からは絶対忘れないようにするために,新しいノートパソコンでも買ってやろうかと思っています。

     昨日予告した,

     記述式問題解答中の【無駄】

     ですが,

     いきなり無駄な箇所を指摘されても,あまり効果がないと思うので,皆さん,明日までに,時間があるときで良いので,皆さんが記述式問題を解いた経験の中で,『これは無駄だな』と思う点を考えてみてください。

     ここだけの話,僕は,多くの受験生の方が強迫観念の下に行っている答案構成をすること自体が無駄だと思うのですが,普段答案構成をする方はそれをしなくなると点数が下がるかもしれないので,今回は,答案構成の要否については除外しておきます。ただ,1点だけ。午後の部の時間が足りなくなった場合に,それが答案構成をしたせいだとは考えないのはなぜでしょう?

     では,また。

     ゴールデンウィークに勉強の貯金ができるほど,ゴールデンウィークは使えませんよね。特に社会人の方は家族サービスがあったり,普段の疲れを癒さなければならないので。じゃあ,どうするか?仕方ないと諦めましょう。また今晩から,明日から,明後日から,過去問演習を丁寧に機械のごとく【とりあえず頑張り】ましょう。この方法,絶対間違ってませんからね。
     

    【真正面から平成24年度対策の電子書籍】
    □ 平成24年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】
    □ 憲法の出題実績と重要論点の列挙
    □ 過去問分析の方法論 会社法・商業登記法 Ⅲ [平成18年度分] 
    □ 過去問分析の方法論 会社法・商業登記法 Ⅲ [平成19年度分] 
    □ 過去問分析の方法論 会社法・商業登記法 Ⅲ [平成20年度分] 
    □ 平成24年供託規則の一部改正の解説
    □ 平成23年民訴法及び民保法の一部改正の解説
    □ 平成24年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降)
    □ 平成24年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降)
    □ 会社法施行後の判例集(平成23年9月12日版)
    □ 平成24年度対策 商業登記法の記述式問題における申請代理不可事項
    □ 民法等の一部を改正する法律(児童虐待防止のための親権に係る制度等)の解説
    □ 平成24年度対策 法人法基本通達完全対応問題集
    □ 動産・債権譲渡特例法のポイント
    □ 平成24年度対策 記述式問題【答案作成上の注意事項集】

    スポンサーサイト