このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    こんな時こそ
    sihoushosi.png

     こんばんは。少し日が経ってしまいました。

     先の金曜日は,日帰りで渋谷で講義でした。

     いよいよ直前重要論点解説講座も終了し,あとは,模試第3回のライブ解説を残すだけになりました。そのライブ解説は明日の夜でして,これをもって,僕の平成24年度司法書士試験対策のための講座はすべて終了となり,僕は,恥ずかしながら,小学生よりも長い夏休みに入ります。誤解がないように書いておきますが,『夏休み=講義がない』という意味です。

     いえ,正確にいえば,『講義がない』は,嘘ですね。解答速報会も講義ですし,本試験解説も色々な場所で実施しますし(これについては,本試験後にお知らせします。)。

     解答速報会といえば,金曜日の講義後,渋谷校にて,解答速報会に(広い意味で)参加する講師等が集まって当日の打合せをしました。今年は,択一の解答例だけでなく,記述の解答例も配布しますので,どのように解答例を作成していくのか,綿密に打合せしました。解答速報会って,『問題次第』ってとこがあるかもしれませんが,僕は,『僕に解けない問題など絶対に出ない』って言い切れるので,完璧な解答速報会にすることをお約束します。前にも言いましたが,僕らは,映像の垂れ流しなんかしないし,また,バスで皆さんをどこから移動させるなんてこともしませんからご安心を。

     本当のことを言えば,解答速報会は速やかに終わらせて,あとは用意されたビールと軽食でお疲れ会を実施するのが良いと思うんですが,そんなバブリーなことは,なかなかできませんね。思い起こせば,昔,京都校で講義をしていた頃はやったことがある気がします。次,藤岡先生(梅田校・京都校担当)に会ったら訊いてみよう。

     さて,掲題の『こんな時こそ』ですが,『こんな時こそ過去問』なんてことは,言いませんよ。

     僕が言いたいのは,『こんな時こそよく食べよう。』とか,『こんな時こそよく眠ろう。』という,講師の発言として最悪の部類に属するもの笑

     急に暑くなったし,体力付けとかないと,5時間戦えませんからね。

     そういえば,法務省(なのか,試験委員なのか,民事局第二課司法書士土地家屋調査士係なのか分かりませんが。)は,何でペットボトルの持込みを認める旨の情報を出さないんでしょうね。

     では,以下が今回もアドバイスです。

     【浮き足立つな。】

     何を焦っているんでしょう?

     落ち着いて勉強した場合と落ち着かないで勉強した場合とで,効率が良いのは前者であり,しかも,時間は有限です。どう足掻いても,1年前には戻れないわけですから,浮き足立つことにまったく意味がないんです。焦るだけ無駄です。

     今目の前にあること,もう何でも良いですよ,テキストでも過去問でも六法でも何でも,その教材のうち,出題可能性が高い部分を丁寧に読むこと,これしか対策は要りません。模試の解き直し?要りませんよ。根拠なく言うな?そう思うのであれば,今から平成23年度の各予備校の模試のズバリ的中のデータをご確認ください。それほど出ていない?そう出ないんです,そんなに模試から。意外と出てる?それ,模試に出る以前に頻出論点なんです。

     間に合わないと思ったら,『大丈夫』なんて嘘は自分につかないでくださいね。間に合うわけありませんから。でも,それで良いんです。間に合わない=不合格ではありません。逆ですね。合格者のほとんどは間に合ってないでしょうから,間に合わない=合格です(言いすぎ?)。

     焦ること,間に合わないことを当然の前提として,こつこつ目の前にあることを丁寧にこなしつつ,体力をつけることが大切です。

     では,また。僕も中山先生みたいにコメント欄開放しよっかなー。

    【真正面から平成24年度対策の電子書籍等】

    sihoushosi.png

    □ 平成24年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】
    □ 憲法の出題実績と重要論点の列挙
    □ 過去問分析の方法論 会社法・商業登記法 Ⅲ [平成18年度分] 
    □ 過去問分析の方法論 会社法・商業登記法 Ⅲ [平成19年度分] 
    □ 過去問分析の方法論 会社法・商業登記法 Ⅲ [平成20年度分] 
    □ 平成24年供託規則の一部改正の解説
    □ 平成23年民訴法及び民保法の一部改正の解説
    □ 平成24年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降)
    □ 平成24年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降)
    □ 会社法施行後の判例集(平成23年9月12日版)
    □ 平成24年度対策 商業登記法の記述式問題における申請代理不可事項
    □ 民法等の一部を改正する法律(児童虐待防止のための親権に係る制度等)の解説
    □ 平成24年度対策 法人法基本通達完全対応問題集
    □ 動産・債権譲渡特例法のポイント
    □ 平成24年度対策 記述式問題【答案作成上の注意事項集】


    スポンサーサイト