このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    平成24年度司法書士試験(8)

     こんばんは。

     もうそろそろ,平成24年度司法書士試験関係も,落ち着きましたでしょうか?

     色々な予備校の分析会が実施されていますが,それらは,平成24年度司法書士試験を過去に見ていますか?それとも未来に見ていますか?
     
     『これは過去問に何個設問出題されています?だから正解しなければならなかった!』って講義聴いてただ単に納得していいるだけではダメですよ。

     過去問から出題されるのは当たり前のことです。なぜ当たり前といえるのか,そこまで言い切れる理由は,僕の分析セミナーでお話します。ちなみに,その理由,収録有りの講座では言えません…。そうそう,また今度告知させていただきますが,夏から秋にかけての,梅田,名古屋,福岡,熊本の講義では,ちゃんと説明させていただきます。お楽しみに。ちなみに,他の都市には,行きたくないのではなく,責任者が呼んでくれないから行けないんです。

     過去問から出題されるのが当たり前だということは,受験生の方ほぼ全員過去問演習しますよね?で,全員過去問演習をしっかりやっているのであれば,本試験でも多くの問題で正解できるはずです。それができないのはなぜか?もっと分かりやすくいえば,なぜ過去問をしっかりやっているのに本試験で解けないのか?この部分をちゃんと分析セミナーで講師に説明してもらう必要があります。講師であれば,絶対答えが分かるはずですから,皆さんが受講する分析セミナーで是非担当講師の方に訊いてみてください。

     また,過去問分析の具体的方法についても,訊いた方が良いです。

     過去問分析は,具体的方法は色々ありますが,その必要性は,誰もが認めるところです。

     近いうちに,僕が受験生の頃に行っていた具体的な過去問分析の方法を示したいと思います。この方法,めっちゃ面白いですよ。
     
     本試験分析セミナー
     2012年度本試験分析&2013年度本試験攻略法
     7月16日(祝・月) 15:30~17:30 渋谷校


     では,また。


    スポンサーサイト