このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    昨日は九州

     こんばんは。

     昨日は,僕が講義している予備校の福岡校と熊本校でガイダンスをさせていただきました。

     以下,昨日の流れを。

     朝6時少し前に起床,新大阪に着いたのが7時過ぎだったのですが,予約した新幹線が8時だったので,1時間も余裕がありました。朝ご飯に何気なく買ったおにぎりが,博多に向かうのに明太子味だったということを明確に認識したのは,帰りの新幹線でした。

     新幹線に乗車,いつもは東に向うので,西に向うのは新鮮です。

     ただ寝過ごすと怖いと思い(博多行き新幹線だったので,これは完全な勘違い笑),ずっと起きて仕事していました。

     博多に着いて,飛行機で博多に向っていた事務局の方と,天神で待ち合わせ。

     そのまま福岡校へ。

     ガイダンス開始の1時間前だったので,福岡校内をぶらぶらしたり,ガイダンスをする教室を下見したりしていました。

     時間になって教室に入ると,人がいっぱいでびっくりしました。参加していただいた皆さん,ありがとうございました。自分でもよく分かりませんが,皆さんの温かさのせいか,初めて講義をするのではないような気がして,好き放題色んな話をさせていただきました。

     ガイダンス後,色々な相談をお受けして,時間になったので,熊本校に向かうべく,地下鉄に向かいました。

     福岡校の方には,社交辞令ではない,また来てくださいコールをいただいたので,次こそは観光をするべく,いえ,また福岡の受験生の方に会うべく,絶対行かせていただきます。

     博多から熊本にも,新幹線で移動です。たしか,40分ぐらい? これまたずっと仕事していました。というのは,嘘で,ノートパソコンのバッテリが切れそうだったので,ぼーっとしていました。その中で思い出したことが。博多駅のエスカレーター付近で見た張り紙。何て書いていたのかというと,『エスカレーターは,歩く場所ではありません。』。よく,歩く人のために右側を空けるのか左側を空けるのかって話はありますが(前にも書きましたが,『関西は左を空けるんだ。だから右を空ける東京はおかしい。』と主張する大阪人の皆さん,左を空けるのは,大阪だけですよ。京都も右を空けます。),そもそも歩くことを禁止するんだなと,妙に感心しました。

     熊本に着きました。熊本は,駅と繁華街が離れているそうなので,熊本校の方にお迎えにきていただきました。改札前で,パンフレットを持って待っているという怪しい指令のようなものが出ていたのですが,すぐに分かりました。

     熊本校に着きました。講義では,マイクがないという初めての体験をしたものの,福岡校を上回るアットホームさで,もう熊本に住んでやろうかと思うぐらい,楽しく講義できました。参加していただき,ありがとうございました。

     帰りは,タクシーで熊本駅に向かいます。

     タクシーの運転手の方が話かけてくれました。『出張?最近は便利になったからね~。』というので,僕は,九州新幹線全線開通の話かと思って,『そうですね。』と応えると,その運転手の方は,『江戸時代に比べて。』というので,思わず『そこからですか!?』と突っ込むと,なんと,普通にスルーされまして,熊本城の話になりました。熊本城が好きで好きでたまらないというので,『結構行かれるんですか?』と訊くと,『小学生以来行っていない。』とほざく,いえ,おっしゃるので,『僕は,高校生のときに修学旅行で阿蘇山に行きました。』と,別の話をしておきました。

     熊本駅に着くと,予約していた新幹線の時間が迫っていたので,晩飯を調達しようとしたところ,すぐに見つからなかったので,あなたとコンビにファミリーマートに入り,おにぎりを買いました。

     無事新幹線に乗れて,おにぎりを食べながら気付いたことが2点。

     まず,上記の『博多なのに明太子おにぎり』の事実。帰りのファミリーマートで買ったおにぎりのうち1つも明太子でした。

     次に,本当に,本当に,何もしていないこと。いえ,ガイダンスはしましたが,観光0,お土産0(明太子は生ものなので,買えなくても仕方ないですが。)。でも,思い出は皆さんのおかげで100。

     最後に,思ったこと。

     僕は,渋谷校でライブクラスを担当しているわけですが,そこで収録された講義を,全国各地の校舎で受講していただいているという事実。これは,本当に凄いことなんですね。技術とか,そういうのではなくて,何というか,ライブであろうと,DVDであろうと,インターネットであろうと,どれであろうと関係なく,同じ司法書士試験合格という目標をもって,同じ講座を受講し,時間帯は違えど同じ時間を共有しているというのは,素晴らしいことですし,何より,僕らはつながっているんです。そのつながりは,実際に会うとか,飲み会をするとか,そういうことはなくても,また,意識されないつながりであっても,間違いなく存在するということを,今年行った梅田,名古屋,福岡,熊本における講義で認識することができました。意味分かりませんね,ごめんなさい。

     とにかく僕は,今まで以上に,熱い講義をしようと心に誓いました。分かりやすさも当然として,もっと伝えたいという気持ちが大切なんですね。

     では,また。


    スポンサーサイト