このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    平成24年度司法書士試験口述試験(1)

     こんばんは。

     今日から,数回に分けて,平成24年度司法書士試験口述試験について書こうと思います。

     今回は,一般的な口述試験についての注意事項を。

     まず,口述模試を早めに申し込みましょう。予備校は,合格体験記執筆者等の確保のために口述模試を実施している可能性がありますので(最近口述模試の試験官をさせてもらえないからって,こんな言い方をしているのではありません笑),合格者の皆さんが受講することはできません。

     次に,司法書士法の勉強をしましょう。丸暗記が必要です。

     最後に,遅刻しないようにすることと,待ち時間で飽きないようにしましょう。待ち時間に関しては,一度を耳にしたことがあるように,かなり待たされる場合があります。僕も,数時間待ちましたが,良かった点が2点。まず,喫煙タイム(2回ぐらいあったような…。)にこまめに喫煙に行ったことにより,知り合いができました。次に,時間がおしたため,司法書士法の質問がされた際に張り切って答えようとしたら,『分かっているみたいやし,もうええよ。』って言われた。要は,どっちを選ぶかです(選べません,くじ運です。)。早く帰ることができる反面,しっかり口述させられるか,又は遅く帰らなければならないか,あまり口述させられないか。

     今回は,これぐらいで。

     このテーマでの連載の意味は,明日以降に分かります。

     次回のテーマは,

     『 平成■年■月■日法務省民二秘第■号 』

     では,また。

    スポンサーサイト