このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    平成25年度司法書士試験における確実な合格に向けて
     こんばんは。

     さて,合格発表も終わりましたので,平成25年度司法書士試験における確実な合格に向けて,一歩一歩確実に歩き出しましょう。

     もう早めに歩き出している受験生の方もいますが,今歩き出す受験生の方の多くは,択一式問題の基準点を超えていたはずであり,昨日書いたように,基準点を超えるってことは,ほぼ合格と思って良いので,基準点を超えなかった受験生の方に比べて,有利です。ただし,油断すると,すぐに合格の順番が後れてしまうため,記述式問題対策はもちろんのこと,択一式問題対策もしっかりやっておきましょう。

     では,何から始めるか?

     まずは,敗因分析でしょう。

     平成24年度司法書士試験においては,なぜ自分は,択一式問題の基準点に満たなかったのか,記述式問題の基準点に満たなかったのか,総合点で合格に届かなかったのかなどについて,総論的敗因分析(勉強時間,勉強計画等の分析),各論的敗因分析(強い科目・弱い科目,強い論点・弱い論点)を,それぞれ行ってください。

     ちなみに,僕が講義している予備校の動画チャンネルにおいて,『2012年度本試験分析&2013年度本試験攻略法 』という動画が配信されているので,ぜひ参考にしていただければと思います。

     次に,講座や教材の選定。

     いつもいっていることですが,中上級講座は,単に合格するためではなく,確実に合格するために存在します。言い方は悪いかもしれませんが,お金で時間と合格を買うものだと認識して問題ありません。

     また,教材については,僕は,できるだけ網羅性の高いものをお勧めします。これもいつもいっていることですが,教材については,そこに書かれていることを『覚えることができるのか,できないのか』が最大の悩みだと思います。そうであるのに,網羅性を欠く教材を使うと,上記の悩みに,『この教材にある情報で足りるのか,足りないのか』という余計な悩みが増えてしまいます。




     今週の土曜日(9/29)の10時から開講する不動産登記法は,第1回が無料公開講座となっています。

     例年どおり,第1回には,不動産登記法をマスターする上で他の講座等では語られないとても重要な事項を説明します。

     また,来週の木曜日(10/4)の14時から開講する民法(10月生)は,第1回が無料公開講座となっています。

     平成25年度司法書士試験における確実な合格のためには,民法で絶対的な基盤を作っておく必要があります。

     ぜひ僕が講義している予備校の渋谷校にお越しください。特に,合格発表があったのに,いまいち気が入らないという『正常な受験生』の皆さん,僕が気合い入れてみるので(講義で気合い入らなかったら,ビンタもサービスします。),お気軽にお越しください。

     では,また。 

     
    【過去問解析講座】
     過去問解析講座【ガイダンス】
     過去問解析講座(1)
     過去問解析講座(2)
     過去問解析講座(3)

    【平成25年度の記述式問題対策】
     平成25年度の記述式問題対策(1)
     平成25年度の記述式問題対策(2)
     平成25年度の記述式問題対策(3)
     平成25年度の記述式問題対策(4)


    スポンサーサイト