このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    平成25年度の記述式問題対策(7)

     おはようございます@新幹線です。

     今日から,3泊4日の渋谷出張です。
     10月から続いた週7コマの講義も今週で終わり,来週からは週4コマになります。

     今回は,前回示した不動産登記法の論点に関する出題傾向である【前提登記】のうち,最もポピュラーな登記名義人の表示の変更の登記を取り上げておこうと思います。

     前提登記としての登記名義人の表示の変更の登記の重要性は,平成20年度以降の問題を見れば明らかです。

     ところで,平成20年度の問題において,前提登記としての登記名義人の表示の変更の登記を申請しなければならないことに気付かなかった受験生の方が多かったようです。久しぶりに別紙型の問題が出題されたため,仕方がないともいえますが,ただ,例年の答案作成上の注意事項と異なり,『登記記録の登記名義人の表示に変更はないものとする。』という注意事項がなかったため,このことをちゃんと把握し,『表示に変更があるかもしれない。』と考えれば,気付かないということはないと思います。何が言いたいのかというと,やはり,答案作成上の注意事項を体系的に把握し,その内容をある程度暗記しておくことは,『例年示されてる注意事項の把握に時間がかからない。』というメリットと『初めて示される注意事項の当該問題への影響の把握』というメリットを得ることができるということです。

     話を戻しましょう。前提登記としての登記名義人の表示の変更の登記(以下『前提名変』といいます。)の話です。

     僕は,講義において,この前提名変の論点を3つの類型に分けて押さえておくように指示しています。

     その3つの類型とは,

     1 必要型
     2 省略型
     3 不可型

     です。

     まず,1。これは,分かりますよね。前提名変が必要なパターンです。例えば,所有権の移転の登記を申請する場合において,登記義務者の表示に変更が生じているときです。また,持分放棄を原因とする持分の移転の登記を申請する場合において,登記権利者の表示に変更が生じているときも,これに該当します。

     次に,2。これは,原則的には前提名変が必要ではあるものの,省略することができるとされているパターン。所有権以外の権利の登記(買戻しの特約の登記や所有権に関する仮登記を含みます。)の抹消を申請する場合において,登記義務者の表示に変更が生じているときは,変更を証する情報を提供することにより,前提名変の申請を省略することができます。理由は簡単で,どうせ抹消されるのに前提名変を申請させることは,申請人がかわいそうってことです。

     最後に,3。前提名変をしたいが,できないってパターン。

     上記1と2は,平成20年度以降の問題において問われたことがありますし,答練や模試でも常連の論点ですが,3は本試験でもそうですし,僕が把握する限り,答練や模試でも出題されません。

     前提名変がよく出題されるにもかかわらず,3が出題されたことがないという事実は,論理の飛躍でもなんでもなく(僕の受講生の皆さんならすぐにご理解いただけると思います。),3が出題される可能性が高いことを示しています。

     だから,3のパターンをきっちり押さえておきましょう。

     じゃあ,前提名変をしたいが,できないパターンって何でしょう?

     これを考えるが今回の宿題。一応断っておくと,『当該登記の名義人が依頼者となっていない。』というのは無しです。『そんなこと考えるはずはない!』と思うかもしれませんが,この視点も重要ですし,ただ,『当該登記の名義人が依頼者となっていない。』ということは,通常は,債権者代位による登記で解決できるので,ここでは無しにしましょう。

    【電子書籍】
    □ 平成25年度対策 法人法基本通達完全対応問題集
    □ 平成25年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】
    □ 平成25年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降)
    □ 平成25年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降)

    【過去問解析講座】
     過去問解析講座【ガイダンス】
     過去問解析講座(1)
     過去問解析講座(2)
     過去問解析講座(3)

    【平成25年度の記述式問題対策】
     平成25年度の記述式問題対策(1)
     平成25年度の記述式問題対策(2)
     平成25年度の記述式問題対策(3)
     平成25年度の記述式問題対策(4)
     平成25年度の記述式問題対策(5)
     平成25年度の記述式問題対策(6)

    スポンサーサイト