このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    今週は3泊4日

     こんにちは@新幹線です。

     今週は,全国公開模試解説講座第1回のライブ講義があることとの関係で,3泊4日です。

     何泊であっても,渋谷滞在中講義がいっぱい詰まっていれば問題ないのですが,今日1コマ(上記の講座。ライブ受講生の皆さん,宜しくお願いします。),明日も1コマ,明後日3コマ,明々後日2コマで,明日の講義が18時半からの1コマだけなので,困りました。

     困るのは,時間の過ごし方ではありません。ホテルで仕事いっぱいしますので。困るのは,そのホテルで仕事をいっぱいすることとの関係上,荷物がめっちゃ重い…。例えば,過去問集であれば,年度別3冊,科目別3冊入ってます。

     と,愚痴はこれぐらいにします笑

     今日の夜,ちゃんとした過去問演習の話をします。

     過去問演習の方法は受験生の数だけあるのですが,過去問演習の成果を最大限に発揮するという意味からすれば,僕が提案する方法が一番良いと思うのです。

     まあ,僕が提案する解法が,過去問知識(既出事項)に『強く』ないと使えないものですから,そう思い込んでいるだけなのかもしれませんが。

     と謙遜してみるものの,解き方がどのようなものであっても,過去問知識に弱いと合格はできませんので,とにかく参考にしていただきたいです。お楽しみに。




     最近知ったこと。

     最近,択一式対策講座【実践】の会社法・商業登記法のレジュメ作成時に,会社法基本通達(※)を改めて読み直ししました(もう何回読んだか分かりません。)。
    ※ 会社法の施行に伴う商業登記事務の取扱いについて(通達)

     そこで気がついたことがあり,部屋で一人で赤面しました。

     募集新株予約権の発行の募集事項の決定において,当該募集新株予約権の目的である株式が譲渡制限株式である場合には,原則として,当該譲渡制限株式の種類株主を構成員とする種類株主総会の特別決議が必要となります。

     そして,この募集事項の決定において,資本金として計上しない金額が定められた場合,当該新株予約権の行使による変更の登記の添付書面として,募集事項の決定を証する書面である株主総会の議事録のほか.上記の種類株主総会の議事録の添付も必要となります。

     よく考えるとそうなるんでしょうが,何回も読んでいるくせにそこに気付けてなかったことが,とても恥ずかしいです。
     
     と,反省の意味を込めて,暗い終わり方をしてみます。

     では,また夜に。

     ↓ クリックお願いします! 
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

     ↓ 絶賛発売中。紹介記事は,こちらです。補足説明は,こちらです。


     ↓ 絶賛発売中。直前期に効きます。
     
     
    【電子書籍】
    □ 平成25年度対策 憲法の出題実績と重要論点の項目の列挙
    □ 平成25年度対策 法人法基本通達完全対応問題集
    □ 平成25年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】
    □ 平成25年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降)
    □ 平成25年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降)

    【過去問解析講座】
     過去問解析講座【ガイダンス】
     過去問解析講座(1)
     過去問解析講座(2)
     過去問解析講座(3)

    【平成25年度の記述式問題対策】
     平成25年度の記述式問題対策(1)
     平成25年度の記述式問題対策(2)
     平成25年度の記述式問題対策(3)
     平成25年度の記述式問題対策(4)
     平成25年度の記述式問題対策(5)
     平成25年度の記述式問題対策(6)
     平成25年度の記述式問題対策(7)
     平成25年度の記述式問題対策(8)
     平成25年度の記述式問題対策(9)
     平成25年度の記述式問題対策(10)
     平成25年度の記述式問題対策(11)
     平成25年度の記述式問題対策(12)
     平成25年度の記述式問題対策(13)
     平成25年度の記述式問題対策(14)

    【持分会社の社員】
     持分会社の社員(1)
     持分会社の社員(2)
     持分会社の社員(3)
     持分会社の社員(4)
     持分会社の社員(5)


    スポンサーサイト