このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    過去問解析講座(6)

     こんばんは。

     過去問解析講座(6)は,平成21年度の民法の問題に突入です。

     □ 司法書士試験の過去問【平成21年度択一式試験】
              

     第4問:条件及び期限

     これは,平成24年度に,平成22年度・平成23年度の2回の本試験における沈黙を経て出題。出題間隔としては早すぎる出題であり,平成24年度対策として,条件及び期限の論点の出題を予想することは,かなり難しいことでした。

     でも,平成25年度としては,簡単。出題されないでしょう。

     こういう平成24年度に出題あり,かつ,毎年出題された実績もないという論点は,ばっさり切っていかないと,いつまで経っても終わらないので,皆さんも,ちゃんと覚悟を決めてください。

     第5問:時効の中断

     再度の出題も予想されるし,発展的な内容も出題される可能性がある,つまり解析が重要となる問題です。

     まず,ア。

     未成年者には管理の能力がないので,単独で承認はできず,法定代理人はその承認を取り消すことができます(大判昭13.2.4)。

     この知識の特定には,未成年者承認というキーワードが必要となります。これが,再度の出題に備えるってこと,つまり,抽象化であるわけですが,この2個のキーワードさえ覚えていれば,再度の出題や発展事項に対応できすか?

     ここは重要なので,宿題にしましょう。

     といいつつ,宿題の提示が難しい。今すぐにでも分析事項をいいたいのですが,それをいってしまうと,この企画の意味がなくなるので…どうしようかな~…と1分迷って,以下のような問題にしました。


     以下の数字のない数式におけるAからDまでに適切な語句を挿入して,数字のない数式を完成させなさい。

     A + 未成年者 + 承認 = 法定代理人による取消し可
     B + 未成年者 + 承認 = 法定代理人による取消し可
     A +  C   + 承認 = Dによる取消し不可
     B +  C   + 承認 = Dによる取消し可 






     感覚のズレという問題は,何事にもあるわけですが,皆さんにとって今最も重要な感覚のズレは,答練の問題を本試験の問題と捉えてしまうという感覚のズレです。

     答練の問題と本試験の問題,明らかに違っています。

     でも,予備校は悪くない。

     なぜ悪くないのは機会があれば話すとして,答練の問題を本試験の問題と捉えてしまう感覚が,結構多くの受験生の方にはあります。

     しかも,焦りが重なり,本試験が近くなるにつれ,その感覚のズレは大きくなる。

     そのズレを補正するのが,過去問演習と分析です。 
     
     普通,このズレがいかに合格への障害となっていたかを合格してから知ることになります。

     でも,それでは遅い。皆さんは,今気付いて,今年に合格するんです。

     答練の問題は,本試験の問題じゃない。

     こういう当たり前すぎることを何度も自分に言い聞かせるのも,答練や模試が多く実施されるこの時期の皆さん自身の課題です。

     では,また。

      ↓ クリックお願いします! 
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

     ↓ 絶賛発売中。紹介記事は,こちらです。補足説明は,こちらです。


     ↓ 絶賛発売中。直前期に効きます。
     
     
    【電子書籍】
    □ 平成25年度対策 憲法の出題実績と重要論点の項目の列挙
    □ 平成25年度対策 法人法基本通達完全対応問題集
    □ 平成25年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】
    □ 平成25年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降)
    □ 平成25年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降)

    【過去問解析講座】
     過去問解析講座【ガイダンス】
     過去問解析講座(1)
     過去問解析講座(2)
     過去問解析講座(3)
     過去問解析講座(4)
     過去問解析講座(5)

    【平成25年度の記述式問題対策】
     平成25年度の記述式問題対策(1)
     平成25年度の記述式問題対策(2)
     平成25年度の記述式問題対策(3)
     平成25年度の記述式問題対策(4)
     平成25年度の記述式問題対策(5)
     平成25年度の記述式問題対策(6)
     平成25年度の記述式問題対策(7)
     平成25年度の記述式問題対策(8)
     平成25年度の記述式問題対策(9)
     平成25年度の記述式問題対策(10)
     平成25年度の記述式問題対策(11)
     平成25年度の記述式問題対策(12)
     平成25年度の記述式問題対策(13)
     平成25年度の記述式問題対策(14)

    【持分会社の社員】
     持分会社の社員(1)
     持分会社の社員(2)
     持分会社の社員(3)
     持分会社の社員(4)
     持分会社の社員(5)
     持分会社の社員(6)
     持分会社の社員(7)
     持分会社の社員(8)

    【直前期における記述式問題対策】
     直前期における記述式問題対策(1)
     直前期における記述式問題対策(2)
     直前期における記述式問題対策(3)
     直前期における記述式問題対策(4)
     直前期における記述式問題対策(5)

    スポンサーサイト