このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    次の指令
    【講座等】
     7/7(日) 平成25年度司法書士筆記試験 記述式検討会@水道橋+USTREAM
     7/20(土) 本試験分析セミナー@渋谷 15時30分〜17時半
    ※ 他にも色々あるのですが,また今度詳細に説明させてください!




     こんばんは。

     本試験まで1か月を切った今,このブログの閲覧で時間をかけさせるわけにはいかないので,次の指令をさっとお伝えしようと思います。ただ,皆さんが自分で勉強する事項よりも良いこと書けば良いのでは?というよく意味の分からない考えもあります。

     民法,不動産登記法の過去問演習とくれば,続いては,会社法・商業登記法の対策です。

     ただ,株式会社に関しては,会社法・商業登記法ともに,平成18年度以降の過去問しかあまり役に立たないので,民法等のようにはいきません。

     以下,分野を分けて説明します。会社法・商業登記法共通です。

     なお,択一式対策講座【実践編】を受講していただいている皆さんは,レジュメ掲載の問題を繰り返し演習してください。過去問も新作問題も,十分すぎるぐらい入ってますから。

     
     まず,会社法・商業登記法ともに,平成18年度から平成23年度までの過去問の演習は行ってください。

     次に,上記の過去問演習では,知識の確認に乏しいため,答練等を受講している方は,その答練等の問題を過去問代わりに演習してください。

     最後に,平成17年度以前の過去問であっても,株式会社以外の分野で,持分会社と一社団・財団法人法を除くものについては,演習してください。

     持分会社については,平成18年度から平成23年度までの過去問の演習と条文のチェックをする方が効率的です。

     また,一般社団・財団法人法については,過去問数は多いのですが,問題意識が今と昔では異なるため,一般社団・財団法人法基本通達を読み込む方が,試験対策としては効率的であると考えます。今から,一般社団・財団法人法基本通達を読むのはちょっと…という受験生の方は(もっともなご意見です。),各自のテキストの一般社団・財団法人法の部分を必ず読んでおいてください。

     最後に,今皆さんが最も不安に感じているのは,何の科目ですか?

     多くの受験生の方は,『漠然と全部だけど,強いていうなら記述式』とお答えになるのではないでしょうか?

     でもね,現場における記述式対策で最も重要なのは,時間を確保するということなんです。

     時間があれば,皆さんは必ず合格できる答案を作成できるはずです。

     だから,漠然と記述式が怖いと考えるのではなく,いかに記述式に時間を残すのかということを考えてください。そして,皆さんがこれから受講する模試の際に,その考えを実践してみてください。

     なお,僕が一番怖いと思っている科目は何か分かりますか?




     商業登記法の択一式問題です。

     なぜ怖いのか?

     それは,僕が散々ここで申し上げていることを実践しない受験生の方が,現場や解答速報時にショックを受けるのではないか?と思うからです。

     繰り返しになりますが,商業登記法の択一式問題は,正答率が微妙な問題が集中します。

     原因の一つには,記述式問題の直前に配置されている択一式問題であるため,焦りが最も大きいということが挙げられるかもしれません。

     でも,僕は,最も大きい原因は,株式会社以外の登記に関する問題への対策をちゃんとやっていない受験生の方が多いからだと考えます。

     商業登記総論,外国会社の登記,個人商人の登記,一般社団・財団法人法の登記等,こういう論点をきっちりやって初めて,商業登記法の択一式問題の得点を十分なものにするんです。

     もうこの話は,本試験までにできないかもしれません。

     だから,この記事,いえ,指令を見たら,すぐに着手。

     迷っている暇はありません。

     ここで書かれていることは真実であり,疑うなら,皆さんが信頼する講師や合格者の方に訊いてみてください。

     『上記の論点やっていないんですが,やった方が良い?』って。

     優しい回答者なら『早くやろう!』って答えてくれますが,厳しい回答者なら『合格する気ある?』って逆に質問されますよ。

     さあ,パソコン閉じて,上記の論点の対策を優先しましょう。

     大丈夫。

     苦手であるということは,ちゃんと分かってます。

     講義でもあまり説明されないということも,ちゃんと分かってます(だっても,僕もあまり説明しないから笑)。

     面白くないということも,ちゃんと分かってます。

     ちゃんと分かった上での,指令だ!!!

     かかれっ!!!!!

     では,また。 


     ↓ もう何をしたら良いか分からない。って思っている時間が一番無駄だって書かれている文章を見て『でも…。』と思っている時間が一番無駄です。厳しい言い方をすれば,ここが合格者と不合格者の分かれ道といえるかもしれません。現場で踏ん張るためには,今踏ん張らないと。ただし,自分を追い詰めないこと。自分を追い詰めないで,『まあ,姫野がやれっていっているし,いっちょやってみっか!?』と思ってやっていただける受験生の皆さん,クリックお願いします!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

     ↓ 絶賛発売中。紹介記事は,こちらです。補足説明は,こちらです。


     ↓ 絶賛発売中。直前期に効きます。
     
     
    【電子書籍】
    □ 平成25年度対策 憲法の出題実績と重要論点の項目の列挙
    □ 平成25年度対策 法人法基本通達完全対応問題集
    □ 平成25年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】
    □ 平成25年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降)
    □ 平成25年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降)

    【過去問解析講座】
     過去問解析講座【ガイダンス】
     過去問解析講座(1)
     過去問解析講座(2)
     過去問解析講座(3)
     過去問解析講座(4)
     過去問解析講座(5)
     過去問解析講座(6)

    【平成25年度の記述式問題対策】
     平成25年度の記述式問題対策(1)
     平成25年度の記述式問題対策(2)
     平成25年度の記述式問題対策(3)
     平成25年度の記述式問題対策(4)
     平成25年度の記述式問題対策(5)
     平成25年度の記述式問題対策(6)
     平成25年度の記述式問題対策(7)
     平成25年度の記述式問題対策(8)
     平成25年度の記述式問題対策(9)
     平成25年度の記述式問題対策(10)
     平成25年度の記述式問題対策(11)
     平成25年度の記述式問題対策(12)
     平成25年度の記述式問題対策(13)
     平成25年度の記述式問題対策(14)
     平成25年度の記述式問題対策(15)
     平成25年度の記述式問題対策(16)
     平成25年度の記述式問題対策(17)

    【持分会社の社員】
     持分会社の社員(1)
     持分会社の社員(2)
     持分会社の社員(3)
     持分会社の社員(4)
     持分会社の社員(5)
     持分会社の社員(6)
     持分会社の社員(7)
     持分会社の社員(8)

    【直前期における記述式問題対策】
     直前期における記述式問題対策(1)
     直前期における記述式問題対策(2)
     直前期における記述式問題対策(3)
     直前期における記述式問題対策(4)
     直前期における記述式問題対策(5)

    【過去問解析講座】
     過去問解析講座【ガイダンス】
     過去問解析講座(1)
     過去問解析講座(2)
     過去問解析講座(3)
     過去問解析講座(4)
     過去問解析講座(5)
     過去問解析講座(6)
     過去問解析講座(7)
    スポンサーサイト