このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    最大決平25.9.4が及ぼす影響(3)
     無料公開講座等の講座情報については,この記事をお読みください。




     こんにちは。

     最大決平25.9.4が及ぼす影響の第3弾です。

    最大決平25.9.4が及ぼす影響(1)
    最大決平25.9.4が及ぼす影響(2)

     今日は,以下の事務連絡(平成25年9月4日)を参考として,最大決平25.9.4が供託事務に及ぼす影響を考えてみようと思います。

     民法第900条第4号ただし書の規定のうち嫡出でない子の相続分に関する部分に係る最高裁判所の決定がされたことに伴う供託事務に関する当面の取扱いについて

     今回は,供託金払渡請求について。

     なお,以下,「本件規定」とは,「民法第900条第4号ただし書の規定のうち嫡出でない子の相続分に関する部分」をいうものとします。

     最高裁決定において本件規定が違憲と判断された基準時(平成13年7月)以降に相続が開始した事案において,嫡出子又は嫡出でない子から遺産分割協議書等を添付することなく,法定相続分に基づく供託金の払渡しを請求された場合には,最高裁決定に従い,嫡出子と嫡出でない子の相続分を等しいものとして払い渡すこととする。



     例えば,賃料の弁済供託における被供託者が死亡した場合において,その共同相続人が嫡出子Aと非嫡出子Bであったとします。

     この場合,A又はBが供託金の還付を請求することができるのは,相続分の限度に限られます。

     この点について,2分の1を超える相続分を有する相続人であっても,供託金の全額に還付を請求することができないとする出題が,S60-14-3にあります。 
     また,共同相続人全員が共同で還付を請求する必要はないとする出題が,S56-12-4にあります。

     そして,A又はBが供託金の還付を請求することができる相続分の限度とは,A:2分の1,B2分の1とするとするのが,上記事務連絡の趣旨です。

     なお,この事務連絡により影響がある供託法の過去問は,ありません。

     ところで,最高裁決定の日である平成25年9月4日よりも前に,本件規定に基づき供託金の払渡しをしている場合は,どうなるのでしょうか?

     ここは,手堅くいくようです。

     すなわち,最高裁決定の趣旨,すなわち,『本決定の違憲判断は,平成13年7月当時から本決定までの間に開始された他の相続につき,民法900条4号ただし書前段の規定を前提としてされた遺産分割審判等の裁判,遺産分割協議その他の合意等により確定的なものとなった法律関係に影響を及ぼさない』を踏まえ,過去の払渡しが有効であることを前提とした上で,

     最高裁決定の時点で既に供託金の全部の払渡しが終了している場合には,払渡しの認可は取り消されない
     最高裁決定の時点で供託金の残額が存在する場合には,遺産分割協議書等が添付されたときを除き,その残額の範囲内で,嫡出子と嫡出でない子の相続分を等しいものとして払渡しをする

     という取扱いによるようです。まあ,ここは試験範囲外ですね。

     では,また。

     ↓ 前にもこんなこと書きましたが,僕がこの記事で一番伝えたいことがお分かりの皆さん,クリックお願いします。そう,S60-14-3とS56-12-4をちゃんと演習することです。
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    【本試験分析セミナーの補足説明】
    2013年度本試験分析&2014年度本試験攻略法
    本試験分析セミナーの補足説明(1)
    本試験分析セミナーの補足説明(2)
    本試験分析セミナーの補足説明(3)
    本試験分析セミナーの補足説明(4)
    本試験分析セミナーの補足説明(5)

    【中上級者のための合格の方法論】
    中上級者のための合格の方法論
    『中上級者のための合格の方法論』の補足解説(1)

     【平成26年度司法書士試験対策の企画】
    平成26年度の記述式問題対策(1)
    平成26年度の記述式問題対策(2)
    平成26年度の記述式問題対策(3)

    【平成26年度司法書士試験対策の主要な電子書籍】
    □ 平成24年供託規則の一部改正の解説
    □ 平成26年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】
    □ 司法書士試験の過去問【平成11年度から平成25年度までの択一式問題】
    □ 司法書士試験の過去問【平成25年度択一式試験】           
    □ 司法書士試験の過去問【平成24年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成23年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成22年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成21年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成20年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成19年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成18年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成17年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成16年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成15年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成14年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成13年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成12年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成11年度択一式試験】

    スポンサーサイト