このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    平成26年度の記述式問題対策(4)

     こんばんは。

     久しぶりにやりましょう,平成26年度の記述式問題対策

    平成26年度の記述式問題対策(1)
    平成26年度の記述式問題対策(2)
    平成26年度の記述式問題対策(3)

     とその前に。

     いつも言っていることで恐縮ではあるものの,今のタイミングが一番効くと思いますので,言います,データを示しつつ。良いですか?

     平成25年度司法書士試験。

     択一式問題の基準点を通過した人:2177人
     記述式問題の基準点を通過した人:1152人

     ということは,

     択一式問題の基準点を通過したが記述式問題の基準点を通過できなかった人:1025人

     要は,記述式問題の不出来で落ちた人が1025人いらっしゃるということです。


     「やっぱりそうか…。自分は記述式問題が苦手なんだ。思い起こせばいつも答練でも…。」

     
     こういう考え方,間違ってます。

     (ここからがいつも言っていることですが)記述式問題の点数が良くなかったり悪かったりする主な原因は,時間不足であり,その時間不足は,択一式問題に時間をかけ過ぎていることから生じていることが多いです。

     そのため,記述式問題の不出来で落ちた1025人の皆さんは,例えば,記述式問題の演習をたくさんするとか,答案構成方法を変えるとか,そういうことではなく,単に択一式問題の解答時間を短縮させることで,平成26年度司法書士試験に合格することができます。

     どうすれば択一式問題の解答時間を短縮させることができるかはまた今度話すとして,これだけは覚えておいてください。

     あなたは,そんなに記述式問題が苦手ではない。

    (参考) お前は本当に記述式問題が苦手なのか?




     今日は,論点的な話。

     平成26年度の不動産登記法の記述式問題において出題される論点は何か?

     数日に1回は考えるテーマ。

     もちろん,記述式対策講座では,論点ローラー大作戦も実行し,漏れがないよう努めます。でも,説明の強弱というか濃淡というか,そういうことのために,ある程度絞りたい。

     絞った結果。

     気になるところだと思うのですが,第1段階の絞込みで残る論点なんて,誰もが残す論点です。

     超安全策を取ることにより,司法書士試験を博打化しない僕が今日提示する論点,それは,

     根抵当権の元本の確定。

     
     …。



     しかも,新しく内容は書きません。

     以下の記事をお読みください。手抜きじゃないです,以下の記事を書いた時期が一番元本の確定の論点が好きだっただけです(意味不明)。

     根抵当権の元本の確定(1)
     根抵当権の元本の確定(2)
     根抵当権の元本の確定(3)

     ただ,1点だけ述べさせてください。

     皆さんは,根抵当権の元本の確定の登記を勉強する際,

     確定事由

     確定時期

     確定登記の要否

     の3点を覚えると思うのですが,記述式問題対策としては,以上に,

     確定の事実の提示方法

     を加えておいてください。

     択一式対策講座【理論編】不動産登記法の受講生の皆さん,これが講義で説明している(し過ぎている)記述式化です。

     では,また。

     ↓ 択一式問題の解答時間の短縮もするが,記述式問題の処理能力も上げたいという皆さん,クリックお願いします!バランスが大切です。まだまだ時間はありますから,焦らず行きましょう。 
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    【最大決平25.9.4が及ぼす影響】
    最大決平25.9.4が及ぼす影響(1)
    最大決平25.9.4が及ぼす影響(2)
    最大決平25.9.4が及ぼす影響(3)
    最大決平25.9.4が及ぼす影響(4)

    【本試験分析セミナーの補足説明】
    2013年度本試験分析&2014年度本試験攻略法
    本試験分析セミナーの補足説明(1)
    本試験分析セミナーの補足説明(2)
    本試験分析セミナーの補足説明(3)
    本試験分析セミナーの補足説明(4)
    本試験分析セミナーの補足説明(5)

    【中上級者のための合格の方法論】
    中上級者のための合格の方法論
    『中上級者のための合格の方法論』の補足解説(1)
    『中上級者のための合格の方法論』の補足解説(2)

     【平成26年度司法書士試験対策の企画】
    平成26年度の記述式問題対策(1)
    平成26年度の記述式問題対策(2)
    平成26年度の記述式問題対策(3)

    社外取締役である旨の登記をすべき場面(1)
    社外取締役である旨の登記をすべき場面(2)
    社外取締役である旨の登記をすべき場面(3)
    社外取締役である旨の登記をすべき場面(4)
    社外取締役である旨の登記をすべき場面(5)

    【平成26年度司法書士試験対策の主要な電子書籍】
    □ 平成24年供託規則の一部改正の解説
    □ 平成26年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】
    □ 司法書士試験の過去問【平成11年度から平成25年度までの択一式問題】
    □ 司法書士試験の過去問【平成25年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成24年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成23年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成22年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成21年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成20年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成19年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成18年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成17年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成16年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成15年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成14年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成13年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成12年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成11年度択一式試験】

    スポンサーサイト