このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    どちらが優先するのか?

     こんばんは。

     今日は,記述式対策講座・商業登記法@梅田校でした。

     論点喚起を極めれば,商業登記法の記述式問題は,問題文中にヒントが散りばめられていることが分かります。

     このヒントが論点を構成する要素であり,会社法の規定や登記先例等の論点をちゃんと記述式問題の論点として捉えている人にだけ気付けるものです。

     しかも,この気付きは,時々では困る。

     どの問題でも安定して,漏れがないように論点を構成する要素を拾わなければなりません。

     だからこそ,ちゃんと覚えないと。

     記述式問題は,閃きで解くのではありません。

     緻密な計算に基づいて,確信犯的に解くのです。




     今日は,講義で説明した,どちらが優先するのか?という趣旨の話をしようと思っていました。



     1 監査役設置会社の定めを廃止した株式会社がした取締役会の決議により責任の一部免除の定めの設定の効力は?
     
       逆に,

       取締役会の決議により責任の一部免除の定めを設定している株式会社がした監査役設置会社の定めの廃止の効力は?


     2 公開会社がした取締役選解任権付株式に係る事項の設定の効力は?

       逆に,

       取締役選解任権付株式に係る事項を設定している株式がした公開会社となる定款の変更の効力は?


     3 公開会社,監査役会設置会社又は会計監査人設置会社の定めがある株式会社が設けた監査役の監査の範囲を会計に関するものに限定する旨の定款の定めの効力は?

       逆に,

       監査役の監査の範囲を会計に関するものに限定する旨の定款の定めがある株式会社がした公開会社となる定款の変更,監査役会設置会社又は会計監査人設置会社の定めの設定の効力は?



     でも,タイトルとか構成を考えていたら,何となく前にもしっかり書いたことがあるような気がして,ブログ内検索をすると…


     定款の定めの優劣



     やはり,書いていました(ただし,上記2について書いていません。)。


     ということで,僕の考えというか,内容というか,そういうのはまったく変わってないので,上記の記事をご参照ください。

     では,また。


     ↓ 記述式問題は不快深いと思った皆さん,クリックお願いします! 記述式問題を『得点源』にする以上,これぐらいはやむを得ません。でも,記述式対策講座の受講生の皆さんに訊いていただければ分かりますが,めんどくさい分析は全部僕がやって,受講生の皆さんはその結果を覚えさせられるだけです。でも、そこでちゃんと覚えれば,択一式問題用の知識にもなる。という風にすべてがうまくいくわけです。
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村
     
    【合理的な解法解説講座】
    合理的解法の解説講座(1)
    合理的解法の解説講座(2)
    合理的解法の解説講座(3)
    合理的解法の解説講座(4)

    【平成26年度司法書士試験対策の企画】
    平成26年度の記述式問題対策(1)
    平成26年度の記述式問題対策(2)
    平成26年度の記述式問題対策(3)
    平成26年度の記述式問題対策(4)
    平成26年度の記述式問題対策(5)
    平成26年度の記述式問題対策(6)
    平成26年度の記述式問題対策(7)

    社外取締役である旨の登記をすべき場面(1)
    社外取締役である旨の登記をすべき場面(2)
    社外取締役である旨の登記をすべき場面(3)
    社外取締役である旨の登記をすべき場面(4)
    社外取締役である旨の登記をすべき場面(5)

    2回申請問題の怖さ(1)
    2回申請問題の怖さ(2)
    2回申請問題の怖さ(3)
    2回申請問題の怖さ(4)


    申請順序情報に関する一考察(1)
    申請順序情報に関する一考察(2)
    申請順序情報に関する一考察(3)
    申請順序情報に関する一考察(4)
    申請順序情報に関する一考察(5)・完

    【平成26年度司法書士試験対策の主要な電子書籍】
    □ 平成26年度対策 記述式問題【答案作成上の注意事項集】
    □ 平成24年供託規則の一部改正の解説
    □ 平成26年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】
    □ 平成26年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降) 
    □ 平成26年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降) 
    □ 司法書士試験の過去問【平成11年度から平成25年度までの択一式問題】
    □ 司法書士試験の過去問【平成25年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成24年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成23年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成22年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成21年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成20年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成19年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成18年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成17年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成16年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成15年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成14年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成13年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成12年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成11年度択一式試験】


    スポンサーサイト