このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    合理的解法の解説講座(5)

     こんばんは。

     ようやく復活です。

     以下の書籍を使って,合理的な解法を解説する講座です。



     まず,(4)以降,日が空きすぎたので(ごめんよ。),ざっと今までの内容をご確認ください。

    【合理的な解法解説講座】
    合理的解法の解説講座(1)
    合理的解法の解説講座(2)
    合理的解法の解説講座(3)
    合理的解法の解説講座(4)

     今回以降は,上記の書籍に沿って,解法を説明していきます。


    第2問監修者のコメント

     何でも◯☓問題と思わないこと。受験生の方によっては,「資格保有説を◯と考えている。」と反論されるかもしれませんが,ちゃんとそのように処理できるのであれば,何も問題ありません。


    第3問監修者のコメント 
     
     あえて書く必要はないかもしれませんが,過去問を基準に設問を検討する安心感って,めっちゃ大切です。

     本試験の現場で頑張る皆さんにできる最高の実質的なアドバイスって何なのかをよく考えますが,結局,過去問を丁寧に当てはめろになります。


    第4問監修者のコメント

     上記と同じなんですが,過去問の知識を軸に。

     絶対合格するでしょ?これができる受験生の方は。


    第5問監修者のコメント

     何を優先的に検討するのかを決定することが解法の極意なんですが(その決定基準について,(2)参照),何を優先的に検討しないかを決定することも大切です。むしろ,こっちの方がやらなければならない場面が多いと思います。

     要は,一見して,設問が長かったり,知らなかったり,苦手だったりするものは,意識的に避けましょうということです。

     全設問検討は,やってはなりません。

     現代の受験生である皆さんは,ちゃんと分かってください。

     全設問検討なんて,通常やっている時間はないんです。

     全設問検討は,贅沢なんです。記述式問題を十分な検討を加えて解き終えて,その後にやっとやって良いことなんです。

     まだ択一式問題が34問,記述式問題が2問も残っている午後の部第1問で,全設問検討をやって良いはずがないんです。その択一式問題の前半を贔屓にする姿勢は,後になって破綻する可能性が極めて高いです。


    第6問監修者のコメント
     
     推論問題は,通常の知識問題よりも,設問ごとの難易がバラバラですので,好きな設問から優先的に検討してください。

     「え?これどういう意味?」ってなったら,考えるのでなく,避けてください。

     その設問の感性が皆さんには合わないだけの話です。もっと合う設問があるはずです。

     この下手鉄砲数打ちゃ当たる方式が,推論問題には最適です。


     次回は,第7問以降です。


     ↓ 過去問演習にこのブログを添えて,という皆さん,クリックお願いします!解法も,この時期の説明ですから,即効性のあるものに限定して,説明していきます。ご期待ください。
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村


    【合理的な解法解説講座】
    合理的解法の解説講座(1)
    合理的解法の解説講座(2)
    合理的解法の解説講座(3)
    合理的解法の解説講座(4)

    【平成26年度司法書士試験対策の企画】
    平成26年度の記述式問題対策(1)
    平成26年度の記述式問題対策(2)
    平成26年度の記述式問題対策(3)
    平成26年度の記述式問題対策(4)
    平成26年度の記述式問題対策(5)
    平成26年度の記述式問題対策(6)
    平成26年度の記述式問題対策(7)

    社外取締役である旨の登記をすべき場面(1)
    社外取締役である旨の登記をすべき場面(2)
    社外取締役である旨の登記をすべき場面(3)
    社外取締役である旨の登記をすべき場面(4)
    社外取締役である旨の登記をすべき場面(5)

    2回申請問題の怖さ(1)
    2回申請問題の怖さ(2)
    2回申請問題の怖さ(3)
    2回申請問題の怖さ(4)
    2回申請問題の怖さ(5・完)

    申請順序情報に関する一考察(1)
    申請順序情報に関する一考察(2)
    申請順序情報に関する一考察(3)
    申請順序情報に関する一考察(4)
    申請順序情報に関する一考察(5)・完

    記述式問題における登記識別情報又は登記済証に関する一考察(1)
    記述式問題における登記識別情報又は登記済証に関する一考察(2) 
    記述式問題における登記識別情報又は登記済証に関する一考察(3)
    記述式問題における登記識別情報又は登記済証に関する一考察(4・完)

    【平成26年度司法書士試験対策の主要な電子書籍】
    □ 平成26年度対策 記述式問題【答案作成上の注意事項集】
    □ 平成24年供託規則の一部改正の解説
    □ 平成26年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】
    □ 平成26年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降) 
    □ 平成26年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降) 
    □ 司法書士試験の過去問【平成11年度から平成25年度までの択一式問題】
    □ 司法書士試験の過去問【平成25年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成24年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成23年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成22年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成21年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成20年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成19年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成18年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成17年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成16年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成15年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成14年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成13年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成12年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成11年度択一式試験】

    スポンサーサイト