このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    平成26年度司法書士試験の分析(5)-【速報版】民法の過去問からの出題数

     
     こんにちは。

     午前の部の点数が思ったよりも悪かったという受験生の方が多いと思います。

     その原因は,民法ですね(人によっては,会社法。憲法・刑法はなさそうです。)。

     そこで,【速報版】として,民法の過去問からの出題数として,総設問100個のうち,いくつが過去に出題されたことがある設問なのかを示しておきます。

     平成26年度司法書士試験の分析(1)ー午後の部第15問【追記あり】
     平成26年度司法書士試験の分析(2)ー午後の部第36問(不動産登記法の記述式問題)
     平成26年度司法書士試験の分析(3)ー全般
     平成26年度司法書士試験の分析(4)ー全般

     総設問数100個のうち,50個が過去問に出題されたことがある設問です。

     細かい内容については,7月21日(月)に実施される平成26年度本試験分析セミナー@渋谷校 16:30〜18:00でお話しますが,上記50個という数字は,比較問題をどのようにカウントするかによって変動することにご注意ください。

     問題は,この50個という数字が多いか少ないかです。



     少ないです。


     
     皆さんの自己分析の一助となれば,幸いです。

     では,また。
         
     ↓ 民法が難しいと感じた皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト