このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    平成26年会社法等の一部改正(1)

     こんばんは。

     最近は,ずっと平成26年度司法書士試験というテーマで書いていましたが,そろそろ平成26年会社法等の一部改正の話もしなければなりませんね。

     まずは,僕自身の平成26年会社法等の一部改正への対応状況から説明しましょう。

     
     既に改正法講座ができる状態にあります。

     
     すなわち,もう図表中心のレジュメと一問一答問題集を用意している状態です。
    ※ 前者はどこの予備校も作成すると思うので,後者を電子書籍化する予定です。だから,問題不足なんて心配なしです。前者も必要ですか?


     皆さんは,どんな感じですか?


     まだ何もやっていないと思いますが,それが正解です。

     受験生としては,改正に関する無料公開講座に参加しつつも,それに踊らされず,普段通りの勉強も継続しましょう。


     これから,予備校やこのブログにて,平成26年会社法等の一部改正の情報を発信していきますので,あまり不安にならず,やるべきことをしっかりやって,平成27年度司法書士試験における確実な合格を勝ち取りましょう。

     次回は,皆さんに,改めて会社法に興味を持っていただくため,


     会社法の立案担当者の隠し事


     という話をしようと思います。

     当然ですが,法律案の成立直前で問題となった特別支配株主の株式売渡請求の話は,まったく関係ありません。そんな話,今更しても,皆さんは会社法に興味が持てませんからね。
     
     では,また。


     ↓ 平成26年会社法等の一部改正は,姫野に任せたという皆さん,クリックお願いします!了解でーす!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村


    【平成27年度司法書士試験対策】
     平成26年度司法書士試験の分析(1)ー午後の部第15問ウ【追記あり】
     平成26年度司法書士試験の分析(2)ー午後の部第36問(不動産登記法の記述式問題)
     平成26年度司法書士試験の分析(3)ー全般【追記あり】【再追記あり】
     平成26年度司法書士試験の分析(4)ー全般
     平成26年度司法書士試験の分析(5)-【速報版】民法の過去問からの出題数
     平成26年度司法書士試験の分析(6)-午前の部第28問エ
     平成26年度司法書士試験の分析(7)-試験上の注意事項と携行品
     平成26年度司法書士試験の分析(8)-午後の部第7問ウ【追記あり】
     平成26年度司法書士試験の分析(9)-本試験分析セミナーのレジュメ作成等
     平成26年度司法書士試験の分析(10)-本試験の現場における比較問題対策
     平成26年度司法書士試験の分析(11)-午後の部第37問(商業登記法の記述式問題)
     平成26年度司法書士試験の分析(12)-本試験分析セミナーのレジュメ 
     
    スポンサーサイト