このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    記述式問題の分析のアプローチ(1)
    【夏のイベント等】

    7/21(月) 平成26年度本試験分析セミナー@渋谷校 16:30〜18:00

    本試験分析セミナー〔渋谷校〕インターネット(Ustream)での視聴はこちら
     本試験分析セミナーレジュメ(1)(2)のダウンロードはこちらから



    8/2(土) 平成27年度対策 会社法改正&記述式対策@小倉校 13:00〜14:30
    8/2(土) 平成27年度対策 会社法改正&記述式対策@福岡校 16:30〜18:00
    8/3(日) 平成27年度対策 会社法改正&記述式対策@熊本校 13:00〜14:30
    ※ 今年も九州遠征あります。今年は,九州と名古屋でしかやらない会社法改正&記述式問題対策です。お楽しみに。

    8/9(土) 中上級者のための合格の方法論@渋谷校 14:00〜15:30
    ※ ここから正式に始まる平成27年度司法書士試験対策。各科目の出題傾向と対策を説明させていただきます。

    8/10(日) 第1部 平成26年度本試験分析セミナー@梅田校 14:00〜14:45 
            第2部 中上級者のための合格の方法論@梅田校 14:45〜15:30
    ※ 今年も藤岡先生と一緒にガイダンスさせていただきます。僕は,第1部の担当です。

    8/24(日) 平成27年度対策 会社法改正&記述式対策@名古屋校 14:00〜15:30
    ※ 上記のとおり,会社法改正&記述式問題対策のガイダンスは,名古屋と九州でしかやりません。しかも,名古屋は,九州の後なので(同じ内容の4回目の講義です。),良い講義にしかならないはずです(笑)

     


     こんばんは。

     皆さんは,平成26年度の記述式問題を何回読みましたか?

     おそらく本試験のときに1回読んだきりという方が多いと思います。

     僕は,既に10回以上読んでいます。

     もちろん,回数は多い方が良いというわけでもないのですが,単年度過去問集や記述式対策講座のテキストの編集のため,何度も何度も読んでいます。

     ところで,僕は,記述式問題を分析する際に,3つの工程を設定しています。

     第1工程は,出題された論点はどのようなものであったか?

     ここは,特に大したこともない工程です。毎年そうですが,記述式問題で出題される論点自体を知らないなんてことは,予備校で勉強する受験生の方にとっては,あってはならないことです。それぐらい,基本というか,メジャーというか,そういう論点しか出題されていません。

     なお,基本やメジャが「過去に出題されている」を意味するのは,不動産登記法の記述式問題だけである点にはご注意ください。商業登記法の記述式問題は,過去に出題されていない,基本,メジャーな論点が出題されています。

     第2工程は,その論点を試験委員はどのように出題したか?

     択一式問題は,端的にいえば「この論点知ってる?」問題ですよね。数行の先例をそのまま示し,ちょっと語尾を変える程度の出題ですから(だからこそ,知っていなければ致命傷になります。)。

     これに対して,記述式問題は,論点が,その論点を構成する要素に分解された後,問題文全体に配置されるものであるため,皆さんは,この要素を論点に再構成しなければならないわけです。

     これが,記述式問題を解くということです。記述式問題を解くことは,決して答案構成用紙に問題文を要約することではなく,また,何かをコントロールすることでもないのです。

     じゃあ,試験委員は,上記の「論点をそれを構成する要素に分解し,問題文全体に配置」という作業をいかに行っているか?

     これを探るのが,第2工程です。

     要は,出題手法を探るわけです。

     第3工程は,その出題手法に対する解法は?

     試験委員の出題手法に対しては,それに対する解法を確立しておく必要があります。

     分かりやすくいえば,どうやって試験委員の論点の出題を見破るのかということを丁寧に考えることです。

     結構抽象的な話であり,また,受験生の方には直接関係なさそうに思われてしまいそうですが,そんなことないです。

     この部分をしっかりやらないで,ひたすら問題演習を繰り返していると,合格できるのは,たまたま記述式問題の点数が良かった年度だけになってしまいます。

     平成27年度司法書士試験における確実な合格を勝ち取る皆さんは,どのような問題でも,安定的に点数を取るためには,上記の3工程を意識し,解法を確立しておく必要があります。

     次回は,平成26年度の不動産登記法の記述式問題を使って,具体例を示したいと思います。

     では,また。

     ↓ ブログ休むと思っていたのに,急に本格的な記述式問題対策でびっくりした皆さん,クリックお願いします!別にええんとちゃいますの〜。
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村


    【平成27年度司法書士試験対策】
     平成26年度司法書士試験の分析(1)ー午後の部第15問ウ【追記あり】
     平成26年度司法書士試験の分析(2)ー午後の部第36問(不動産登記法の記述式問題)
     平成26年度司法書士試験の分析(3)ー全般【追記あり】【再追記あり】
     平成26年度司法書士試験の分析(4)ー全般
     平成26年度司法書士試験の分析(5)-【速報版】民法の過去問からの出題数
     平成26年度司法書士試験の分析(6)-午前の部第28問エ
     平成26年度司法書士試験の分析(7)-試験上の注意事項と携行品
     平成26年度司法書士試験の分析(8)-午後の部第7問ウ【追記あり】
     平成26年度司法書士試験の分析(9)-本試験分析セミナーのレジュメ作成等
     平成26年度司法書士試験の分析(10)-本試験の現場における比較問題対策
     平成26年度司法書士試験の分析(11)-午後の部第37問(商業登記法の記述式問題)
     平成26年度司法書士試験の分析(12)-本試験分析セミナーのレジュメ 
     平成26年度司法書士試験の分析(13)-午後の部第36問(不動産登記法の記述式問題)


    スポンサーサイト