このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    あまり書きたくない
    【夏のイベント等】

    7/21(月) 平成26年度本試験分析セミナー@渋谷校 16:30〜18:00

    本試験分析セミナー〔渋谷校〕インターネット(Ustream)での視聴はこちら
     本試験分析セミナーレジュメ(1)(2)のダウンロードはこちらから



    8/2(土) 平成27年度対策 会社法改正&記述式対策@小倉校 13:00〜14:30
    8/2(土) 平成27年度対策 会社法改正&記述式対策@福岡校 16:30〜18:00
    8/3(日) 平成27年度対策 会社法改正&記述式対策@熊本校 13:00〜14:30
    ※ 今年も九州遠征あります。今年は,九州と名古屋でしかやらない会社法改正&記述式問題対策です。お楽しみに。

    8/9(土) 中上級者のための合格の方法論@渋谷校 14:00〜15:30
    ※ ここから正式に始まる平成27年度司法書士試験対策。各科目の出題傾向と対策を説明させていただきます。

    8/10(日) 第1部 平成26年度本試験分析セミナー@梅田校 14:00〜14:45 
            第2部 中上級者のための合格の方法論@梅田校 14:45〜15:30
    ※ 今年も藤岡先生と一緒にガイダンスさせていただきます。僕は,第1部の担当です。

    8/24(日) 平成27年度対策 会社法改正&記述式対策@名古屋校 14:00〜15:30
    ※ 上記のとおり,会社法改正&記述式問題対策のガイダンスは,名古屋と九州でしかやりません。しかも,名古屋は,九州の後なので(同じ内容の4回目の講義です。),良い講義にしかならないはずです(笑)

     


     こんばんは。

     今日の朝,やっと択一式対策講座【理論編】不動産登記法のテキストが完成しました。

     以下の記事で紹介した判例もばっちり入れて,最強最良の不動産登記法のテキストの完成です。

     権利能力のない社団は,構成員全員に総有的に帰属する不動産について,その所有権の登記名義人に対し,当該社団の代表者の個人名義に所有権移転登記手続をすることを求める訴訟の原告適格を有する

     いつもいうことですが,受験生の『このテキストで大丈夫だろうか…。』という悩みほど無駄なものはありまんせん。悩むべきなのは,覚えられるか覚えられないかの部分です。

     このテキストは,そういう悩みは一切生じません。
     
     やるだけです。そうすれば,不動産登記法の択一式問題も記述式問題も満点取れる知識は身に付きます。

     平成27年度司法書士試験に確実に合格する受験生の皆さんには,絶対手に入れていただきたいです。

     


     次の仕事は,無敵の司法書士として刊行する平成26年度司法書士試験の単年度版過去問集の原稿の執筆。

     択一式問題の解説は全部書いたので,あとは記述式問題の解説。

     僕が書く記述式問題の解説が,今回初めて公になります。

     既存の記述式問題の解説って,論点主義というか,既にある論点が出題されていることを前提として,その論点の一般的な解説をし,その後に,当該問題におけるその論点を解説するものです。
     
     でも,僕は,この方式を採りません。

     記述式問題の解説において,一般的な論点の解説は,要らないでしょう。そんなものは,各自が普段使用しているテキストで確認すれば良いです。

     重要なのは,その受験生ならほぼ誰でも知っている論点が,当該問題においてどのように出題されていたかです。

     だから,僕の解説は,問題を,論点単位で分解するのではなく,問題文のパーツで分類します。具体的には,例えば,「1 抵当権の設定の登記」ではなく,「1 別紙1」という感じ。そして,別紙1で取り上げられた事実等をどのようにして読むのかを示していきます。

     まさに,実践的という言葉がふさわしすぎる解説となっています。

     と書くと,「何て斬新なんだ!」とか「ぜひ読んでみたい!」という声が聞こえてきそうです。

     でも,無理なんです。

     なぜかというと,まだ1行も書いてない!!!

     上記は,僕の今後の執筆方針であって,結果ではないんです…悲しいことに。僕は,いつも本気で思っています。寝て起きたら,全部書き終わっていたら良いのにって。やばいでしょ?


     で,なかなか掲題の『あまり書きたくない』ですが,この流れでいくと,過去問の解説を書きたくないというように読めますが,違うんです。

     めちゃ書きたいですし,書く気満々ですし,書きますよ,期限までに。

     じゃあ,何を書きたくないのかというと…


     記述式問題の解法


     です。

     上記の僕の記述式問題の解説にあり方に基づいて解説を書くとすると,具体的な解説の前に,姫野式というか姫野流というか,ちゃんと記述式問題の解法を明らかにする必要が出てきます。

     でも,僕の記述式問題対策の売りは,解法なので,それを全部明らかにするのは,気が引けます。

     まあ,頁数の制限が大きく,解法の全部を明らかにすることはそもそも無理なのですが,その分,解法を分かりやすく圧縮・凝縮して示さなければならないので,何というか,もったいない気がしてしまいます。

     ちゃんと書くと,記述式対策講座の受講生の皆さんに少し怒られ(講座で話すことの方が多く,また,重要なので,カンカンに怒られることはないと思います。そう信じたい。),ちゃんと書かないと,無敵の司法書士の解説が面白くないという,ジレンマ。

     と色々うだうだと書いてきて,切り替えの魔術師である僕は,思いました。


      書いてから悩もう。


     まず,書かないと。

     いや,むしろこの記事に書いたことを書けない言い訳にしているのではないか?

     ということで,


      書いてから悩みます。

      



     頑張って作ったレジュメが,中山先生に届いていました

     中上級者のための合格の方法論,今年は,まずなんば校から(3日)。

     中山先生には全部伝えているので,なんば校で,涙あり笑いあり抱腹絶倒の中上級者のための合格の方法論を聞いてみてください。
    ※ 中山先生,こんな控えめので宣伝でよろしかったでしょうか(笑)?

     なお,僕は,9日(土)に渋谷校で,藤岡先生と一緒に10(日)に梅田校で,中上級者のための合格の方法論やります。

     では,また。


     ↓ 『こいつ,自分の原稿が終わるまで,内容のある記事を書かないんじゃないか?』と思った鋭い受験生の皆さん,クリックお願いします!!!別にええんとちゃいますの~?
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村


    【平成27年度司法書士試験対策】
     記述式問題の分析のアプローチ(1)

     平成26年度司法書士試験の分析(1)ー午後の部第15問ウ【追記あり】
     平成26年度司法書士試験の分析(2)ー午後の部第36問(不動産登記法の記述式問題)
     平成26年度司法書士試験の分析(3)ー全般【追記あり】【再追記あり】
     平成26年度司法書士試験の分析(4)ー全般
     平成26年度司法書士試験の分析(5)-【速報版】民法の過去問からの出題数
     平成26年度司法書士試験の分析(6)-午前の部第28問エ
     平成26年度司法書士試験の分析(7)-試験上の注意事項と携行品
     平成26年度司法書士試験の分析(8)-午後の部第7問ウ【追記あり】
     平成26年度司法書士試験の分析(9)-本試験分析セミナーのレジュメ作成等
     平成26年度司法書士試験の分析(10)-本試験の現場における比較問題対策
     平成26年度司法書士試験の分析(11)-午後の部第37問(商業登記法の記述式問題)
     平成26年度司法書士試験の分析(12)-本試験分析セミナーのレジュメ 
     平成26年度司法書士試験の分析(13)-午後の部第36問(不動産登記法の記述式問題)

    スポンサーサイト