このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    壮絶でもない戦い
     【新しい電子書籍(会社法及び商業登記法等)】
    □ 商業登記規則等の一部改正(案)の解説 
    □ 商業登記規則61条2項~4項の解説
    □ 平成27年度対策 法人法基本通達完全対応問題集 NEW!!!

    【科目別過去問集(択一式問題)】 
    □ 平成27年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】 

     以下は,平成26年の会社法及び商業登記法等の改正に対応しています。
    □ 平成27年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降)
    □ 平成27年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降)

    【年度別過去問集(択一式問題)】 

     平成26年の会社法及び商業登記法等の改正に対応しています。

    □ 司法書士試験の過去問【平成11年度から平成26年度までの択一式問題】

    □ 司法書士試験の過去問【平成26年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成25年度択一式試験】           
    □ 司法書士試験の過去問【平成24年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成23年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成22年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成21年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成20年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成19年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成18年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成17年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成16年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成15年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成14年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成13年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成12年度択一式試験】
    □ 司法書士試験の過去問【平成11年度択一式試験】




     こんばんは。

     ごく最近は,択一予想論点マスター講座のテキスト作成に夢中です。

     平成27年度に出る論点をぶった斬ってやろうと思います。

     


     今回は,前から書こうと思っていたけど,書いていなかった論点。


     題して,壮絶でもない戦い


     難しい話じゃないんです。単にタイトルを付けるのが下手なだけで,要は,抵当権者と地上権者との戦いを見ておこうということなんです。

     現時点における不動産登記法の理解度を試していただきたいので,問題形式にします。宿題じゃないから,今解いて,その後,追記を読んでくださいね。


    【事例1】
    乙区
    1 地上権
    2 抵当権

    (問題1) 1番地上権の地代を減額する場合,2番抵当権者は利害関係を有するか?
    (問題2) 1番地上権の地代を増額する場合,2番抵当権者は利害関係を有するか?


    【事例2】
    乙区
    1 抵当権
    2 地上権

    (問題3) 1番抵当権の債権額を減額する場合,2番地上権者は利害関係を有するか?
    (問題4) 1番抵当権の債権額を増額する場合,2番地上権者は利害関係を有するか?

    【事例3】
    乙区
    1 地上権
    付記1号 抵当権
    2 抵当権

    (問題5) 1番地上権の地代を減額する場合,1番付記1号抵当権者は利害関係を有するか?
    (問題6) 1番地上権の地代を増額する場合,1番付記1号抵当権者は利害関係を有するか?
    (問題7) 1番付記1号抵当権の債権額を減額する場合,2番抵当権者は利害関係を有するか?
    (問題8) 1番付記1号抵当権の債権額を増額する場合,2番抵当権者は利害関係を有するか?

    【事例4】
    1 抵当権
    2 地上権
    付記1号 抵当権

    (問題9) 1番抵当権の債権額を減額する場合,1番1番付記1号抵当権者は利害関係を有するか?
    (問題10) 1番抵当権の債権額を増額する場合,1番1番付記1号抵当権者は利害関係を有するか?


     以下,解答等です。事例ごとに分解します。


    【事例1】
    乙区
    1 地上権
    2 抵当権

    (問題1) 1番地上権の地代を減額する場合,2番抵当権者は利害関係を有するか?
    (問題2) 1番地上権の地代を増額する場合,2番抵当権者は利害関係を有するか?



     (問題1)は「有」が正解で,(問題2)は「無」が正解です。
     
     (問題1)は,地代が減額された地上権は存続しやすくなるわけで,これが担保価値を下げると考えられます。H11-pm26-オで出題済みです。


    【事例2】
    乙区
    1 抵当権
    2 地上権

    (問題3) 1番抵当権の債権額を減額する場合,2番地上権者は利害関係を有するか?
    (問題4) 1番抵当権の債権額を増額する場合,2番地上権者は利害関係を有するか?



     (問題3)は「無」が正解で,(問題4)も「無」が正解です。

     (問題4)については,地上権者からして,先順位の抵当権の債権額が増額されることは,抵当権実行のリスクが高まるため,利害関係を有するのではないかという視点から問題となるのですが,利害関係は「無」とされます。


    【事例3】
    乙区
    1 地上権
    付記1号 抵当権
    2 抵当権

    (問題5) 1番地上権の地代を減額する場合,1番付記1号抵当権者は利害関係を有するか?
    (問題6) 1番地上権の地代を増額する場合,1番付記1号抵当権者は利害関係を有するか?
    (問題7) 1番付記1号抵当権の債権額を減額する場合,2番抵当権者は利害関係を有するか?
    (問題8) 1番付記1号抵当権の債権額を増額する場合,2番抵当権者は利害関係を有するか?



     (問題5)は「無」が正解,(問題6)は「有」が正解,(問題7)は「無」が正解,(問題8)も「無」が正解です。,

     (問題6)について,抵当権の目的である地上権の地代が増額されると,当該抵当権の価値が落ちると考えられます。

     (問題8)は,S63-pm22-3で出題済みです。


    【事例4】
    1 抵当権
    2 地上権
    付記1号 抵当権

    (問題9) 1番抵当権の債権額を減額する場合,1番1番付記1号抵当権者は利害関係を有するか?
    (問題10) 1番抵当権の債権額を増額する場合,1番1番付記1号抵当権者は利害関係を有するか?



     (問題9)は「無」が正解で,(問題10)も「無」が正解です。

     (問題10)については,2番地上権者が利害関係を有しない以上(問題4参照),2番地上権を目的とする2番付記1号抵当権者も利害関係を有しないことになります。H11-pm26-エで出題済みです。




     以上,抵当権者と地上権者との壮絶でもない戦いでした。

     だって,色々検討したものの,あまり利害関係を有する場合がないので。

     全部正解できた方は,その正解できた事実とともに,辛抱強く全問題をこなしたことが素晴らしいです。

     なぜなら,今回の問題は,バラバラの出題実績を包含するまとめを作成し,執拗に理解を問うある種の嫌がらせであるからです。

     でも,不動産登記法の理解度が露呈することになったと思います。

     またこういうまとめを出題する予定なので,それまで徹底的に鍛えておいてください。

     では,また。
     
     
     ↓ 迷った問題があった皆さん,クリックお願いします!!!何を隠そう,僕も迷った。だから,大丈夫。復習頑張ってください。
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

     
    スポンサーサイト