このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    【午後択一は全肢よむか?―姫野説VS根本説VS松本説】について
     【新しい電子書籍】


    NEW!!! 平成26年会社法改正基本通達を完全に問題集化

     平成26年会社法改正基本通達完全対応問題集
              DLmarketで購入

    * 紹介記事は,こちらです。


    □ 商業登記規則等の一部改正の解説  
    □ 商業登記規則61条2項~4項の解説
    □ 平成26年会社法等一部改正の解説
    □ 平成26年会社法等一部改正一問一答問題集




     こんばんは。

     新株予約権欄の攻略が絶賛進行中の企画ですが,せっかく松本先生が書いてくださったので,一応僕の意見等を述べておこうと思います。


     午後択一は全肢よむか?―姫野説VS根本説VS松本説


     うまくまとまっていると思います。

     たぶん,10分ぐらい考えて書いた記事ではないはずであり,かなり研究したはずです。


     ただ,一つ残念なのは,「全肢よむか?」というテーマなのに,結論しか書かれていないことです。

     姫野説は,なぜ,全肢検討をしないのか? 


     その答えは…


     松本先生に書いていただきましょう。


     では,また。


     じゃなかった。


     僕の択一式問題の解法についてですが,


     僕の解法の意義は,単に検討する設問を最少にとどめるという点にだけではなく,最初にどの設問を検討するのかという点にもあることにご注意ください。


     伝わりにくいかもしれませんが,

     最初に検討した設問により,ほぼその問題の決着は付くのであって,無理に検討する設問の数を抑えているのではなく,正解を導くことができた以上,他の設問を検討することは無駄だということです。



     ↓ 択一式問題の解法についての議論が聞きたい皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト