このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    昭和VS平成(1)
    【新しい電子書籍】


    NEW!!! 平成10年~平成26年までの民法の重要判例をすべて示しています。すべての問題について一問一答形式の設問付きです。
       民法の重要判例[平成10年-平成26年]


    * この電子書籍の紹介については,この記事をご参照ください。


    □ 平成26年会社法改正基本通達完全対応問題集
    □ 商業登記規則等の一部改正の解説  
    □ 商業登記規則61条2項~4項の解説
    □ 平成26年会社法等一部改正の解説
    □ 平成26年会社法等一部改正一問一答問題集




     こんばんは。

     今回から数回に分けて,登記名義人の表示の変更の登記について書きたいと思います。

     登記名義人の表示の変更の登記については,もう色々書いたはずなんですが,まだまだ書きたいことがあります。 


     参考: 登記名義人の表示の変更を示す情報(1)
          登記名義人の表示の変更を示す情報(2)
          登記名義人の表示の変更を示す情報(3・完)


     今回のテーマは,昭和VS平成


     皆さんが,昭和の過去問と平成の過去問のどちらに価値があるかと問われたら,どのように回答しますか?

     
     一般的には,「平成」と答えると思います。僕も,基本的には,それで良いと思います。


     でも,受験生の方なら必ず押さえておかなければならない記述式問題における登記名義人の表示の変更の登記に関するとある論点に関しては,価値があるのは「昭和」といえると思います。

     
     「とある論点」とは,本店移転を登記原因とする登記名義人の住所の変更の登記です。


     本店移転を登記原因とする登記名義人の住所の変更の登記は, 

     昭和58年度,昭和62年度,平成20年度,平成26年度の4回の本試験で出題されています。

     そして,上記の話をこの年度に当てはまると,僕は,本店移転を登記原因とする登記名義人の住所の変更の登記に関しては,


    昭和58年度・昭和62年度の方が,平成20年度・平成26年度よりも,価値が高い


     と考えています。  


     なぜ???


     では,また。


     ↓ 名変マスターになりたい皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト