このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    区分建物の罠(1)
    【新しい電子書籍】


    NEW!!! 平成10年~平成26年までの民法の重要判例をすべて示しています。すべての問題について一問一答形式の設問付きです。
       民法の重要判例[平成10年-平成26年]


    * この電子書籍の紹介については,この記事をご参照ください。


    □ 平成26年会社法改正基本通達完全対応問題集
    □ 商業登記規則等の一部改正の解説  
    □ 商業登記規則61条2項~4項の解説
    □ 平成26年会社法等一部改正の解説
    □ 平成26年会社法等一部改正一問一答問題集




    【直近の企画】

     昭和VS平成(1)
     昭和VS平成(2)
     昭和VS平成(3)
     昭和VS平成(4・完)

     定款の自動変更(1)
     定款の自動変更(2)
     定款の自動変更(3・完)




     こんばんは@渋谷です。

     今日は,択一式対策講座【実践】憲法・刑法第1回の講義でした。

     もう憲法です。何か変な気持ちですが,講義が終わるのはとても寂しいです。

     


     さて,朝に予告した区分建物の罠ですが,当初1回で終わる記事にする予定でしたが,しっかりとした企画にすることにしました。

     でも,残念なことに,皆さんに示すべき資料を出張に持参していないので,本格的な内容は次回以降に書きます。

     じゃあ,今回は何を書くのか?

     
     今までの記述式問題において区分建物がどのような形で出題されてきたのかを振り返ろうと思います。


     


     先に明らかにしますと,今までに,敷地権付き区分建物についての所有権の保存の登記の問題は出題されたことはありません。

     でも,記述式問題で登場する不動産が敷地権付き区分建物であったことは,今までに5回もあります

     昭和61年度,昭和63年度,平成2年度,平成19年度,平成21年度の5回です。


     ところで,皆さんは,不動産情報に基づいて,記述式問題で登場する不動産が敷地権付き区分建物であることが判明した場合,何かメモをとりますか?


     詳細は省略しますが,記述式対策講座では,「2,000円と書こう。」と指示しています。ちなみに,年度によっては,3,000円だったことがありますよ。


     話を戻します。


     以上のような出題実績から,敷地権付き区分建物についての所有権の保存の登記を申請する問題の出題可能性が高いと考えられています。


     そして,この『「敷地権付き区分建物についての所有権の保存の登記を申請する問題の出題可能性が高い」と考えられていること』が,を作り出しているのです。


     続く。 
     
      

     ↓ の実体が気になる皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト