このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    補欠役員の論点(1)
    【新しい電子書籍】


    NEW!!! 平成10年~平成26年までの民法の重要判例をすべて示しています。すべての問題について一問一答形式の設問付きです。
       民法の重要判例[平成10年-平成26年]


    * この電子書籍の紹介については,この記事をご参照ください。


    □ 平成26年会社法改正基本通達完全対応問題集
    □ 商業登記規則等の一部改正の解説  
    □ 商業登記規則61条2項~4項の解説
    □ 平成26年会社法等一部改正の解説
    □ 平成26年会社法等一部改正一問一答問題集




    【直近の企画】

     区分建物の罠(1)
     区分建物の罠(2)
     区分建物の罠(3・完)

     昭和VS平成(1)
     昭和VS平成(2)
     昭和VS平成(3)
     昭和VS平成(4・完)

     定款の自動変更(1)
     定款の自動変更(2)
     定款の自動変更(3・完)





     こんにちは。

     久しぶりの論点解説です。

     多くの受験生の方が苦手とする,補欠役員の論点です。

     ただし,ここでは,何度か出題されている補欠役員の任期の短縮の論点ではなく,まだ出題されていない補欠役員の就任の論点を扱います。

     明日までに,以下の論点別記述式問題を解いてください。


    【問題】

     以下の別紙等に基づき,申請すべき登記を挙げよ。

    注意事項
         申請会社においては,明記されている場合を除き,定款に法令の規定と異なる別段の定めはないものとする。

    別紙1 申請会社情報
         取締役 ABCD
         取締役会設置会社

    別紙5 聴取記録
         ・取締役Dは,平成27年4月10日に死亡した。
         ・Eは,平成25年6月28日開催の定時株主総会で補欠の取締役として選任され,平成27年4月12日に就任を承諾した。
         ・定款には,「補欠の取締役の選任に係る決議が効力を有する期間は,当該決議後2年以内に開催する定時株主総会の開始の時までとする。」旨の定めがある。



     
     解答は,明日発表する予定ですが…

     frappe.png

     これ,今日発売です!

     明日行こうと思っているので,明日はこれのレビューになるかも…。


     では,また。
     

     ↓ 今回も最後までお読みいただきありがとうございました!足跡としてクリックお願いします!! 
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト